安藤 忠雄 TADAO ANDO – PROFILE : ARCHITECTURE

安藤 忠雄 – TADAO ANDO

建築家 東京大学特別栄誉教授

 1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを旅した後、1969年安藤忠雄建築研究所を設立。
 日本のみならず世界各地で様々な規模・用途の建築作品を実現させており、日本を代表すると共に現在世界で最も注目される建築家の一人である。その作品・設計に業績に対しては、建築界のノーベル賞とも言われる「プリツカー賞」が授与され、国際的に高い評価を得ている。
 また、1997年からは東京大学教授を務め、若い世代の建築教育にも力を注ぎ、2003年には東京大学名誉教授、2005年には東京大学特別栄誉教授の終身称号が授与される。
 建築分野以外では、植樹運動を通して自然環境の再生を目指す「瀬戸内オリーブ基金」を設立したり、阪神淡路大震災の震災復興支援10年委員会実行委員長を務めるなど、率先して社会に参画する態度を示し、その影響は広範囲に及ぶ。

1941年 大阪に生まれる
1965年 ヨーロッパ、アメリカ、インドに旅行
1969年 安藤忠雄建築研究所を設立
1979年 「住吉の長屋(1972)」で日本建築学会賞
1983年 「六甲の集合住宅Ⅰ・Ⅱ」で日本文化賞
1985年 アルヴァ・アアルト賞
1987年 イェール大学客員教授
1988年 コロンビア大学客員教授
1989年 フランス建築アカデミー大賞ゴールドメダル
1990年 ハーバード大学客員教授
1991年 アメリカ建築家協会名誉会員
同年 アーノルド・ブルンナー記念賞
1993年 イギリス王立建築家協会名誉会員
同年 日本芸術院賞
1995年 朝日賞
同年 プリツカー賞
同年 フランス文学芸術勲章叙勲(シュバリエ)
1996年 高松宮殿下記念世界文化賞
同年 国際教会建築賞「フラレソーレ」
1997年 東京大学教授
同年 イギリス王立英国建築家協会ゴールドメダル
同年 フランス文学芸術勲章叙勲(オフィシェ)
1998年 フランス建築アカデミー名誉会員
2002年 ローマ大学名誉学位
同年 アメリカ建築家協会ゴールドメダル
同年 同済大学名誉教授
同年 京都賞
同年 文化功労者
2005年 東京大学特別栄誉教授
同年 UIAゴールドメダル
同年 安藤忠雄文化財団設立
2010年 文化勲章
同年 ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞
同年 後藤新平賞
2011年 東日本大震災復興構想会議議長代理
2013年 フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)
2015年 イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャ―レ章
2016年 イサム・ノグチ賞

[ 関連するサイト ]
安藤忠雄オフィシャルサイト
桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金
瀬戸内オリーブ基金
花と緑の東京募金