東京ミッドタウン日比谷、2018年3月29日グランドオープン

三井不動産は、三信ビルディング跡地の千代田区有楽町一丁目にて推進している「(仮称)新日比谷プロジェクト」のプロジェクトの名称を『東京ミッドタウン日比谷』に決定し、2018年3月29日(木)にグランドオープンすることを発表したのでメモしておきます。(photo:東京ミッドタウン日比谷|プレスリリース)

『東京ミッドタウン日比谷』は、マスターデザインアーキテクトに新丸の内ビルディングなどに関わった英・ホプキンスアーキテクツを迎え、地上35階、地下4階、延床面積約189,000m²のオフィス・商業などから構成される大規模複合開発となります。

日比谷公園を眼下に望むオフィスフロアは、9・10階のロビー階から11階~34階に位置し、「Business Hospitality」をコンセプトに、先進的な機能やサービスの融合がフレキシブルなワークスタイルを実現します。さらに 「(仮称)日比谷ビジネス連携拠点」(6階)ではベンチャー企業や大企業等、多種多様な人材が集結したコミュニティを形成し、ビジネス支援の場の提供や、新産業の創出を支援します。

商業フロアには、日比谷公園のビューを活かしたレストランや上質な毎日を演出するライフスタイルショップ、さらに11スクリーン約2,300席のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ 日比谷」など全60店舗(店舗面積約18,000m²)が地下1階から地上7階に出店します。豊かな緑に包まれた「(仮称)日比谷テラス」(6階)や日比谷公園のパークビューを存分に楽しめるこだわりのレストランやカフェ、著名アーティストの監修や企業間のコラボレーションにより誕生したショップ、そして非日常に浸ることができるシネマコンプレックスが、お客様の感性を刺激する新しい価値を提供するとしています。

商業テナント一覧 (PDF)

東京ミッドタウン日比谷

東京ミッドタウン日比谷
所在地:東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 (map)
マスターデザインアーキテクト:ホプキンスアーキテクツ
都市計画・基本設計・デザイン監修:日建設計
実施設計・監理:KAJIMA DESIGN
敷地面積:10,702.32m²、建築面積:8,690.23m²、延床面積:188,619.98m²
構造:鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造、階数:地上35階・地下4階・塔屋1階
竣工:2018年2月末

[ 関連するサイト ]
三井不動産
Hopkins Architects
日建設計
KAJIMA DESIGN