特集『Rei Kawakubo / Comme des Garçons:Art of the In-Between』

YOOX.COM(ユークス)

The Metropolitan Museum of Art
May 4 – Sep 4, 2017

2017年5月4日(木)から9月4日(月)までニューヨークのメトロポリタン美術館(MET)で開催されていた『Rei Kawakubo / Comme des Garçons:Art of the In-Between』(邦題:川久保玲 / コム デ ギャルソン 間の技)を特集します。

METでは、年に一度開催されるファッション展で、2017年のテーマは「川久保玲 コム デ ギャルソン」です。現役デザイナーが単独で称えられる特別展としては1983年のイブ・サンローラン以来、二人目となります。

METは、ヴォーグ誌で「ファインアートの美術館において、単独で展覧会をできるというデザイナーはごく少数しか存在しないと思います。その中で玲は過去40年以上にわたり、毎シーズン視点を変え、またオリジナリティについて追求しつづけてきた稀有な存在。今、ファッション業界で最も影響力のあるデザイナーといっていい」と語っています。

展覧会では、1980年代から2017年秋冬コレクションまでの作品約140点が展示され、「Absence / Presence」「Design / Not Design」「Fashion / Antifashion」「Model / Multiple」「High / Low」「Then / Now」「Self / Other」「Object / Subject」「Clothes / Not Clothes」というテーマに基づいてブースが設けられ、川久保氏が美術館と共同でデザインしたブースも見所です。また、会場には展示の説明が全くなく、配布されているリーフレットで会場の全体図と展示説明が全てまとめられ、それを元に巡っていきます。

Rei Kawakubo / Comme des Garçons:Art of the In-Between
会期:2017年5月4日(木)~9月4日(月)
会場:メトロポリタン美術館 (map)

1. Absense / Presence


2. Design / Not Design

3. Fashion / Antifashion

4. Model / Multiple

5. High / low
5.1 Elite Culture / Popular Culture

5.2 Good taste / Bad Taste

6. Then / Now
6.1 Past / Present / Future

6.2 Birth / Marriage / Death

7. Self / Other
7.1 East / West

7.2 Male / Female

7.3 Child / Adult

8. Object / Subject

9. Clothes / Not Clothes
9.1 Form / Function

9.2 Abstraction / Representation

9.3 Beautiful / Grotesque

9.4 War / Peace

9.5 Life / Loss

9.6 Fact / Fiction

9.7 Order / Chaos

9.8 Bound / Unbound

[関連するサイト]
Rei Kawakubo / Comme des Garçons Art of the In-Between
COMME des GARÇONS
楽天で『Comme des Garçons (コム デ ギャルソン)』の商品を探してみませんか?