東京ミッドタウン日比谷、商業フロアが2018年3月29日(木)オープン

三井不動産が千代田区有楽町一丁目で推進してきた大規模複合開発事業である『東京ミッドタウン日比谷』の商業フロアが2018年3月29日(木)にグランドオープンするのでメモしておきます。(photo:東京ミッドタウン日比谷)

東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー地下1階から地上7階の商業フロアには、日比谷公園のビューを活かしたレストランや上質な毎日を演出するライフスタイルショップ、さらに11スクリーン約2,300席のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ 日比谷」など、日本初出店6店舗、商業施設初出店15店舗、新業態22店舗を含む全60店舗(店舗面積約18,000m²)が出店します。

伊勢丹発の国内外のラグジュアリーコスメを集めたセレクトショップ「イセタン ミラー メイク&コスメティクス (ISETAN MiRROR Make&Cosmetics)」の史上最大面積・史上最大級ラインナップを誇る新店舗、コスメブランド「スリー (THREE)」が「食を通した健康と美」をテーマにコスメやスキンケアを揃えるショップ、デリカテッセン、レストランを展開するほか、マスターマインド・ワールド (MASTERMIND WORLD)とマスターマインド・ジャパン (mastermind JAPAN)の世界初の旗艦店となる「マスターマインド・トウキョウ(MASTERMIND TOKYO)」などが話題となっています。

主要施設は、「日比谷アーケード」(地下1階)、「日比谷ステップ広場」(屋外)、「アトリウム」(1階)、「TOHOシネマズ 日比谷」(4・5階)、「BASE Q」及び「パークビューガーデン」(6階)、「日比谷三井カンファレンス」(8・9階)、「スカイロビー」及び「スカイガーデン」(9階)という構成です。

オフィスフロアは、9・10階のロビー階及び11階から34 階に位置し、「Business Hospitality」をコンセプトに、先進的な機能やサービスの融合がフレキシブルなワークスタイルを実現します。また、ベンチャー企業やNPO、大手企業の新規事業担当者、クリエーター等、新たな価値の創出と社会課題の解決を目指す人々が集う交流拠点として、6階に「BASE Q」を開設します。「BASE Q」には最大450 人収容の「Q HALL」を設置し、最先端の情報発信や、未来社会の予測・社会課題の発掘・異分野同士のコラボレーション等、先進的で横断的な視点から考えるイベント等を随時開催・誘致します。

商業テナント一覧 (PDF)

東京ミッドタウン日比谷
所在地:東京都千代田区有楽町1-1-2 (map)
営業時間:ショップ 11:00~21:00、レストラン 11:00~23:00
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
所在地:東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 (map)
マスターデザインアーキテクト:ホプキンスアーキテクツ
都市計画・基本設計・デザイン監修:日建設計
実施設計・監理:KAJIMA DESIGN
敷地面積:10,702.32m²、建築面積:8,690.23m²、延床面積:188,619.98m²
構造:鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造、階数:地上35階・地下4階・塔屋1階
竣工:2018年2月末

[ 関連するサイト ]
東京ミッドタウン日比谷
[PR]伊勢丹オンラインストア BEAUTY