大阪市、安藤忠雄氏設計「(仮称)こども本の森 中之島」への寄付募集開始

大阪市は、2019年夏頃の開館を予定している『(仮称)こども本の森 中之島』を運営する資金を調達するため、寄付金の募集を開始したのでメモしておきます。(photo©Tadao Ando Courtesy of City of Osaka|プレスリリース)

『(仮称)こども本の森 中之島』は、建築家 安藤忠雄氏が本や芸術文化を通じて子どもたちが豊かな創造力を養ってもらう施設として活用してほしいと、大阪市・中之島公園内に安藤氏の設計による建物を大阪市に寄附、その運営費は法人・個人からの寄付を募り、蔵書も国内外から集める計画です。

同施設は、大阪都心部の中心に位置し、歴史的・文化的資産が集中する中之島は、多くの人が集う文化・芸術・学術・国際交流の拠点で、子どもたちが文学をはじめとした良質で多様な芸術文化に直接触れることができる新たな魅力をもった施設としていきたいとして、将来にわたって大阪の子どもたちの創造性、感性を育む場として運営していくために、子どもたちが将来に希望をもてるシンボルづくりへの賛同と支援を募ります。

法人及び個人の寄付方法・特典はそれぞれ異なりますので、詳しくは大阪市のプレスリリースをご参照の上、お申し込みください。

(仮称)こども本の森 中之島
所在地:大阪市北区中之島1丁目 (中之島公園内) (map)
設計者:安藤忠雄建築研究所
建築面積:約500m²、延床面積:約1,000m²
構造:鉄筋コンクリート造、階数:地上2階・地下1階
竣工:2019年夏頃

[ 関連するサイト ]
「(仮称)こども本の森 中之島」への寄付 (大阪市)