Top > design Archive

design Archive

森田恭通氏の個展「WHAT'S! GOLD!?」、ポーラ銀座で開催

  • Posted by: k_style
  • April 17, 2013 00:30
  • Categories:art | design
ポーラ銀座ビル photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ポーラ銀座ビル]

ポーラ銀座ビル3階のポーラ ミュージアム アネックスでは、インテリアやプロダクトデザインなど、幅広く活躍しているデザイナー 森田恭通氏の日本初の個展『WHAT'S! GOLD!?』が2013年4月13日(土)から5月19日(日)まで開催されているのでメモしておきます。

伊勢丹新宿本店のリニューアルをはじめ、香港の「W Hotel」など、世界中の商業施設、ホテル、レストランのインテリア・デザインを手掛けてきた森田氏が"デザイナー"としてではなく"アーティスト"として本展のために制作した作品を発表します。

デザインとアートの違い、あるいは共通点、社会に対する思いまで、森田氏ならではの考え方、「おもてなし精神」が透けて見えるような展覧会となっています。

森田恭通氏は、1967年大阪生まれ、学生時代より現場で経験を積みながら、フリーの立場でデザインの基礎を身体で覚え、2000年6月にGLAMOROUSを設立。国内はもとより、香港、ニューヨーク、ロンドン、カタールなど、世界各国でプロジェクトに携わっています。豪奢な内装のイメージがありますが、「オートクチュール」なデザインを信条とし、現在ではプロダクト、グラフィックなども手がけています。2011年にプロダクトデザインを担当するcodeも設立。直近では、伊勢丹新宿本店再開発プロジェクトがこの春に完成しました。

WHAT'S! GOLD!?
会期:2013年4月13日(土)~5月19日(日)
会場:ポーラ ミュージアム アネックス (東京都中央区銀座1-7-7・Map)
開館時間:11:00~20:00
問い合わせ:Tel.03-3563-5501

[ 関連するサイト ]
» ポーラ ミュージアム アネックス
» GLAMOROUS co., ltd.

[雑誌] 商店建築 2012年 01月号[雑誌] 商店建築 2012年 01月号

» Amazonで詳しく見る
Designers' vol.1 (2009 SPRING)Designers' vol.1 (2009 SPRING)
日経アーキテクチュア (著)

» Amazonで詳しく見る

( )も( )も( )も 展、東京ミッドタウン・デザインハブで開催

  • Posted by: k_style
  • April 16, 2013 23:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、第39回企画展『( )も( )も( )も 展 ~デザインとまなざし~』を2013年4月12日(金)から5月12日(日)まで開催しているのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

一般的に「デザイン」とは、ファッションやインテリアなど、かたちを伴って完成されたものや、ウェブサイトやアプリケーションのように、視覚的に明確なものがイメージされます。しかし、私たちが生活しているシーンの中に「デザイン」と呼べるものがもっと無数にあるのではないでしょうか。それは学校や商店街といった慣れ親しんでいるものごとの中に見い出されたり、逆に思いもかけない所に潜んでいるかもしれません。

本展では、これからデザインに関心を持つ10代から20代の若者たちに向けて、身のまわりにあるさまざまな「デザイン」を取り上げます。さまざまなジャンルで活躍するデザイナーや編集者など10組の選者が、それぞれの視点から「これもデザインである」と考えるものごとを選んで出展します。

その中には、一般的に「デザインとはかけ離れている」と考えられる対象が含まれるかもしれませんが、それらが会場で一堂にされることで、10代から20代の若者たちへの、デザインに対する見方や興味を広げるとともに、デザインのもつ楽しさを体感できる場となることをめざしています。

第39回企画展「( )も( )も( )も 展 ~デザインとまなざし~」
会期:2013年4月12日(金)~5月12日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00 会期中無休
問い合わせ:Tel.03-6743-3776

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB

フレーバーウォーターフレーバーウォーター
福田 里香 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
x‐DESIGN――未来をプロトタイピングするためにx‐DESIGN――未来をプロトタイピングするために
山中 俊治 (著, 編集), 脇田 玲 (著, 編集), 田中 浩也 (著, 編集) , 坂井 直樹 (著), 岩竹 徹 (著), 加藤 文俊 (著), 中西 泰人 (著), 藤田 修平 (著), 筧 康明 (著), 水野 大二郎 (著)

» Amazonで詳しく見る
ハンドブックハンドブック
江口 宏志 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
記憶に残るウェブサイト [ トップクリエイター10組へのインタビュー集]記憶に残るウェブサイト [ トップクリエイター10組へのインタビュー集]
インタビュアー:川上 俊 (著), 栗田 洋介 (編集), 深沢慶太 (編集)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
[CD] CC OO|シーシーウー[CD] CC OO|シーシーウー
蓮沼執太 (アーティスト), Shuta Hasunuma (アーティスト)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

平野敬子展「Vision and Realization」、クリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • April 2, 2013 23:30
  • Categories:design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8では、第15回亀倉雄策賞受賞記念『平野敬子展「Vision and Realization」』が2013年3月27日(水)から4月26日(金)まで開催しているのでメモしておきます。

1997年に急逝したグラフィックデザイナー 亀倉雄策氏の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として、1999年、亀倉雄策賞が設立されました。この賞の運営と選考は社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が行い、毎年、年鑑「Graphic Design in Japan」出品作品の中から、最も優れた作品とその制作者に対して贈られます。

第15回は、平野敬子氏の、美術館の周年事業関連制作物「東京国立近代美術館 60周年」に決定しました。平野氏は、工藤青石氏とともに設立したコミュニケーションデザイン研究所(CDL)で、デザインにより最良のコミュニケーションを生むことを理想とし、NTTドコモ「F702iD 所作」のプロダクトデザイン及びトータルブランディングや、竹尾、特種製紙の白い紙「ルミネッセンス」の開発、展覧会企画や書籍編纂など、分野を横断して活動しています。

平野氏による東京国立近代美術館の仕事は、2002年の開館50周年リニューアル・オープンの際にシンボルマーク&VI計画を手掛けたことに始まりました。その縁が今日に繋がり制作に至ったという受賞作は、「グラフィックデザインの本来的な社会性を再び気づかせた、品格のある誠実な仕事」と評価され、今回の受賞となりました。

本展は、この受賞を記念して開催するもので、受賞作となった東京国立近代美術館のデザイン制作物を中心に、展覧会タイトル 「Vision and Realization」をテーマに、活動実績の一端を展示します。

平野敬子展「Vision and Realization」
会期:2013年3月27日(水)~4月26日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» クリエイションギャラリーG8
» CDL | Communication Design Laboratory

グラフィックデザイナーの肖像グラフィックデザイナーの肖像
平野 敬子 (著, 編集), 株式会社竹尾 (監修)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
平野敬子 (世界のグラフィックデザイン)平野敬子 (世界のグラフィックデザイン)
平野 敬子 (著)

» Amazonで詳しく見る
デザインの理念と実践デザインの理念と実践
日本デザインコミッティー (著), 平野 敬子 (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
ADC年鑑2012 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2012ADC年鑑2012 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2012
東京アートディレクターズクラブ (編集)

» Amazonで詳しく見る

「カリフォルニア・デザイン 1930-1965」展、国立新美術館で開催

  • Posted by: k_style
  • March 15, 2013 00:30
  • Categories:design
国立新美術館 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:国立新美術館]

東京・六本木の国立新美術館では、『カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-』展が2013年3月20日(水・祝)から6月3日(月)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

本展は20世紀の半ば、とりわけミッド・センチュリーと呼ばれた時代に、カリフォルニアで展開したモダン・デザインをテーマとした大規模な展覧会です。

20世紀初頭から多くの移民を受け入れてきたカリフォルニアは、第二次世界大戦後、世界一の経済力を誇る大国アメリカの大衆文化の中心として飛躍的な発展を遂げました。急激な人口の増加に伴い、住宅や生活空間への新たな需要が生じたカリフォルニアでは、戦争に際して開発された新たな素材や技術を有効活用した、大胆かつ実験的な独自のデザイン活動が展開されます。

開放性や鮮烈な色彩などを特徴とした、西海岸ならではのアイデアに満ち溢れたデザインは、気楽で快適な新しい生活様式の実現に向けられていました。自然環境や日常生活との結び付きに重きを置いたカリフォルニア・デザインは、様々なメディアを通じて世界中に広がり、誰もが思い描く、実現可能な夢の生活のシンボルとなったのです。

本展では、20世紀デザイン史において重要な役割を果たしたにもかかわらず、これまで十分に紹介されてこなかった「カリフォルニア・モダン」の全貌を、家具やファッション、陶芸、建築写真など、約250点の作品を通じて紹介しています。

また、会期中、関連イベントとして講演会のほか、21_21 DESIGN SIGHTで開催中の企画展「デザインあ展」との関連プログラムも実施する予定です。

カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-
会期:2013年3月20日(水・祝)~6月3日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E (Map)
開館時間:10:00~18:00 ※金曜日は20:00まで/休館日:火曜日 ※4/30(火)は開館
観覧料:一般1,000円
問い合わせ:ハローダイヤル Tel.03-5777-8600
※3/23(土)は「六本木アートナイト」のため22:00まで開館

[ 関連するサイト ]
» 国立新美術館(THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO)

California Design, 1930--1965: California Design, 1930--1965: "Living in a Modern Way"
Wendy Kaplan (編集)

» Amazonで詳しく見る
ルドルフ・シンドラー―カリフォルニアのモダンリビングルドルフ・シンドラー―カリフォルニアのモダンリビング
デヴィッド ゲバード (著), David Gebhard (原著), 末包 伸吾 (翻訳)

» Amazonで詳しく見る
イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景
デミトリオス イームズ (著), Demetrios Eames (著), 助川 晃自 (著), 泉川 真紀 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

LIFE 永井一正ポスター展、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催

  • Posted by: k_style
  • March 5, 2013 23:30
  • Categories:design
(C) DAI NIPPON PRINTING CO., LTD


東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)では、『LIFE 永井一正ポスター展』を2013年3月6日(水)から3月30日(土)まで開催するのでメモしておきます。( image©DAI NIPPON PRINTING CO., LTD)

半世紀以上にわたり日本のグラフィックデザイン界の最前線で活躍を続ける永井一正氏より、ポスター、版画を中心とする代表作品の数々がDNP文化振興財団に寄贈され、"永井一正アーカイブ"として収蔵しました。

本展では、4,000点におよぶこの貴重なコレクションの中から、「LIFE」をテーマにしたポスター作品139点を厳選して紹介します。1980年代後半、抽象から具象へと劇的な変化を経て現在まで続く、主に動植物をモチーフとした「LIFE」を中心とするシリーズポスターの数々。みずみずしい創造力によって生み出されたこれらの作品群からは、かけがえのない命や自然への強いメッセージとともに、まさにあふれ出るような生命力(LIFE)を感じられる展覧会です。

LIFE 永井一正ポスター展
会期:2013年3月6日(水)~3月30日(土)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F・Map)
時間:11:00~19:00 ※土曜日は18:00まで/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206

[ 関連するサイト ]
» ギンザ・グラフィック・ギャラリー

永井一正ポスター美術館永井一正ポスター美術館
永井 一正 (著), 永井一史 (その他)

» Amazonで詳しく見る
つくることば いきることばつくることば いきることば
永井 一正 (著), 企画 仁科幸子 (その他)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

企画展 「デザインあ 展」、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • February 8, 2013 00:30
  • Categories:design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21_DESIGN SIGHT」では、企画展『デザインあ 展』を2013年2月8日(金)から6月2日(日)まで開催するのでメモしておきます。

展覧会のテーマは、「デザインマインド」として、日々の生活や行動をするうえで欠かせないのが、洞察力や創造力とともに、無意識的に物事の適正を判断する身体能力です。ここでは、この両面について育まれる能力を「デザインマインド」と呼びます。

多種多様な情報が迅速に手元に届く時代を迎え、ただ受け身の生活に留まることなく、大切なものを一人ひとりが感じとり、選択し、そして思考を深めることの重要性が問われています。その点からも、豊かなデザインマインドが全ての人に求められているといえるでしょう。

次代を担う子どもたちのデザインマインドを育てること。大人もまた、豊かな感受性を保ちながら、デザインマインドを養うこと。本展では、音や映像も活かしながら、全身で体感できる展示を通して、デザインマインドを育むための試みを、さまざまに用意しました。

展覧会のディレクションは、NHK Eテレ「デザインあ」で総合指導を行なう佐藤卓氏をはじめ、同番組に関わる中村勇吾氏、小山田圭吾氏の3名で、デザインマインドを育むこととともに、デザイン教育の可能性に注目した、子どもと大人の双方に向けた展覧となっています。

なお、会期中、関連プログラムとして、佐藤卓氏、中村勇吾氏、小山田圭吾氏によるオープニングトークのほか、ワークショップなどが開催されます。

企画展「デザインあ 展」
会期:2013年2月8日(金)~6月2日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
開催時間:11:00~20:00 ※3/16(土)から10:30~20:00に変更
休館日:火曜日、4/30(火)は開館
入館料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121
※3/23(土)は六本木アートナイト開催に合わせ24:00まで

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

デザインあ 解散!デザインあ 解散!
岡崎 智弘 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
[CD] NHK「デザインあ」[CD] NHK「デザインあ」
CORNELIUS

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展、サントリー美術館で開催

  • Posted by: k_style
  • November 8, 2012 00:30
  • Categories:design
サントリー美術館 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:サントリー美術館]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のサントリー美術館では、2012年11月21日(水)から2013年1月20日(日)まで、『森と湖の国 フィンランド・デザイン』展を開催するのでメモしておきます。(プレスリリース)

フィンランドのガラスや陶磁器、家具の数々は、機能性を重視しつつ、美しさも兼ね備えています。なかでも"timeless design product (時代を超えた製品)"をコンセプトに作られてきた生活用品は、私たちの暮らしに洗練されたデザイン性をもたらし、まさに「生活の中の美」といえるでしょう。

20世紀前半から台頭したフィンランドのデザインは、アルヴァル&アイノ・アールト夫妻、カイ・フランク氏、タピオ・ヴィルッカラ氏、ティモ・サルパネヴァ氏ら優れたデザイナーを輩出し、特に1950年代からは国際的な評価を得て、現在に至ります。彼らを取り巻く美しい自然と風土は、時に創作のインスピレーションとなり、作品や製品の色となり形となって溶け込んでいきました。フィンランドを代表するガラスメーカー「イッタラ」が"Lasting design against throwawayism (使い捨て主義に反する永遠のデザイン)"というメッセージを掲げ、現在も生産を続けているように、その姿勢は常に地球にやさしく、自然とともにあり続けています。

本展では、フィンランド国立ガラス美術館に収められた貴重な品から個人所有の名品まで、フィンランド・デザインの魅力を18世紀後半から1920年代の黎明期、1930年代の躍進期、1950年代の黄金期、1960・70年代の転換期、そして現在という5章の構成で一堂に展示されます。

「森と湖の国 フィンランド・デザイン」展
会期:2012年11月21日(水)~2013年1月20日(日)
会場:サントリー美術館 (東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階・Map)
開館時間:10:00~18:00
※金・土、12/23(日)、1/13(日)は20:00まで
※12/28(金)、12/29(土)は18:00まで
休館日:火曜日、12/30(日)~1/1(火)/入館料:一般1,300円
問い合わせ:Tel.03-3479-8600

[ 関連するサイト ]
» サントリー美術館

改訂新版 フィンランド かわいいデザインと出会う街歩き (地球の歩き方GEM STONE)改訂新版 フィンランド かわいいデザインと出会う街歩き (地球の歩き方GEM STONE)
地球の歩き方編集室 (編集)

» Amazonで詳しく見る
クリエイティブ・フィンランド―建築・都市・プロダクトのデザインクリエイティブ・フィンランド―建築・都市・プロダクトのデザイン
大久保 慈 (著)

» Amazonで詳しく見る
フィンランドで見つけた「学びのデザイン」 豊かな人生をかたちにする19の実践フィンランドで見つけた「学びのデザイン」 豊かな人生をかたちにする19の実践
大橋香奈 (著), 大橋裕太郎 (著)

» Amazonで詳しく見る
ゴー!ゴー!フィンランド 改訂版ゴー!ゴー!フィンランド 改訂版
ピエニ・カウッパ (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

エビアン、「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」ボトル限定発売

  • Posted by: k_style
  • November 5, 2012 23:30
  • Categories:design
表参道 GYRE photo(C)K STYLE WEBSITE


ナチュラルミネラルウォーターブランド「エビアン」を輸入・販売している伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは、2012年11月19日(月)より、アメリカを代表するファッションデザイナー、ダイアン・フォン・ファステンバーグ (Diane von Furstenberg)氏のデザインによる『2013「エビアン」デザイナーズボトル』を全国で限定発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Danone Waters of Japan Co., Ltd.)

「エビアン」と「ダイアン フォン ファステンバーグ」のコラボレーションから生まれた限定ボトルは、人生を楽しく祝福し、「Water is Life is Love is Life is Water is..., (水は命であり、命は愛であり、愛は命であり、命は水であり・・・)」という、「エビアン」の水と彼女の愛に満ちた人生とのつながりや信念をもとに、彼女自身の手によって美しく描かれています。

『2013 「エビアン」 デザイナーズボトル』のハート型DVFロゴは、今回のコラボレーションのためだけに開発された、特別な赤が使用されています。全てオーガニックインクでプリントされたボトルは、100%リサイクル可能で、蓋には「エビアン」が新たに設計したスクリューキャップが採用されています。

ダイアン・フォン・ファステンバーグ氏は、1972年にジャージードレスを制作し、ファッション界で活動を開始。1974年、全世代の女性の持つパワーと自立を象徴するラップドレスを発表しました。その後短い活動休止期間を経て、ダイアン氏は1997年にニューヨークのファッションシーンに再び登場し、代表作のドレスを発表、世界的なラグジュアリーライフスタイルのブランドとして再興しました。「ダイアン フォンファステンバーグ」は、今や世界70ヶ国以上に展開し、54の独立したショップを構えています。 2005年、ダイアン氏はアメリカファッションデザイナー協議会(CFDA)から功労賞を受賞し、その翌年には同会長に選出され、現在も会長を務めています。

「エビアン」は2008年以降、クリスチャン・ラクロワ、ジャン・ポール・ゴルチェ、ポール・スミス、イッセイ・ミヤケ、クレージュといった世界的に評価の高いデザイナーたちとコラボレートし、今日までに世界150ヶ国以上で1,000万本の限定ボトルを売り上げています。

2013 「エビアン」 デザイナーズボトル
容量:750ml
発売日:2012年11月19日(月)
価格:700円 (メーカー希望小売価格・消費税別)
販売地域:全国

[ 関連するサイト ]
» evian
» DVF

【PR】楽天市場でDiane von Furstenbergの関連商品を探してみませんか?

Fashion Designers A-z, Diane Von Furstenberg Edition: Diane Von Furstenberg EditionFashion Designers A-z, Diane Von Furstenberg Edition: Diane Von Furstenberg Edition
Suzy Menkes (著), Valerie Steele (編集)

» Amazonで詳しく見る
*593 エビアン 瓶 750ml×12本 1ケース*593 エビアン 瓶 750ml×12本 1ケース
Evian(エビアン)

» Amazonで詳しく見る

内田繁と内田デザイン研究所のデザイナー展、ル・ベインで開催

  • Posted by: k_style
  • November 1, 2012 00:30
  • Categories:design
ル・ベイン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ル・ベイン]

東京・西麻布のギャラリー ル・ベインでは、『内田繁と内田デザイン研究所のデザイナー展』が2012年10月31日(水)から11月9日(金)まで開催しているのでメモしておきます。

本展は、オランダの家具メーカーPASTOE社のためのデザインを探す中から生まれた内田繁氏とスタッフのデザイナーによるデザイン思想実験の数々を、プロトタイプとインスタレーションというかたちでデザインするものです。

PASTOE社は、100年近い歴史のある家具メーカーで、20世紀初頭には、オランダのモダンデザインから生まれた家具を製作するなど、ヨーロッパでも屈指のメーカーです。特に、箱物といわれる家具を得意とし、今回も箱や棚をテーマにデザインしたものです。PASTOE社らしさを念頭にしたデザインでありながら、スタッフそれぞれの個性や考え方が色濃く反映されたものになっている作品となっています。

出展デザイナーは、内田繁+稲垣留美、鈴木学、成川秀一、横山由美子、先崎茂晴、正木洋平。(敬称略)

内田繁と内田デザイン研究所のデザイナー展
mina perhonen 「BLUEときどきYELLOW」展

会期:2012年10月31日(水)~11月9日(金)
会場:ギャラリー ル・ベイン (Map)
時間:11:00~19:00 ※最終日は17:00まで/定休日:月曜日
問い合わせ:Tel.03-3479-3842
※11月2日(金)開催のレセプションは18:00~20:30 (要案内状)

[ 関連するサイト ]
» ギャラリー -le bain by RELIANCE
» 内田デザイン研究所

戦後日本デザイン史戦後日本デザイン史
内田 繁 (著)

» Amazonで詳しく見る
Designscape (デザインスケープ)Designscape (デザインスケープ)
内田 繁 (著)

» Amazonで詳しく見る
普通のデザイン―日常に宿る美のかたち普通のデザイン―日常に宿る美のかたち
内田 繁 (著)

» Amazonで詳しく見る

DESIGNTIDE TOKYO 2012、10月31日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 26, 2012 00:30
  • Categories:design | events
東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン]

デザインタイド トーキョーは、"思考をトレードする場"とするデザインイベント『DESIGN TIDE TOKYO 2012 (デザインタイド トーキョー 2012)』を東京ミッドタウン・ホールをメイン会場に2012年10月31日(水)から11月4日(日)まで開催するのでメモしておきます。

今年で8年目を迎える同イベントは、デザイナーの新しいアイデアと作品が、最も高い精度で発表され、国内外のデザイナー、メーカー、バイヤー、ジャーナリストが集まり、新たな機会がうまれるメインエキシビション「TIDE Exhibition」を中核に開催します。

そのほか、実際のプロダクトを手に取り、デザイナー本人から購入することができる出会いのマーケットであり、デザイナーにとっては単なる作品の展示販売ではなく、マーケットリサーチをすることができる「TIDE Market」、招待作家による作品発表でデザインタイド トーキョーからのメッセージのようなショウ「TIDE Focus」、大きなテーブルにのせられた様々な話題を、皆で話し、共有するトークイベント「TIDE Table」、そして、東京都内のショップやギャラリーなどで行われるキシビション「TIDE Extension」で構成されます。

今年のメイン会場の構成は、織咲誠氏が手掛け、コンセプトは「ゆるいわく」- outliningとして、それぞれの個性がありながらも「ゆるくまとめる」こと。競演でありながら協演。際立つ個性をひとつの雰囲気として全体でパッケージして伝わることを考えたとしています。

DESIGNTIDE TOKYO 2012 (デザインタイド トーキョー 2012)
会期:2012年10月31日(水)~11月4日(日)
メイン会場:東京ミッドタウン・ホールA,B (Map)
時間:11:00~20:00
入場料:1,500円/1日、3,000円/会期中3日
エクステンション会場:東京都内各所

[ 関連するサイト ]
» DESIGNTIDE TOKYO 2012

【PR】デザインのビジネスフィールドを広げる 日経デザイン

Made in Japan: 100 New ProductsMade in Japan: 100 New Products
Reiko Sudo (はしがき), Naomi Pollock (著)

» Amazonで詳しく見る
東京デザインガイド 増補改訂版東京デザインガイド 増補改訂版
デザインの現場編集部 (著)

» Amazonで詳しく見る
デザインの手がかりデザインの手がかり
尾原 史和 (著)

» Amazonで詳しく見る

東京デザイナーズウィーク2012、10月30日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 25, 2012 00:30
  • Categories:design | events
明治神宮外苑 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:明治神宮外苑]

デザインアソシエーションNPOは、国内最大級のデザインイベント『TOKYO DESIGNERS WEEK 2012 (東京デザイナーズウィーク 2012)』を2012年10月30日(火)から11月5日(月)まで開催するのでメモしておきます。

27年目を迎える『TOKYO DESIGNERS WEEK 2012』は、「クリエイティブ&テクノロジー 感性展」と題し、企業やクリエイター、学生が、それぞれのクリエイティブやテクノロジーが織り成す作品や展示を行います。また、今年は、会期を昨年の6日間から10日間に拡大、デザインだけでなく、アートや音楽、ワークショップなど、幅広いコンテンツを通じて感性を磨くイベントとして展開します。

今年のテーマは、「HOUSE」「PLAY」として、クリエイティブ&テクノロジーを駆使した感性を発表する「TENT」、今年10周年を迎える「コンテナ展」、15部門に拡大した「学校作品展」、集合個展へと進化した「プロ展」、若手クリエイターの登竜門「ヤングクリエイター展」、クリエイターによる「ワークショップ展」など、企業やクリエイターがさまざまな形で参加できる出展コンテンツが用意されています。

なお、当初、建築家 藤本壮介氏による会場構成は諸事情により中止となっています。

TOKYO DESIGNERS WEEK 2012「クリエイティブ&テクノロジー 感性展」
会期:2012年10月30日(火)~11月5日(月)
会場:明治神宮外苑絵画館前[中央会場] (Map)、都内ショップ
時間:11:00~21:00 ※最終日は18:00まで
入場料:当日2,500円、その他割引チケットあり

[ 関連するサイト ]
» TOKYO DESIGNERS WEEK 2012

【PR】イベント・アートのチケットは「チケットぴあ」
【PR】デザインのビジネスフィールドを広げる 日経デザイン

インテリアショップガイド東京 2012-2013―迷わず行ける全店マップ&写真付き (NEKO MOOK 1772)インテリアショップガイド東京 2012-2013―迷わず行ける全店マップ&写真付き (NEKO MOOK 1772)

» Amazonで詳しく見る
プロダクト、インテリア、工業製品を創るデザイナーズガイドブック デザイナーズFILE2012プロダクト、インテリア、工業製品を創るデザイナーズガイドブック デザイナーズFILE2012
カラーズ有限会社 (編集)

» Amazonで詳しく見る

Tokyo Midtown Design Touch 2012、10月26日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 24, 2012 23:30
  • Categories:design | events
東京ミッドタウン・芝生広場 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・芝生広場]

東京・六本木の複合施設「東京ミッドタウン」では、2012年10月26日(金)から11月4日(日)まで、デザインイベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012 (東京ミッドタウン デザインタッチ 2012)』を開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

2012年のテーマは「デザインとあそぶ」。"デザイン"という存在を堅苦しく考えず、身近な遊びや日常生活の中で楽しみながらデザインに触れ、感じてもらう様々なコンテンツを、東京ミッドタウン全域で実施します。

メインコンテンツは、東京ミッドタウンが注目する若手デザイナーが集う、芝生広場の「DESIGN TOUCH Park」。大きな山の形をした巨大なジャングルジムを中心に、大人も子供もデザインに触れ、楽しむことができる"デザインとあそぶ"広場です。注目は、建築家 谷尻誠氏が、日常子どもたちが遊ぶ公園のジャングルジムを建築的にアレンジした「MOUNTAIN GYM」。高さ約4メートル、直径約10メートルの大きな山のような木製のジャングルジムは、昼は子どもたちの遊び場に、夜は闇に浮かぶオブジェとして驚きと感動を与えます。

また、2012年度グッドデザイン賞全受賞作の中で、"未来を切り拓くデザイン"として高く評価された100作品、「グッドデザイン・ベスト100」のデザイナーが、自らの手がけたデザインをプレゼンテーションします。スポーツウェア、スマートフォン、自動車、マンションなど、あらゆる分野のデザイナーたちが毎日"分刻み"で次々に登場する「グッドデザイン・ベスト100 デザイナーズプレゼンテーション」が11月2日(金)から11月4日(日)にかけて開催されます。

その他にも、日本を代表するデザイナーが東京ミッドタウン内店舗のショッピングバッグをデザインする企画など、様々なかたちでデザイン、アートに触れ、楽しむことができる10日間となっています。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012
開催期間:2012年10月26日(金)~11月4日(日)
開催場所:東京ミッドタウン内各所 (Map)
問い合わせ:東京ミッドタウン コールセンター Tel.03-3475-3100

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown

[ 関連するエントリー ]
» 「田中一光とデザインの前後左右」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2012.10.05)

1000%の建築1000%の建築
谷尻誠(たにじりまこと) (著), 須山奈津希(すやまなつき) (イラスト)

» Amazonで詳しく見る
新村則人 (世界のグラフィックデザイン)新村則人 (世界のグラフィックデザイン)
新村 則人 (著)

» Amazonで詳しく見る
エネルギー問題に効くデザイン: ワークショップから生まれた、日本を元気にするアイデアエネルギー問題に効くデザイン: ワークショップから生まれた、日本を元気にするアイデア
永井一史 + 30人の若手デザイナーたち (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

「田中一光とデザインの前後左右」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • October 5, 2012 00:30
  • Categories:design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21_DESIGN SIGHT」では、企画展『田中一光とデザインの前後左右』が2012年9月21日(金)から2013年1月20日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

日本を代表するグラフィックデザイナー 田中一光氏 (1930-2002)は、伝統の継承から未来の洞察、東と西の国々との交流など、田中氏自身の言う「デザインの前後左右」を見すえたアートディレクターでもありました。

本展では、田中と仕事を共にしたクリエイティブディレクターの小池一子氏を展覧会ディレクターとし、琳派、浮世絵、伝統芸能など、市民の文化を熟知し、それらを視覚表現の主題として現代の創作に活写した田中氏の発想の広がりと表現の着地するさまを多彩にとりあげます。

残された膨大な数の作品や資料を検証し、仕事の主軸となるグラフィックデザイン作品を中心に、原画や写真、記録資料など、活動の実際を示す貴重なアーカイブも紹介し、それらを通して、田中一光というクリエイターの人と仕事に迫り、デザイン思想がどのように展開し、表現されたかを探ります。

戦後からの激しい時代を伸びやかに生き抜いた田中一光氏の創作の軌跡をたどる本展は、現代社会へのメッセージに満ち、これからのクリエイションの新しい方向性と可能性を示唆するものとなります。

本展会期中には、多分野で活躍中の登壇者によるトークや対談を通して、多角的な視点から田中一光の人と仕事に迫る関連プログラムも開催される予定です。

企画展「田中一光とデザインの前後左右」
会期:2012年9月21日(金)~2013年1月20日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
開催時間:11:00~20:00
休館日:火曜日、12/27(木)~1/3(木) ※10/30(火)、12/25(火)は開館
入館料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

田中一光とデザインの前後左右田中一光とデザインの前後左右
小池一子 (著), 21_21 Design Sight (著)

» Amazonで詳しく見る

亀倉雄策ライブラリー+10人のミニ本棚、クリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • October 2, 2012 00:30
  • Categories:design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8では、『亀倉雄策ライブラリー+10人のミニ本棚』が2012年9月24日(月)から10月25日(木)まで開催されているのでメモしておきます。

東京オリンピックのポスターやグッドデザインマーク、NTTのシンボルマークなどのデザインを手がけた亀倉雄策氏(1915-1997)は、日本のグラフィックデザイン史を築きあげたパイオニアであり、世界が注目するデザイナーとして、82年の生涯の幕を閉じるまで、常にトップを走り続けました。

本展は、亀倉氏が集めた国内外のデザイン、アート、写真、建築など、1万冊の作品集・書籍の中から数百点を公開した、2010年の「Library」展以来、二度目の一般公開となります。亀倉氏の幅広い興味と交友関係を垣間見ることができる蔵書は、いまでは手に入れることが難しい大変貴重なものばかりです。

さらに今回は、「+10人のミニ本棚」と題して、10人のクリエイター(安西水丸、大橋歩、葛西薫、セミトランスペアレント・デザイン、仲條正義、服部一成、フィリップ・ワイズベッカー、ポスタルコ、箭内道彦、山崎博)がおすすめのビジュアルブックを5冊ずつ紹介、コメントを添えて展示します。

亀倉雄策ライブラリー+10人のミニ本棚
会期:2012年9月24日(月)~10月25日(木)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» クリエイションギャラリーG8

亀倉雄策のデザイン亀倉雄策のデザイン
亀倉 雄策 (著), 小川 正隆 (編集), 永井 一正 (編集), 田中 一光 (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
亀倉雄策 YUSAKUKAMEKURA 1915-1997 ggg Books 別冊4亀倉雄策 YUSAKUKAMEKURA 1915-1997 ggg Books 別冊4
亀倉 雄策 (著), 川畑 直道 (編集)

» Amazonで詳しく見る

groovisions Lesson 2012、ポーラ ミュージアム アネックスで開催

  • Posted by: k_style
  • July 26, 2012 00:30
  • Categories:design
ポーラ銀座ビル photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ポーラ銀座ビル]

ポーラ銀座ビル3階のポーラ ミュージアム アネックスでは、デザインスタジオ「groovisions (グルーヴィジョンズ)」による展覧会『groovisions Lesson 2012』が2012年7月21日(土)から9月9日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

1994年、groovisionsは「chappie」という人型のグラフィックデザイン/システムを産み出しました。その後、chappieはあらゆるものを身に纏い、増殖し続けるとともに、インターネット時代のキャラクター表現に、多大な影響を与えてきました。

そして、2012年、誕生以来不変だったchappieの造形=フォルムが初めてリニューアルされます。本展では、この「新しいchappie」のお披露目と同時に、いままで公開されてこなかったグラフィックシステムが一望できる初めての機会となります。

また、会期中、会場内で撮影した全身画像を参照して、自身のchappieによる「chappie名刺」の作成を受注しています。

groovisionsは、グラフィックやムービー制作を中心に、音楽、出版、プロダクト、インテリア、ファッション、ウェブなど多様な領域で活動するデザインチームで、主な活動として、リップスライム、FPM(Fantastic Plastic Machine)などの、CDパッケージやPVのアートディレクション、100%ChocolateCafe.をはじめとする様々なブランドのVI、CI、「Metro min」誌などのアートディレクションやエディトリアルデザイン、メゾンエルメスのウィンドウディスプレイのディレクション、「ノースフェイス展」などの展覧会でのアートディレクション、EXPO 2005 AICHI JAPAN愛・地球博や農林水産省の映像資料でのモーショングラフィック制作などがあげられます。

groovisions Lesson 2012
会期:2012年7月21日(土)~9月9日(日)
会場:ポーラ ミュージアム アネックス (東京都中央区銀座1-7-7・Map)
開館時間:11:00~20:00
問い合わせ:Tel.03-3563-5501

[ 関連するサイト ]
» ポーラ ミュージアム アネックス
» groovisions

GROOVISIONS MGRGROOVISIONS MGR
GROOVISIONS (著)

» Amazonで詳しく見る
[DVD] GRV2283、GRV2284[DVD] GRV2283、GRV2284

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
DRP デザインレシートプロジェクト GROOVISIONS(グルーヴィジョンズ) 20本セット 010gr0003-20X・GRV2476DRP デザインレシートプロジェクト GROOVISIONS(グルーヴィジョンズ) 20本セット 010gr0003-20X・GRV2476
A&B

» Amazonで詳しく見る

2012 ADC展、クリエイションギャラリーG8とgggで開催

  • Posted by: k_style
  • July 11, 2012 23:30
  • Categories:design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)とクリエイションギャラリーG8では、広告・デザイン界で最も注目されているイベントのひとつである企画展『2012 ADC展』が2012年7月4日(水)から7月28日(土)まで開催しているのでメモしておきます。

2011年5月から2012年4月までの1年間に発表されたポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、テレビコマーシャルなど多様なジャンルからの約8,500点の応募作品の中から、77名のADC会員によって厳正な審査が行われ、広告、グラフィック作品の最高峰ともいえるADC賞が選ばれました。

ADC (正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は、1952年の創立以来、日本の広告・デザインを牽引する活動を続けており、ADC賞は、その年の日本の広告・デザイン界の最も名誉あるものの一つとして注目を集めるものです。

本展は、この審査会で選出された受賞作品、優秀作品を、2012年11月末の「ADC年鑑」(美術出版社刊)刊行に先駆け、100点前後の作品をggg[会員作品]、G8[一般作品]の2つの会場で紹介します。また、会期中にADC受賞者とその制作スタッフを招いて、ギャラリートークも開催する予定です。

2012 ADC展 [会員作品]
会期:2012年7月4日(水)~7月28日(土)(木)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (Map)
時間:11:00~19:00 ※土曜日は18:00まで/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206
2012 ADC展 [一般作品]
期間:2012年7月4日(水)~7月28日(土)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Art Directors Club
» ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
» クリエイションギャラリーG8

ADC年鑑2011 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2011ADC年鑑2011 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2011
東京アートディレクターズクラブ (編集)

» Amazonで詳しく見る
ADC年鑑2010 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2010ADC年鑑2010 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2010
東京アートディレクターズクラブ (編集)

» Amazonで詳しく見る

皆川明+安藤雅信「はねの器 ハナの器」展、ル・ベインで開催

  • Posted by: k_style
  • June 27, 2012 23:30
  • Categories:design | product
ル・ベイン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ル・ベイン]

東京・西麻布のギャラリー ル・ベインでは、『皆川明+安藤雅信「はねの器 ハナの器」展』を2012年7月3日(火)から7月18日(水)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

岐阜・多治見に構えたギャルリ百草を活動拠点とする陶作家 安藤雅信氏とデザイナー 皆川明氏のコラボレーションが2年前より始まりました。今年は新たな作品が加わり、羽の形をした器や皆川氏によって描かれた花の模様の器が揃います。また、東京では初のお披露目となる羽の形をした器は、二つ並べると蝶々のようになり、羽の模様を描くように料理の盛りつけが楽しめます。模様が描かれた器への新たな発見に繋がることでしょう。

ギャラリー ル・ベイン向かいのギャラリーMITATEでは、『mina perhonen 「BLUEときどきYELLOW」展』が同時開催され、ミナ ペルホネンのオリジナル商品、ハンカチ、てぬぐい、バッグ、コースター、ランチョンマットなどのテキスタイル商品のほか、カップ、そしてレターセット、ノートなどの文房具を紹介します。

また、併設の和菓子の店ori HIGASHIYAでは、会期中ル・ベインの中庭空間も会場とし、「mina cafe」を開催します。皆川氏のレシピのメニューを安藤氏の器、mina perhonenのしつらえと共に楽しめます。また、初日にはカフェメニューを用意し、レセプションパーティーも開催します。

皆川明+安藤雅信「はねの器 ハナの器」展
mina perhonen 「BLUEときどきYELLOW」展

会期:2012年7月3日(火)~7月18日(水)
会場:ギャラリー ル・ベイン、ギャラリー MITATE (Map)
時間:11:00~19:00 ※初日は13:00~/定休日:月曜日
問い合わせ:Tel.03-3479-3842
※7月3日(火)開催のレセプションは18:00~20:30

[ 関連するサイト ]
» ギャラリー -le bain by RELIANCE

【PR】楽天市場でmina perhonen(ミナ ペルホネン)の商品を探してみませんか?

ミナ ペルホネン?[通常版]ミナ ペルホネン?[通常版]
ミナ ペルホネン (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
美と暮らし―ギャルリ百草ミ美と暮らし―ギャルリ百草
安藤 雅信 (著), 安藤 明子 (著), 中嶋 大助

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

「日本のグラフィックデザイン2012」展、デザインハブで開催

  • Posted by: k_style
  • June 22, 2012 23:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、第34回企画展『日本のグラフィックデザイン2012』を2012年6月22日(金)から7月29日(日)まで開催しているのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

本展は、アジア最大級のデザイン団体である日本グラフィックデザイナー協会が毎年発行しているデザイン年鑑「Graphic Design In Japan」の2012年版発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。

身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザイン、複数のカテゴリーをまたいだ広告のプロジェクトに至るまで、世界に誇る日本のグラフィックデザインの現在が観覧できます。

会期中には、工藤青石氏(コミュニケーションデザイン研究所)と服部一成氏、居山浩二氏(イヤマデザイン)と永井裕明氏(エヌ・ジー)によるトークイベントが開催されます。

第34回企画展「日本のグラフィックデザイン2012」
会期:2012年6月22日(金)~7月29日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00 会期中無休
問い合わせ:Tel.03-6743-3776

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB

GRAPHIC DESIGN IN JAPAN〈2011〉GRAPHIC DESIGN IN JAPAN〈2011〉
日本グラフィックデザイナー協会 (編集), JAGDA= (編集)

» Amazonで詳しく見る

フランフラン、アラン・チャン氏と丸山敬太氏による新シリーズ発表

AOYAMA Francfranc photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:AOYAMA Francfranc]

インテリアショップ「Francfranc (フランフラン)」は、「ホテルライクな生活」をコンセプトにデザイナー アラン・チャン (Alan Chan)氏と丸山敬太氏を迎えた新シリーズ『Francfranc HOTEL and RESORT (フランフラン ホテル・アンド・リゾート)』を発表したのでメモしておきます。

2人のデザイナーが、家具や雑貨からボディケア製品まで、それぞれのテーマでトータルプロデュースする新シリーズは、ホテルやリゾートで感じる上質なリラックス感や高揚感を、日常の生活空間にも取り入れてほしいとの思いから誕生しました。

香港出身でデザイナーやブランドコンサルタントなど40年に渡り活躍してきたアラン・チャン氏が手掛ける「Urban Style (アーバン・スタイル)」と、KEITA MARUYAMA TOKYO PARISのデザイナー 丸山敬太氏による「Resort style (リゾート・スタイル)」という異なる2つのテーマのホテルルームをイメージしています。「Relax/at Living Room」「Rest/at Bedroom」「Refresh/at Bathroom」の3つの要素に沿ったトータルプロデュースにより様々なアイテムが登場する予定です。

さらに、トータル・ビューティー・サロン「uka (ウカ)」がプロデュースするネイルオイルや、「SINCERE GARDEN (シンシアガーデン)」とのコラボレーションによるオリジナルビューティケア商品なども展開が予定されています。

なお、新シリーズは7月27日(金)より全国の「Francfranc」ショップで展開する予定です。

[ 関連するサイト ]
» Francfranc ONLINE SHOP
» Alan Chan Design Company
» KEITA MARUYAMA .COM

【PR】楽天市場でKEITA MARUYAMAの関連商品を探してみませんか?

[CD] Francfranc presents Dancing Around The Globe[CD] Francfranc presents Dancing Around The Globe
(V.A.) (アーティスト), COLDFEET (アーティスト), Jazzin' park (アーティスト), STUDIO APARTMENT (アーティスト), Worldsketch (アーティスト)他

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
[CD] Francfranc presents space program [Sunshiny] Compiled by OLD NICK aka DJ HASEBE[CD] Francfranc presents space program [Sunshiny] Compiled by OLD NICK aka DJ HASEBE
V.A. (アーティスト)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

コピーパレード展、表参道ヒルズで開催

  • Posted by: k_style
  • May 31, 2012 23:30
  • Categories:design
表参道ヒルズ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:表参道ヒルズ]

表参道ヒルズ 本館地下3階「スペースオー」では、東京コピーライターズクラブ(TCC)の結成50周年を記念した展覧会『コピーパレード展,TCC 50th★』を2012年6月1日(金)に開催するのでメモしておきます。

本展では、東京コピーライターズクラブ会員自身が選んだ自分のベストワンコピーを巨大プロジェクターにより、会場の壁面いっぱいにパレード展示されるほぼ日本初のユニークなイベントです。また、来場者も参加できる「明日の言葉」一筆ギャラリーが同時開催します。さらに、歴代コピー年鑑や、2012年TCC賞受賞作も展示されます。

東京コピーライターズクラブ(TOKYO COPYWRITERS CLUB : 略称TCC)は、東京を中心に日本全国で活躍するコピーライターやCMプランナーの団体です。 毎年4月、前年度に実際に使用された広告の中から、優秀作品を選出。その制作者を「TCC賞」受賞者として発表し、秋に受賞作品のほか優秀作品を掲載した「コピー年鑑」を発行。ことばを専門とするスタンスから、日本の広告界のコミュニケーション技術の向上を牽引しています。

コピーパレード展,TCC 50th★
開催日:2012年6月1日(金)
会場:表参道ヒルズ 本館地下3階 スペースオー (Map)
時間:12:00~17:00/参加無料

[ 関連するサイト ]
» 東京コピーライターズクラブ
» 表参道ヒルズ/OmotesandoHills

コピー年鑑 2011コピー年鑑 2011
東京コピーライターズクラブ (編集), nakaban Martin Moerck (イラスト)

» Amazonで詳しく見る
コピー年鑑 2010コピー年鑑 2010
東京コピーライターズクラブ (編集)

» Amazonで詳しく見る

堀木エリ子展、スパイラルガーデンで開催

  • Posted by: k_style
  • May 10, 2012 00:30
  • Categories:design
スパイラル photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:スパイラル]

東京・南青山の複合文化施設「スパイラル」のスパイラルガーデンでは、世界的に活躍している和紙インテリアアーティスト 堀木エリ子氏の展覧会『堀木エリ子展 -和紙から生まれる祈り-』が2012年5月10日(木)から5月20日(日)まで開催するのでメモしておきます。

本展では、堀木氏のこれまでの25年間の活動の中から、特に伝えたい「祈り」をテーマに展示します。ダイナミックに和紙の新しい可能性や表現、また、和紙という素材の魅力を伝え、伝統産業の来し方行く末、日本のものづくりの原点を見つめる展覧会となっています。

堀木エリ子氏は、京都府出身。高校卒業後、4年間の銀行勤務を経て、京都の和紙関連会社に転職。これを機に和紙の世界へと足を踏み入れ、以後、成田国際空港第一ターミナル到着ロビーや東京ミッドタウンなどのパブリックスペース、さらには、旧そごう心斎橋本店やザ・ペニンシュラ東京など、デパートやホテルの建築空間に作品を展開。その名は海外でも知られ、また日本建築美術工芸協会賞、インテリアプランニング国土交通大臣賞、日本現代藝術奨励賞など、受賞歴も多数。「建築空間に生きる和紙造形の創造」をテーマに、2700×2100mmを基本サイズとしたオリジナル和紙を制作し、和紙インテリアアートの企画・制作から施工までを手掛けています。

堀木エリ子展 -和紙から生まれる祈り-
会期:2012年5月10日(木)~5月20日(日)
会場:スパイラルガーデン (東京都港区南青山5-6-23・Map)
開催時間:11:30~20:00 ※5月10日のみ18:00まで
問い合わせ:堀木エリ子展実行委員会事務局 Tel.075-863-6330

[ 関連するサイト ]
» 堀木エリ子
» SPIRAL

和紙のある空間―堀木エリ子作品集 (建築と都市臨時増刊)和紙のある空間―堀木エリ子作品集 (建築と都市臨時増刊)
堀木エリ子 (著)

» Amazonで詳しく見る
和紙の光景―堀木エリ子とSHIMUSのインテリアワークス和紙の光景―堀木エリ子とSHIMUSのインテリアワークス
堀木 エリ子 (著), SHIMUS (著), 日経アーキテクチュア (編集)

» Amazonで詳しく見る

パナソニック、深澤直人氏監修住宅用照明「MODIFY」シリーズ拡充

  • Posted by: k_style
  • April 23, 2012 23:30
  • Categories:design
MODIFY (C)Panasonic Corporation


パナソニック エコソリューションズ社は、プロダクトデザイナー 深澤直人氏監修の環境や省エネにも配慮した住宅用照明器具『MODIFY』シリーズにおいて、LEDタイプおよび蛍光灯タイプの品揃えの拡充を発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Panasonic Corporation)

2009年4月に発売した『MODIFY (モディファイ=改良/修正)』シリーズは、長い間使われ続けてきた照明の原形とも言える「定番の形」の「SPHERE (球)」「DOME (半球)」「BUCKET (円錐台)」を採用し、S・M・L・LLサイズとペンダント、ブラケット、スタンドなどのバリエーションで展開しています。

従来、蛍光灯と一部をLEDで展開してきましたが、LEDの進化に伴い、今春3種類のLED光源を搭載したタイプなどを追加し、合計40品番を4月21日より順次発売します。これにより『MODIFY』シリーズは合計133品番 (うちLEDタイプ66品番)の品揃えを実現し、サイズや搭載光源のバリエーションが充実し、ライフスタイルに合わせて選びやすくなりました。

住宅用照明器具「MODIFY (モディファイ)」
形:SPHERE (球)・DOME (半球)・BUCKET (円錐台)
光源:LEDユニット調色タイプ・ワンコア(ひと粒)タイプ・LED電球・パルックボールプレミアなど
品番数:合計40品番
希望小売価格 (税込):36,750円~133,350円
発売日:2012年4月21日より順次

[ 関連するサイト ]
» 住宅用照明器具「MODIFY (モディファイ)」

【PR】楽天市場で「MODIFY(モディファイ)」シリーズを探してみませんか?

パナソニック電工照明器具(Panasonic) Everleds MODIFY直付ペンダント LGB11962WLE1パナソニック電工照明器具(Panasonic) Everleds MODIFY直付ペンダント LGB11962WLE1
パナソニック電工

» Amazonで詳しく見る
パナソニック電工照明器具(Panasonic) MODIFYリモコン対応 半埋込型ペンダント HGD1053Bパナソニック電工照明器具(Panasonic) MODIFYリモコン対応 半埋込型ペンダント HGD1053B
パナソニック電工

» Amazonで詳しく見る
パナソニック電工照明器具(Panasonic) MODIFY引掛シーリング方式ペンダント HGD1081WEパナソニック電工照明器具(Panasonic) MODIFY引掛シーリング方式ペンダント HGD1081WE
パナソニック電工

» Amazonで詳しく見る

「信じられるデザイン」展、東京ミッドタウン・デザインハブで開催

  • Posted by: k_style
  • April 5, 2012 00:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、『第33回企画展「信じられるデザイン」』を2012年3月30日(金)から5月27日(日)まで開催しているのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

東京ミッドタウン・デザインハブは、2007年の開設以来、デザインを軸に社会の中でさまざまな人や活動や可能性どうしを結びつけ、広げ、育てるというポリシーを掲げて、事業を展開してきました。そして2012年に開設5年目を迎えるにあたり、いまデザインに対して何よりも求められているのは「信用」であり、「そのデザインが信じられる」ということではないかと考えました。

どのようなデザインの根底にも、必ずそのデザインが生まれた大本にあたる「意識」や「想い」や「考え方」があります。「信じられるデザイン」展は、それらが人びとにとって信用できるものであるように、「デザインにおける信用」というテーマに目を向け、それぞれの視点を通じて考えを深めるための企画展です。

本展では、デザインに関わりがある51名のクリエイターひとりひとりから示される、それぞれが「信じられると思うデザイン」を、本人のメッセージテキストとともに、印象的なイラストで紹介します。それによって来場者は誰が、どのようなデザインを信じているのか、じっくりと体感することができます。「信じられるデザインとは」という問いから導かれるさまざまな視点を浮き彫りにして、"この先のデザイン" の可能性と向き合う機会となることをめざします。

第33回企画展「信じられるデザイン」展
会期:2012年3月30日(金)~5月27日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00 会期中無休
問い合わせ:Tel.03-6743-3777

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB

トンパのアサバイブル―今日のヒントになるトンパタロット。トンパのアサバイブル―今日のヒントになるトンパタロット。
浅葉 克己 (著), 真矢 茉子 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
葛西薫1968―図録葛西薫1968―図録
葛西 薫 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
[DVD] プロフェッショナル 仕事の流儀 第VIII期 グラフィックデザイナー 佐藤 卓の仕事 [DVD] プロフェッショナル 仕事の流儀 第VIII期 グラフィックデザイナー 佐藤 卓の仕事 "自分"を消してヒットを生みだす

» Amazonで詳しく見る
服部一成グラフィックス服部一成グラフィックス
服部 一成 (著)

» Amazonで詳しく見る

セブン-イレブン、佐藤可士和氏プロデュースの商品ブランド展開

  • Posted by: k_style
  • April 2, 2012 23:30
  • Categories:design
ステンカラーボールペン (C)Seven-Eleven Japan Co., Ltd.


セブン-イレブン・ジャパンは、文具や雑貨を中心に「日常をより上質に」をコンセプトとした新しい商品ブランド『セブンライフスタイル』を展開することを発表したのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©Seven-Eleven Japan Co., Ltd.)

『セブンライフスタイル』ブランドは、数々の広告や商品のデザインを手がけてきた日本を代表するクリエイティブディレクター 佐藤可士和氏がプロデュースし、 昨年は、セブン-イレブンの「新しさの再発見」をコンセプトに、商品ブランドロゴやパッケージデザインのリニューアルを含め、デイリー商品やセブンプレミアム全般の見直しを行いました。

そして今回、プロジェクトの第2章として新しい商品ブランド『セブンライフスタイル』を立ち上げ、 商品のラインナップ、デザイン、素材等、細部にまでこだわり、まったく新しい発想と切り口からお客様の生活に「上質」を提供するとしています。

まずは、素材やカラー展開にこだわったノート・ペン等の文具、利用シーンに馴染むデザインを追求したボックスティッシュやペーパーカップ等の生活雑貨を2012年5月中旬より1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)約4,600店を皮切りに、全国において順次発売します。

[ 関連するサイト ]
» セブン-イレブン
» KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和

時代を変える 発想の作り方。時代を変える 発想の作り方。
NHK「らいじんぐ産~追跡!にっぽん産業史」制作班 (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
コンビニだけが、なぜ強い?コンビニだけが、なぜ強い?
吉岡秀子 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

マーク・ニューソン氏デザイン「PENTAX K-01」、2012年3月中旬発売

  • Posted by: k_style
  • February 9, 2012 23:30
  • Categories:design | gadget
PENTAX K-01 (C)PENTAX RICOH IMAGING CO., LTD.


ペンタックスリコーイメージングは、世界的なインダストリアルデザイナー マーク・ニューソン (Marc Newson)氏によるデザインを採用したレンズ交換式デジタル一眼カメラ『PENTAX K-01』を2012年3月中旬に発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©PENTAX RICOH IMAGING CO., LTD.)

『PENTAX K-01』は、デジタル一眼の本格性能を備えながら、マーク・ニューソン氏が掲げた3つのデザインコンセプト、"不朽""信頼""感触"を元に、新たにデザイン面からの大胆なアプローチを試みたモデルとして開発しています。

光学ファインダーやクイックリターンミラーなどを省略してデザインの自由度を高めた本体に、マーク・ニューソン氏ならではのオリジナリティに溢れたこだわりのデザインを採用し、細部にいたるまで忠実に再現し、さらに、世界最薄を実現した単焦点交換レンズ「smc PENTAX-DA40mmF2.8 XS」(2012年4月下旬発売予定)にも同氏のデザインを採用し、レンズを装着した状態でのデザイン的な完成度を高めたとしています。

有効約1628万画素の高精細画像や高速連続撮影、最高ISO感度25600(拡張時)の幅広い感度設定、フルHD動画撮影などの高い基本性能を備えるとともに、レンズマウントにはフィルム一眼レフから続く同社Kマウントを採用し、従来のレンズ資産を有効に活用できる一眼システムとしています。本体カラーは、ブラック×ブラック、ブラック×イエロー、ホワイト×ブラックの3色を用意しています。

マーク・ニューソン氏は、シドニー出身。現代デザイナーの中で最も称賛され、かつ影響力を持つ人物の一人です。家具や家庭用品をはじめ、自転車や車、航空機、ヨットなど幅広い分野において、世界中にいるクライアントのためにさまざまな造形物、彫刻物を製作しています。同氏の作品は、ニューヨークの近代美術館をはじめ、数多くの有名な美術館の収蔵品として寄贈されるとともに、オークションで数々の記録を塗り替え、現在では、現代デザイン市場の売上全体のおよそ25%を占めています。また、北米の有名なニュース雑誌「TIME」において、世界で最も影響力のある100人のうちの一人に選出されるなど、現代デザイナーの代表格として確固たる地位を築いています。

[ 関連するサイト ]
» K-01|PENTAX
» Marc Newson Ltd

【PR】楽天市場でPentax(ペンタックス)の関連商品を探してみませんか?

PENTAX デジタル一眼カメラ K-01ズームレンズキット ホワイト/ブラック K-01ZK WH/BKPENTAX デジタル一眼カメラ K-01ズームレンズキット ホワイト/ブラック K-01ZK WH/BK
ペンタックス

» Amazonで詳しく見る
PENTAX デジタル一眼カメラ K-01レンズキット ホワイト/ブラック K-01LK WH/BKPENTAX デジタル一眼カメラ K-01レンズキット ホワイト/ブラック K-01LK WH/BK
ペンタックス

» Amazonで詳しく見る
Marc NewsonMarc Newson
Louise Neri (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
往年のペンタックスカメラ図鑑往年のペンタックスカメラ図鑑
マニュアルカメラ編集部

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

フランク・ロイド・ライト プロダクト展、MoMA DESIGN STOREで開催

GYRE photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:GYRE]

東京・表参道の商業施設「GYRE」3階の「MoMA DESIGN STORE」では、20世紀を代表する建築家 フランク・ロイド・ライト氏による代表的な建築やデザインをモチーフにしたプロダクトを集めた『フランク・ロイド・ライト プロダクト展』が2012年1月26日(木)から2月22日(水)まで開催しているのでメモしておきます。

フランク・ロイド・ライト氏は、ル・コルビジェ氏、ミース・ファン・デル・ローエ氏と並ぶ20世紀の三大建築家の一人で、自然と建築の共存を提唱したライト氏は、日本の「帝国ホテル」やニューヨークの「グッゲンハイム美術館」、ペンシルバニア州の「カウフマン邸 (落水荘)」などの名建築をはじめとして、生涯に800以上の設計を手掛けてきました。こうした建築に見られる幾何学的でオーガニックなデザインは、家具やテキスタイル、照明などのプロダクト分野でも発揮され、今日も生き続ける名作を数多く残しています。

本展では、フランク・ロイド・ライト財団から公式にライセンスを付与されているMoMAならではの品揃えで、雑貨からテーブルウェア、マフラーなどのファッションアイテムといった約100アイテムを展示販売します。

フランク・ロイド・ライト プロダクト展
会期:2012年1月26日(木)~2月22日(水)
会場:MoMA DESIGN STORE (東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3階・Map)
時間:11:00~20:00/定休日:不定休
問い合わせ:Tel.03-5468-5801

[ 関連するサイト ]
» MoMA Design Store
» GYRE

【PR】楽天市場でフランク・ロイド・ライトの関連商品を探してみませんか?

巨匠フランク・ロイド・ライト巨匠フランク・ロイド・ライト
デヴィッド ラーキン (編集), ブルース・ブルックス ファイファー (編集), Bruce Brooks Pfeiffer (原著), 大木 順子 (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
フランク・ロイド・ライト全作品フランク・ロイド・ライト全作品
William Allin Storrer (著), 岸田 省吾 (翻訳

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

「田中一光ポスター1980-2002」展、gggで開催

  • Posted by: k_style
  • January 18, 2012 23:30
  • Categories:design
(C)DAI NIPPON PRINTING CO., LTD


東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)では、日本グラフィックデザイン界の巨星、田中一光氏の逝去から10年の節目を飾る『DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展Ⅳ 田中一光ポスター1980-2002』を2012年1月13日(金)から2月25日(土)まで開催しているのでメモしておきます。(image©DAI NIPPON PRINTING CO., LTD)

同ギャラリーでは、2008年に設立された田中一光アーカイブから、「田中一光ポスター1953-1979」と題して回顧展第一弾を2010年に開催し、初期から中期に残したポスター161点を厳選した展観となりました。

それに次ぐ第二弾となる本展では、1980年から亡くなる2002年までの後半期代表作約150点を紹介します。田中氏の業績の中でも特記されるのがポスター作家としての歩みですが、とくに脂の乗り切った熟達時代であるこの後半期は、世界屈指のポスター作家としての評価を名実ともにゆるぎないものとしました。「Nihon Buyo」をはじめとする優品が多数含まれる本展は、みずみずしい感性を終生失わず、旺盛な活動をまっとうした軌跡が明らかになる、不世出の創造者の尽きせぬ魅力との新たな出会いの場になるとのことです。

なお、会期中には、伊藤弘氏 (グルーヴィジョンズ)×佐野研二郎氏、小池一子氏×原研哉氏によるギャラリートークも開催されます。(要事前申し込み)

DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展Ⅳ 田中一光ポスター1980-2002
会期:2012年1月13日(金)~2月25日(土)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F・Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜、祝日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206

[ 関連するサイト ]
» ギンザ・グラフィック・ギャラリー

田中一光 gggBooks 世界のグラフィックデザインシリーズ5田中一光 gggBooks 世界のグラフィックデザインシリーズ5
田中一光

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
伝統と今日のデザイン伝統と今日のデザイン
田中一光, 田中一光デザイン室

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

au、テンキー搭載スマートフォン「INFOBAR C01」発売

  • Posted by: k_style
  • January 16, 2012 23:30
  • Categories:design | gadget
INFOBAR C01 (C)KDDI CORPORATION


KDDI、沖縄セルラーは、深澤直人氏デザインの「INFOBAR」シリーズからテンキーを搭載したスマートフォン『INFOBAR C01』を2012年2月上旬以降、発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KDDI CORPORATION)

『INFOBAR C01』は、プロダクトデザイナー 深澤直人氏がデザインを手掛け、初代「INFOBAR」、「INFOBAR 2」を連想させるオリジナルのBARタイプ(ストレート型)のシャープ製Android端末です。「INFOBAR A01」に搭載されていたWebデザイナー 中村勇吾氏が手掛けた「iidaUI」を「INFOBAR C01」に最適化して搭載し、軽量コンパクトボディにより片手でも快適な操作感を実現しました。カラーは、「INFOBAR」の伝統的なカラー「NISHIKIGOI」、初代「INFOBAR」で人気を博した「ICHIMATSU」の2色にナチュラルカラーの新色「KIIRO」を加えた3色展開です。

さらに、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信、Eメールといった日本国内における定番の機能に加え、CDMAとGSM、GPRSに対応することで世界中で利用することが可能で、緊急地震速報、災害・避難情報に、新たに津波警報を追加した「緊急速報メール」にも対応しています。

なお、『INFOBAR C01』は、KDDIデザイニングスタジオ (東京・原宿)、au NAGOYA (愛知・名古屋) にて、2012年1月17日(火)より展示を開始します。

[ 関連するサイト ]
» iida
» NAOTO FUKASAWA DESIGN
» tha ltd.

[ 関連するエントリー ]
» au、iida初のスマートフォン「INFOBAR A01」発表 (2011.05.18)

【PR】au直営ブランドガーデン、人気ブランド通販サイト

THE OUTLINE 見えていない輪郭THE OUTLINE 見えていない輪郭
深澤直人 藤井保 (著), モダンリビング (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
NAOTO FUKASAWANAOTO FUKASAWA
NAOTO FUKASAWA (著)

» Amazonで詳しく見る
しかけ人たちの企画術しかけ人たちの企画術
小山 薫堂 (著), 箭内 道彦 (著), 片山 正通 (著), 後藤 繁雄 (著), 堂山 昌司 (著), 吉田 正樹 (著), 中村 勇吾 (著), 嶋浩 一郎 (著), 奥田 政行 (著), 東京企画構想学舎 (編集)

» Amazonで詳しく見る
プロフェッショナル 仕事の流儀―ワンクリックで、世界を驚かせプロフェッショナル 仕事の流儀―ワンクリックで、世界を驚かせ
茂木 健一郎 (編集), NHK「プロフェッショナル」制作班 (編集)

» Amazonで詳しく見る

ホンダ「通行実績情報マップ」、2011年度グッドデザイン大賞

  • Posted by: k_style
  • November 9, 2011 23:30
  • Categories:design
(C)JIDPO


日本デザイン振興会は、2011年度「グッドデザイン大賞 (内閣総理大臣賞)」の受賞結果を発表し、本年度のグッドデザイン大賞は、本田技研工業のカーナビゲーションシステムによる情報提供サービス 東日本大震災でのインターナビによる取り組み「通行実績情報マップ」に決定したのでメモしておきます。(image©JIDPO)

同社は、カーナビゲーションシステムを用いた情報サービスを、震災の発生翌朝から移動支援用として公開、追ってGoogleやYahoo!などの情報プラットフォーム経由でも公開するなど、多くの人が使いやすいサービスとして展開した点が注目されました。

まったく新しいシステムを立ち上げるのではなく、既存のシステムを有効に活用することで、解決策を必要としている部分へスピーディーにサービスを提供した取り組みは、企業によるCSRの典型であるとともに、社会における情報の有効活用のあり方を示す創造的な試みであると評価されました。

なお、「グッドデザイン金賞 (経済産業大臣賞)」には、パナソニックのLED電球やシャープの薄膜太陽電池、日本マイクロソフトのKinect for Xbox 360が受賞しています。

[ 関連するサイト ]
» Good Design Award
» Honda│internavi

GOOD DESIGN AWARD〈2010〉GOOD DESIGN AWARD〈2010〉
日本産業デザイン振興会 (編集)

» Amazonで詳しく見る
ニッポンの大発明 歴史を変えたメイド・イン・ジャパンニッポンの大発明 歴史を変えたメイド・イン・ジャパン
日本の発明研究会 (著, 編集)

おすすめ度:stars-3.5
» Amazonで詳しく見る

TOKYO DESIGNERS WEEK 2011、11月1日から開催

  • Posted by: k_style
  • November 1, 2011 00:30
  • Categories:design | events
明治神宮外苑 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:明治神宮外苑]

デザインアソシエーションNPOは、国内最大級のデザインイベント『TOKYO DESIGNERS WEEK 2011 (東京デザイナーズウィーク 2011) 』を2011年11月1日(火)から11月6日(日)まで開催するのでメモしておきます。

同イベントは、今年で26年目を迎え、国内外の企業・デザイナー・大使館・団体、ギャラリーがそれぞれの作品や取り組みを発表します。 明治神宮外苑前広場を中央会場とし、青山を中心とした70以上のSHOPやギャラリー、カフェが参加する「SHOP EXHIBITION」と連動する都市型デザインイベントです。

今年は「LOVE 地球への愛、ヒトへの愛、モノへの愛」をテーマに 、ショーデザイナーに建築家 フロリアン・ブッシュ氏を迎え、デザインだけでなく、現代アート、音楽、ワークショップなど、幅広いクリエイティブを体感できる場として大人から、子どもまで楽しめるイベントとして展開します。

中央会場では、メインコンテンツである「環境」×「デザイン&アート」をテーマにしたエキシビション「環境デザインTENT」のほか、貨物用コンテナを使った空間インスタレーション「コンテナ展」、学校単位で学生達の作品をプレゼンテーション「学生作品展プラス」、フォーラムや表彰式、音楽イベントなどを開催する「TDW DOME」、デザインとアートが融合する「TDW ART」で構成しています。

TOKYO DESIGNERS WEEK 2011
会期:2011年11月1日(火)~11月6日(日)
会場:明治神宮外苑絵画館前[中央会場] (Map)、都内ショップ
時間:11:00~21:00 ※最終日は18:00まで
入場料:当日2,500円

[ 関連するサイト ]
» TOKYO DESIGNERS WEEK 2011

【PR】デザインのビジネスフィールドを広げる 日経デザイン

日本発 21世紀デザイン日本発 21世紀デザイン
日経デザイン (編集)

» Amazonで詳しく見る

DESIGN TIDE TOKYO 2011、10月29日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 31, 2011 00:30
  • Categories:design | events
東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン]

デザインタイド トーキョーは、"思考をトレードする場"とするデザインイベント『DESIGN TIDE TOKYO 2011 (デザインタイド トーキョー 2011)』を東京ミッドタウン・ホールをメイン会場に2011年10月29日(土)から11月3日(木・祝)まで開催しているのでメモしておきます。

今年で7年目を迎える同イベントは、デザイナーの新しいアイデアと作品が、最も高い精度で発表され、国内外のデザイナー、メーカー、バイヤー、ジャーナリストが集まり、新たな機会がうまれるメインエキシビション「TIDE Exhibition」を中核に開催します。

そのほか、実際のプロダクトを手に取り、デザイナー本人から購入することができる出会いのマーケットであり、デザイナーにとっては単なる作品の展示販売ではなく、マーケットリサーチをすることができる「TIDE Market」、招待作家による作品発表でデザインタイド トーキョーからのメッセージのようなショウ「TIDE Focus」、大きなテーブルにのせられた様々な話題を、皆で話し、共有するトークイベント「TIDE Table」、そして、東京都内のショップやギャラリーなどで行われるキシビション「TIDE Extension」で構成されます。

なお、今年のメイン会場の会場構成は、家具や工業製品を手がけるプロダクトデザイナー 中坊壮介氏が手掛けています。

DESIGNTIDE TOKYO 2011 (デザインタイド トーキョー 2011)
会期:2011年10月29日(土)~11月3日(木・祝)
メイン会場:東京ミッドタウン・ホール (Map)
時間:11:00~20:00 ※11/3(木・祝)は17:00まで
入場料:1,500円/1日、3,000円/会期中3日
エクステンション会場:東京都内各所
問い合わせ:Tel.03-6459-2970

[ 関連するサイト ]
» DESIGNTIDE TOKYO 2011

【PR】デザインのビジネスフィールドを広げる 日経デザイン

デザイン・トレンド・ガイド2011デザイン・トレンド・ガイド2011
日経デザイン (編集)

» Amazonで詳しく見る

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011、10月28日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 26, 2011 00:30
  • Categories:design | events
東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン]

東京・六本木の複合施設「東京ミッドタウン」では、2011年10月28日(金)から11月6日(日)まで、デザインイベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011 (東京ミッドタウン デザインタッチ 2011)』を開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

東京ミッドタウンは「デザインの街」を開発コンセプトとし、"デザイン"が私たちの生活をより楽しく、より豊かにするという考え方のもと、「デザインを五感で楽しむ」をマスターコンセプトに、2007年より「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」を開始し、国内外の優れたデザインや、その価値を紹介する「未知なるデザインと出会う場」として、様々なイベントを開催してきました。

日本が大きな転換期を迎えた今年、デザインにできることは何かを考え、素敵なデザインに出会う場を創りだし、子どもから大人までみんながデザインを楽しみ、笑顔になって、日本の未来への力を創造するイベントを目指します。

また、会期中、才能あるデザイナーやアーティストとの出会い・応援を目的としたアート・デザインのコンペティション「Tokyo Midtown Award 2011」の受賞作品発表や、第一線で活躍するクリエイター・アーティスト・デザイナーによる講演、2011年度グッドデザイン賞受賞デザインを展示する「GOOD DESIGN EXHIBITION 2011」等、様々なデザインイベントを実施します。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011
開催期間:2011年10月28日(金)~11月6日(日)
開催場所:東京ミッドタウン内各所 (Map)
問い合わせ:東京ミッドタウン コールセンター Tel.03-3475-3100

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown

【PR】楽天市場でISSEY MIYAKEウォッチの商品を探してみませんか?

佐藤可士和のクリエイティブシンキング佐藤可士和のクリエイティブシンキング
佐藤 可士和 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
永井一史 ggg Books 75(スリージーブックス 世界のグラフィックデザインシリーズ75)永井一史 ggg Books 75(スリージーブックス 世界のグラフィックデザインシリーズ75)
永井 一史 (著)

» Amazonで詳しく見る
美しいデザイン 7人の女性アートディレクター―その視点と考え美しいデザイン 7人の女性アートディレクター―その視点と考え
ペンライト (編集)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
TORAFU ARCHITECTS 2004-2011 トラフ建築設計事務所のアイデアとプロセスTORAFU ARCHITECTS 2004-2011 トラフ建築設計事務所のアイデアとプロセス
トラフ建築設計事務所 (著)

» Amazonで詳しく見る

野田凪展、クリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • October 13, 2011 00:30
  • Categories:art | design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8では、2008年にこの世を去ったクリエイター 野田凪氏のアーカイブを集めた展覧会『野田凪展』が2011年10月18日(火)から11月18日(金)まで開催するのでメモしておきます。

アートディレクター、映像ディレクター、アーティストとして、日本の広告・グラフィックデザインにとどまらず、ファッション、アート、そして海外へと活動の場を広げていた野田凪氏は、かわいらしさと毒を持つ不思議な世界観、作品から伝わる圧倒的なパワー、「見たことのない世界を表現したい」という情熱を持ち、突き進む氏は、常に注目を集める存在でした。そしてその作品は、私たちに鮮烈なインパクトを残し、いまなお生き生きと存在し続けています。

本展では、LAFORET、NIKE、サントリーをはじめとする広告のポスターやCM、YUKI、宇多田ヒカルなどのCDやミュージックビデオ、パッケージ、装丁、プロダクト、ファッション、アートワーク「ハンパンダ」など、氏の手がけた代表的な仕事をまとめて紹介します。

野田凪展
会期:2011年10月18日(火)~11月18日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
開催時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» NAGI NODA
» クリエイションギャラリーG8

野田凪 ggg Books 73(スリージーブックス 世界のグラフィックデザインシリーズ73)野田凪 ggg Books 73(スリージーブックス 世界のグラフィックデザインシリーズ73)
野田 凪 (著)

» Amazonで詳しく見る
NAGI NODA (GAS BOOK)NAGI NODA (GAS BOOK)
野田 凪 (著)

» Amazonで詳しく見る

エビアン、「クレージュ」デザイナーズボトル限定発売

  • Posted by: k_style
  • October 4, 2011 00:30
  • Categories:design
2012「エビアン」デザイナーズボトル (C)Danone Waters of Japan Co., Ltd.


伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは、2011年11月21日(月)より、「クレージュ」デザインによる『2012「エビアン」デザイナーズボトル』を全国で限定発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Danone Waters of Japan Co., Ltd.)

2012年に向けての限定ボトルは、フランスを代表するファッションブランド「クレージュ」とのコラボレーションによるものです。

『2012「エビアン」デザイナーズボトル』は、年齢や国籍にかかわらず健康的かつポジティブなライフスタイル"Live young (若々しく生きる)"を提唱する「エビアン」と、前向きな気持ちで、楽しむことをいつも忘れない「クレージュ」の共通するブランド精神を、エレガントな白と鮮やかなピンクの花で表現しています。

「エビアン」では1992年より限定デザインのボトルを販売しており、毎年多くのファンにプレミアムアイテムとして販売を待ち望まれています。

[ 関連するサイト ]
» デザイナーズボトル | エビアン evian
» courreges

[ 関連するエントリー ]
» 「ISSEY MIYAKE」デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル限定発売 (2010.10.04)
» ポール・スミス氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル発表 (2009.10.07)
» エビアン×ジャンポール・ゴルチエ、オリジナルペットボトル発売 (2008.12.10)
» ゴルチエ氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル限定発売 (2008.10.20)

【PR】楽天市場でevian(エビアン)の商品を探してみませんか?
【PR】楽天市場でcourreges(クレージュ)の商品を探してみませんか?

エビアン ミネラルウォーター 500ml×24本 [正規輸入品]エビアン ミネラルウォーター 500ml×24本 [正規輸入品]
Evian(エビアン)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

ザ・コンランショップ、イベント「CASE STYDY」を展開

  • Posted by: k_style
  • October 3, 2011 23:30
  • Categories:design | events
(C)LmD Co.,Ltd.


ホームファニシングショップ「THE CONRAN SHOP (ザ・コンランショップ)」は、2011年10月6日(木)から11月15日(火)までイベント『CASE STYDY (ケース・スタディ)』を展開するのでメモしておきます。(image©LmD Co.,Ltd.)

世界中で活躍する多くの著名デザイナー、アーティストたちが"CASE"というひとつのテーマに対し、デザインに秘められた可能性を存分に引き出し、今回ザ・コンランショップが行う"CASE STUDY"のためにクリエイションを行いました。

海外デザイナーによる1点もののエディションピースをはじめ、 ザ・コンランショップ限定となるEXCLUSIVEアイテムや、セレクトによる優れたデザインのCASEを揃え、一堂に展示、販売を行います。

彼らが発信する「美しさ」「驚き」「アート」「楽しさ」といった要素はもちろん、カッティングエッジで斬新なアイディアが詰まった『CASE STYDY』は、ザ・コンランショップ全店舗(※ウェアハウスは除く)及びオンラインショップにて展開します。

CASE STYDY (ケース・スタディ)
会期:2011年10月6日(木)~11月15日(火)
開催店舗:ザ・コンランショップ新宿本店、丸の内店、名古屋店、大阪店、福岡店、及びオンラインショップ

[ 関連するサイト ]
» ザ・コンランショップ

Terence Conran on design―テレンス・コンランデザインを語るTerence Conran on design―テレンス・コンランデザインを語る
テレンス・コンラン (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
テレンス・コンラン住まいのデザイン全書テレンス・コンラン住まいのデザイン全書
テレンス コンラン (著), Terence Conran (原著), 坂本 響子 (翻訳), 近藤 修 (翻訳), 小林 理子 (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
テレンス・コンラン究極の住デザインテレンス・コンラン究極の住デザイン
Terence Conran (原著), 野沢 佳織 (翻訳), 神崎 康子 (翻訳), 岡田 英夫 (翻訳), 近藤 修 (翻訳), 遠藤 裕子 (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

「GOOD DESIGN EXHIBITION 2011 -適正-」展、デザインハブで開催

  • Posted by: k_style
  • September 30, 2011 00:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、『第30回企画展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2011 -適正-」』が2011年10月3日(月)から11月13日(日)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

デザインは、豊かさへの「適正」な解を見出す力として、「適正」が主題となった今年度のグッドデザイン賞では、私たちのくらしや産業、社会をより豊かなものへ導くデザインが幅広いジャンルから選ばれています。

本展では審査委員会から特に多くの支持を集めた商品や建築、プロジェクトなど、約70点を現物やパネル展示で紹介します。また、10月28日(金)から11月6日(日)まで「2011年度グッドデザイン大賞」の投票を受け付けるほか、大賞候補のデザイナーによるプレゼンテーションも開催します。

第30回企画展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2011 -適正-」
会期:2011年10月3日(月)~11月13日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00/休館日:10月12日(水)
問い合わせ:Tel.03-6743-3777

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB

GOOD DESIGN AWARD〈2010〉GOOD DESIGN AWARD〈2010〉
日本産業デザイン振興会

» Amazonで詳しく見る

カップヌードルミュージアム、2011年9月17日グランドオープン

  • Posted by: k_style
  • September 12, 2011 23:30
  • Categories:design | news
カップヌードルミュージアム (C)NISSIN FOODS HOLDINGS CO.,LTD.


日清食品ホールディングスは、財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団と協力し、横浜みなとみらい地区に『カップヌードル ミュージアム』(正式名称:安藤百福発明記念館)を2011年9月17日(土)にグランドオープンするのでメモしておきます。(プレスリリース/image©NISSIN FOODS HOLDINGS CO.,LTD.)

『カップヌードル ミュージアム』は、インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示や体験工房など通じて、発明・発見の大切さやベンチャーマインドについて楽しみながら学べる体験型食育施設です。

同施設は、日清食品の創業者で、インスタントラーメンの発明者である安藤百福 (あんどう ももふく)が抱いていた「子供たちに発明・発見の大切さを伝えたい」との思いを具現化する場として展開するもので、同社としては大阪府池田市の「インスタントラーメン発明記念館」(1999年11月オープン)に続く施設となります。

施設の構成は、「インスタントラーメン ヒストリーキューブ」「安藤百福シアター」「発明小屋」「クリエイティブシンキング ボックス」「安藤百福ヒストリー」「チキンラーメン手作り体験工房」「マイカップヌードル ファクトリー」「カップヌードル パーク」「ワールド 麺ロード」「ミュージアムショップ」など。

同施設のクリエイティブディレクションは、アートディレクター 佐藤可士和氏が担当し、「創造的思考=クリエイティブシンキング」をコンセプトに建物やロゴマークのデザインから、各展示のコンセプトワークに至るまで、同氏が総合的なプロデュースを手がけます。

カップヌードル ミュージアム (正式名称:安藤百福発明記念館)
所在地:神奈川県横浜市中区新港2-3-4 (Map)
開館時間:10:00~18:00/定休日:火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
入場料:大人500円
問い合わせ:Tel.03-5766-1094

[ 関連するサイト ]
» カップヌードル ミュージアム
» KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和

魔法のラーメン発明物語―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)魔法のラーメン発明物語―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
安藤 百福 (著)

おすすめ度:stars-3.5
» Amazonで詳しく見る
佐藤可士和のクリエイティブシンキング佐藤可士和のクリエイティブシンキング
佐藤 可士和 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

2011 ADC展、gggとクリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • July 12, 2011 23:30
  • Categories:design
2011 ADC展 (C)Tokyo Art Directors Club


東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)とクリエイションギャラリーG8では、広告・デザイン界で最も注目されているイベントのひとつ『2011 ADC展』が2011年7月4日(月)から7月28日(木)まで開催されているのでメモしておきます。(image©Tokyo Art Directors Club)

2010年5月から2011年4月までの1年間に発表されたポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、ディスプレイ、テレビコマーシャルなど多様なジャンルからの約8,500点の応募作品の中から、76名のADC会員によって厳正な審査が行なわれ、広告、グラフィック作品の最高峰ともいえるADC賞が選ばれました。

ADC(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は、1952年の創立以来、日本の広告・デザインを牽引する活動を続けており、ADC賞は、その年の日本の広告・デザイン界の最も名誉あるものの一つとして注目を集めるものです。

本展では、この審査会で選出された受賞作品、優秀作品を、11月末の『ADC年鑑』(美術出版社刊)刊行に先駆け、ggg[会員作品]、G8[一般作品]の2つの会場で紹介します。また、会期中にADC受賞者とその制作スタッフを招いて、ギャラリートークも開催する予定です。

2011 ADC展 [会員作品]
会期:2011年7月4日(月)~7月28日(木)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (Map)
時間:11:00~19:00 ※土曜日は18:00まで/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206
2011 ADC展 [一般作品]
期間:2011年7月4日(月)~7月28日(木)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Art Directors Club
» ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
» クリエイションギャラリーG8

ADC年鑑2010 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2010ADC年鑑2010 TOKYO ART DIRECTORS CLUB ANNUAL 2010
東京アートディレクターズクラブ (編集)

» Amazonで詳しく見る

JAGDA新人賞展2011、クリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • June 7, 2011 00:30
  • Categories:design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8では、『JAGDA新人賞展2011 大黒大悟・高田唯・天宅正』が2011年5月31日(火)から7月1日(金)まで開催しているのでメモしておきます。

1978年に発足した社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、現在、会員数約2,800名を誇る日本最大規模のデザイン団体として、展覧会やセミナーの開催、会員作品集『Graphic Design in Japan』やデザイン教科書『VISUAL DESIGN』の出版など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。

また、毎年、『Graphic Design in Japan』出品者の中から、39歳以下の新鮮かつ作品の質の高いデザイナーに「JAGDA新人賞」を贈っています。この賞は第1回の葛西薫、サイトウマコトをはじめ、原研哉、大貫卓也、佐藤卓、渡邉良重、永井一史、佐藤可士和、服部一成、水野学、森本千絵、菊地敦己など、いまや第一線で活躍する86名のデザイナーを輩出し、デザイン・広告関係者の注目を集めています。

29回目となる今回は、新人賞対象者233名の中から厳正な選考の結果、大黒大悟・高田唯・天宅正の3名が選ばれました。本展では、3名の受賞作品および近作を、ポスター・小型グラフィックを中心に紹介しています。

JAGDA新人賞展2011 大黒大悟・高田唯・天宅正
会期:2011年5月31日(火)~7月1日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
開催時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» 社団法人日本グラフィックデザイナー協会
» クリエイションギャラリーG8

GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2010GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2010
社団法人日本グラフィックデザイナー協会 (著)

» Amazonで詳しく見る

日本のデザイン2011、東京ミッドタウン・デザインバブで開催

  • Posted by: k_style
  • May 23, 2011 23:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、『第27回企画展「日本のデザイン2011」』が2011年4月22日(金)から6月5日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

「日本のデザイン」展は、現在の日本のデザインに注目するとともにその未来を探る展覧会として昨年スタートし、「東京ミッドタウン・デザインハブ」を構成する三つのデザイン関連機関(財団法人日本産業デザイン振興会/社団法人日本グラフィックデザイナー協会/九州大学・芸術工学東京サイト)の合同企画として年に一度開催しています。

2回目となる本展では、様々な分野で活躍される3人のデザイナーによる旅の模様を展示します。風土を活かしたデザインで地域のブランドを元気にさせるデザイナー 梅原真氏は新たな出会いを求めて秋田県秋田市へ。数々のTVCM・広告等のアートディレクションで知られる森本千絵氏は自分のルーツを探りに兵庫県篠山市へ。腕時計からsuicaの改札機、ロボットの開発まで工学とデザインを結びつけるプロダクトデザイナー 山中俊治氏は世界一美しいロケット発射場との再会を果たしに鹿児島県種子島へ、それぞれ旅に出かけました。

デザイナー独特の視点で、改めてその土地の良さを見つめ直すことで、あたらしい価値がデザインされていく、その過程を「写真」と「ことば」で編集し、それぞれの土地で出会った実際の「モノ」なども加えて展示します。

第27回企画展「日本のデザイン2011」
-Re:SCOVER NIPPON DESIGN デザイナーが旅する日本。

会期:2011年4月22日(金)~6月5日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-6743-3776

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB

ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景
梅原 真 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
うたう作品集―MORIMOTO CHIE Works 1999‐2010うたう作品集―MORIMOTO CHIE Works 1999‐2010
森本 千絵 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
デザインの骨格デザインの骨格
山中 俊治 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

メゾンエルメス:パラレル・ファクトリー - パラモデル

メゾンエルメス photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:メゾンエルメス]

東京・銀座のメゾンエルメスでは、2011年1月27日(木)から3月15日(火)までパラモデルによるウィンドウディスプレイ『パラレル・ファクトリー』が展示されているのでメモしておきます。

東大阪出身の2人組アーティスト パラモデルによって、昔ながらの職人工房と、その近現代的で機械的な変形態である町工場。仮想の工房に見立てたウインドウの中で、重厚な町工場の道具や機器群が通奏低音、優美なエルメスの製品が主旋律を奏でることで、二つの流れが掛け合わさり、職人の手仕事の結晶であるエルメスの商品が、まるで工場の一部のようにちりばめられています。

パラモデルは、林泰彦氏と中野裕介氏の2人から成るユニットで、得意領域や趣向の異なるパラレル (parallel])な2人が、「パラモデル (paramodel):世界や心のいろいろな部分から組み立てる、詩的な模型/設計図」というコンセプトを核に共存、互いの視差 (parallax)と関係性を生かし、2人による「模型遊び」という要素をベースに、多様な形式で作品を制作しています。

メゾンエルメス:パラレル・ファクトリー - パラモデル
展示期間:2011年1月27日(木)~3月15日(火)
場所:メゾンエルメス 1階 ウィドウディスプレイ (Map)
問い合わせ:Tel.03-3569-3300

[ 関連するサイト ]
» Hermes
» paramodel (mori yu gallery)

【PR】楽天市場でHERMES(エルメス)の商品を探してみませんか?

Paramodel (パラモデル)Paramodel (パラモデル)
Paramodel (パラモデル) (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

亀倉雄策賞の作家たち 1999-2010、クリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • February 22, 2011 00:30
  • Categories:design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8では、『亀倉雄策賞の作家たち 1999-2010』が2011年2月22日(火)から3月25日(金)まで開催しているのでメモしておきます。

戦後日本のグラフィックデザインの礎を築き、東京オリンピックポスターをはじめ数々の名作を残した故・亀倉雄策氏(1915~1997)の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として1999年に「亀倉雄策賞」が設立されました。

本展は、歴代の受賞作家の作品を一望する初めての展覧会で、第1回から第12回(2010年)までの「亀倉雄策賞」の11名の受賞作と近作、そして「亀倉雄策国際賞」の海外作家4名の作品を紹介します。

会期中、3月4日(金)には勝井三雄氏、佐藤可士和氏、佐藤卓氏、仲條正義氏によるトークショー、3月11日(金)には浅葉克己氏、永井一正氏、服部一成氏、原研哉氏によるトークショーが開催されます。(要予約)

亀倉雄策賞の作家たち 1999-2010
会期:2011年2月22日(火)~3月25日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
開催時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» クリエイションギャラリーG8

亀倉雄策のデザイン亀倉雄策のデザイン
亀倉 雄策 (著), 小川 正隆 (編集), 永井 一正 (編集), 田中 一光 (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
亀倉雄策 YUSAKUKAMEKURA 1915-1997 ggg Books 別冊4亀倉雄策 YUSAKUKAMEKURA 1915-1997 ggg Books 別冊4
亀倉 雄策 (著), 川畑 直道 (編集)

» Amazonで詳しく見る

20世紀のポスター「タイポグラフィ」展、東京都庭園美術館で開催

  • Posted by: k_style
  • February 8, 2011 00:30
  • Categories:art | design
東京都庭園美術館 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京都庭園美術館]

東京・白金台の東京都庭園美術館では、『20世紀のポスター「タイポグラフィ」-デザインのちから・文字のちから-』が2011年1月29日(土)から3月27日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

本展では、文字を用いたデザイン=タイポグラフィに焦点を当て、20世紀を代表するポスター作品約110点を紹介します。展示は4部で構成され、「第1部:読む文字から見る文字へ:タイポグラフィの革新 (1900~30年代)」「第2部:タイポグラフィの国際化:モダンデザインの展開と商業広告の拡大 (1940~50年代)」「第3部:躍動する文字と図像:大衆社会とタイポグラフィの連結 (1960~70年代)」「第4部:電子時代のタイポグラフィ:ポストモダンとDTP革命 (1980~90年代)」となっています。

画像と文字を重ね合わせて躍動感あふれる画面を作り出したマックス・フーバー氏、水平・垂直に画面を分割して文字や画像の配置を決める「グリッドシステム」を積極的に実践したヨーゼフ・ミュラー=ブロックマン氏、ウィットに富んだ明るいデザインの中に辛口の批評を織り交ぜる英国デザイン界の巨匠アラン・フレッチャー氏のほか、戦後日本のデザイン界をけん引した亀倉雄策氏、西欧のタイポグラフィの思想を日本に紹介した原弘氏、文字の神秘的な力を意識して作品を作った杉浦康平氏など、西欧のポスター作品にはない、独自の魅力にあふれた作品も展示します。

会期中、トークショー「タイポグラフィと私 (仮称)」、ギャラリートーク、ワークショップなどが開催されます。

20世紀のポスター「タイポグラフィ」-デザインのちから・文字のちから-
会期:2011年1月29日(土)~3月27日(日)
会場:東京都庭園美術館 (Map)
時間:10:00~18:00/休館日:第2・4水曜日/入館料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3443-0201

[ 関連するサイト ]
» 東京都庭園美術館

タイポグラフィの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-タイポグラフィの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-
大崎 善治 (著)

» Amazonで詳しく見る
タイポグラフィタイポグラフィ
デザインの現場編集部 (編集)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

倉俣史朗とエットレ・ソットサス展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • January 28, 2011 00:30
  • Categories:art | design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21_DESIGN SIGHT」では、企画展『「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展』を2011年2月2日(水)から5月8日(日)まで開催するのでメモしておきます。

本展では、倉俣史朗氏の1981年から10年間の透明感に溢れた希少な作品約60点と、エットレ・ソットサス氏が最晩年に残した、多くの作家を触発したネイティブ・アメリカンのオブジェ「カチナ」が主題のドローイングをもとに、新たに制作された世界初公開作品20点を紹介します。

また、期間中には建築家 磯崎新氏らによる特別シンポジウムなどが開催される予定です。

日本を代表するデザイナー 倉俣史朗氏 (1934~1991)と、イタリアデザイン界の巨匠 エットレ・ソットサス氏 (1917~2007)の交流は、1981年、デザイン界に衝撃を与えた「メンフィス」(※)プロジェクトをきっかけに始まりました。モダニズムに息苦しさを感じていた二人は、ソットサス氏は西欧的イデオロギーを背景に、倉俣氏は日本的感性をもって、デザインという言語で語り合い、夢を見、美を探求し、友情を育みながら、創造の可能性を探り続けました。表現の異なる二人ですが、ともに、機能性や利便性を超えて、生活に喜びと驚きをもたらすデザインを求めました。

※「メンフィス」は、戦後の高度経済成長が一息ついた1980年、エットレ・ソットサス氏を中心に若手デザイナーや建築家によって結成されたデザイングループで、1981年に第1回「メンフィス」展を開催、センセーションを呼び、その後80年代の建築・デザインに多大な影響を及ぼしました。主なメンバーはミケーレ・デ・ルッキ氏、マッテオ・テュン氏、マルコ・ザニーニ氏、日本からは梅田正徳氏、倉俣史朗氏が参加しました。

企画展「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展
会期:2011年2月2日(水)~5月8日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:11/30(火)、12/14(火)
入館料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

倉俣史朗とエットレ・ソットサス倉俣史朗とエットレ・ソットサス

» Amazonで詳しく見る

「REALITY LAB-再生・再創造」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • November 18, 2010 00:30
  • Categories:art | design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21_DESIGN SIGHT」では、三宅一生氏を展覧会ディレクターとして、『「REALITY LAB-再生・再創造」展』を2010年11月16日(火)から12月26日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

本展は、デザインの仕事を「発想を現実化し、使い手のもとに届けるまでの積極的な試み、すなわち『REALITY LAB(リアリティ・ラボ)』」ととらえる三宅一生氏の視点から、生命力溢れる「創造の可能性」を探る企画展です。

1970年代より産地や各地の工場を訪ね、活気ある現場との関係を築きながら、着る人々に喜びをもたらす衣服づくりを実現してきた三宅氏がリサーチを進めるなかで出会い、考えを語りあってきたデザイナーやアーティスト、科学者や企業による作品とともに、ものづくりの未来に向けたメッセージを新たに提示するものです。 未来を見据え、現実化していくデザインのあり方や可能性について、分野を超えて共に考えていきます。

なお、会期中には、三宅一生氏、浅葉克己氏、松井孝典氏によるスペシャルトーク、伊勢谷友介氏によるトークなどの関連プログラムのほか、「コ・フェスタPAO」の特別プログラムが実施されます。

企画展「REALITY LAB-再生・再創造」展
会期:2010年11月16日(火)~12月26日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:11/30(火)、12/14(火)
入館料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

【PR】楽天市場でISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)の商品を探してみませんか?
【PR】ISSEY MIYAKE(watch)公式通販【ZOZOTOWN】

三宅一生の発想と展開三宅一生の発想と展開
三宅 一生 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

Continue reading

ダイソン「エアマルチプライアー」、2010年度グッドデザイン大賞

  • Posted by: k_style
  • November 10, 2010 23:30
  • Categories:design
AM01 (C)dyson


日本産業デザイン振興会は、ダイソンの『エアマルチプライヤー』を2010年度グッドデザイン大賞に決定したことを発表したのでメモしておきます。(image©dyson)

『エアマルチプライヤー』は、従来の扇風機と異なり、ダイソン独自のAir Multiplier™ (エアマルチプライアー)テクノロジーが空気を取り込み、最大18倍の風量を生み出します。また、従来の扇風機のような羽根がないため、断片的で不快な風ではなく、スムーズな風を生み出し、さらに安全に使用でき、手入れも簡単であるとしています。

審査委員は、「まず第一に、世界一安全な扇風機を開発したこと。毎年、世界中で扇風機に幼児が指を入れたりして事故が発生している。この扇風機では、まずその安全性を評価したい。羽根がないことにより、掃除が簡単であったり重心バランスが下部にあることで、安定性も抜群である。 ある意味、扇風機の「革命」ともいえる大胆で斬新な発想は、現代のエンジニアやデザイナーに刺激を与えてくれている。」と評価しています。

[ 関連するサイト ]
» Good Design Award
» Dyson|ダイソン

【PR】楽天市場でDyson(ダイソン)の商品を探してみませんか?

dyson エアーマルチプライヤー AM01エアーマルチプライヤー25cm ホワイト AM01 25 WSdyson エアーマルチプライヤー AM01エアーマルチプライヤー25cm ホワイト AM01 25 WS
Dyson (ダイソン)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
ジャパンデザイン/グッドデザインアワード・イヤーブック〈2009‐2010〉ジャパンデザイン/グッドデザインアワード・イヤーブック〈2009‐2010〉

» Amazonで詳しく見る

DESIGNTIDE TOKYO 2010、10月30日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 29, 2010 00:30
  • Categories:design | events
東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン]

デザインタイド実行委員会は、今回で6年目を迎える『DESIGNTIDE TOKYO 2010 (デザインタイド トーキョー 2010)』を東京ミッドタウン・ホールをメイン会場に2009年10月31日(土)から11月3日(水・祝)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

『DESIGNTIDE TOKYO』は、デザインに焦点を当て、幅広い領域で社会と真剣に向き合いものづくりを続ける作家と、その姿勢から生まれる発想と作品を発表するトレード・ショウであり、東京から世界に向けて発信するためのエキシビションとしての側面も併せ持っています。

デザインタイドの中核で、厳選されたデザイナーの新しい創作とアイデアが発表され、国内外のメーカー、バイヤー、ジャーナリストが注目するメインエキシビション「TIDE Exhibition」、デザイナーが自ら商品を展示・販売しマーケットリサーチができる場である「TIDE Market」、東京都内のショップやギャラリーなどで行われるキシビション「TIDE Extension」で構成されます。

メイン会場の会場構成・デザインは、建築家 中村竜治氏が手掛け、テーマは「がらんとした部屋」としています。また、同会場のために、デザイナー 津村耕佑氏や建築家 永山祐子氏らによる新しいカーペットが作られます。さらに、インフォメーションプレイスは、アーティスト 鈴木康広氏が手掛け、東京ミッドタウンプラザ1階に各イベントの情報が分かるスペースを設けています。

DESIGNTIDE TOKYO 2010
会期:2010年10月30日(土)~11月3日(水・祝)
メイン会場:東京ミッドタウン・ホール (Map)
エクステンション会場:都内各ショップ、ギャラリーなど
メイン会場時間:11:00~21:00 ※最終日は17:00まで
入場料:1,000円

[ 関連するサイト ]
» DESIGNTIDE TOKYO 2010
» 中村竜治建築設計事務所

【PR】デザインのビジネスフィールドを広げる 日経デザイン

デザイン・トレンド・ガイド2011デザイン・トレンド・ガイド2011
日経デザイン (編集)

» Amazonで詳しく見る
XKHOME特別編集12 新世代建築家デザイナーXKHOME特別編集12 新世代建築家デザイナー

» Amazonで詳しく見る

TOKYO DESIGNERS WEEK 2010、10月29日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 28, 2010 23:30
  • Categories:design | events
明治神宮外苑 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:明治神宮外苑]

NPO法人 デザインアソシエーションは、国内最大級のデザインイベント『TOKYO DESIGNERS WEEK 2010 (東京デザイナーズウィーク 2010) くらしと環境のデザイン展』を2010年10月29日(金)から11月3日(水・祝)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

『TOKYO DESIGNERS WEEK』は、1986年にスタートし、今年25年目を迎えるデザイン&アートイベントで、東京の街を舞台に、建築やインテリア、プロダクト、グラフィック、ファッションなど、優れた生活デザインが世界中から集まり、企業や団体、大使館、学校、デザイナーが参加します。明治神宮外苑絵画館前に中央会場を設け、期間中およそ100か所の東京デザインスポットに、延べ60万人を動員する集合エキジビションです。

今年のテーマは、「環境」×「デザイン」として、私たちの考える「環境」は、地球温暖化といった自然環境だけでなく、身の回りの「生活環境」や自分自身の「カラダの環境」、 生活を豊かに過ごすための「ココロの環境」などを総称し、「くらしの環境」と位置づけています。

中央会場では、企業やデザイナーが環境×デザインの取組みを発信する「環境デザインTENT」、貨物用コンテナを再利用した空間エキシビション「コンテナ展」、10回目を迎える次代のデザイン業界をつくる「学生作品展」、直径30mのドーム型の多目的イベント空間「TDWドーム」、国際カンファレンス「クールジャパン」、自転車の試乗会やパフォーマンスや上映会を行う「BYCYCLE EXHIBITION」などのほか、都内・青山を中心に約120店舗のショップやギャラリー、カフェと連動するストリートイベントが開催されます。

TOKYO DESIGNERS WEEK 2010 くらしと環境のデザイン展
中央会場会期:2010年10月29日(金)~11月3日(水・祝)
会場:明治神宮外苑絵画館前 (Map)、都内全域ショップ
時間:11:00~22:00 ※最終日は18:00まで
入場料:当日2,000円
問い合わせ:NPO法人デザインアソシエーション Tel.03-3470-7699

[ 関連するサイト ]
» TOKYO DESIGNERS WEEK 2010

【PR】デザインのビジネスフィールドを広げる 日経デザイン

デザイン・トレンド・ガイド2011デザイン・トレンド・ガイド2011
日経デザイン (編集)

» Amazonで詳しく見る

パッケージ幸福論2010、ギャラリー5610で開催

  • Posted by: k_style
  • October 20, 2010 00:30
  • Categories:design
Gallery 5610 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:Gallery 5610]

東京・南青山のギャラリー5610では、中島信也氏ディレクションの創作展『パッケージ幸福論2010』が2010年10月18日(月)から2010年10月31日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

本展は、展示ディレクターである中島信也氏からの問い「みんなの幸福のためにパッケージができることはないのですか?」に対して、資生堂やコーセー、ソニー、サントリーなどの企業で働くデザイナーが3人一組になって、「これからの社会におけるデザインの意味は?クリエイティブの価値は?」と悩みながら6組18人のデザイナーの答えが作品として提示されています。

参加デザイナー(敬称略)は、赤井尚子(コーセー)、石浦弘幸(サントリー)、石田清志(アンダーライングラフィック)、井上大器(ソニー)、大上一重(鹿目デザイン事務所)、小野太士(ポーラ化成工業)、籠谷隆(大日本印刷)、木村雅彦(GKグラフィックス)、近藤香織(資生堂)、近藤真弓(GKグラフィックス)、杉山ユキ(博報堂)、田中健一(コーセー)、長崎佑香(資生堂)、廣瀬賢一(ソニー)、松井孝(ポーラ化成工業)、松田澄子(中塚広告事務所)、山崎茂(コーセー)、湯本逸郎(花王)。

パッケージ幸福論2010
会期:2010年10月18日(月)~2010年10月31日(日)
会場:Gallery 5610 (東京都港区南青山5-6-10・Map)
時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-3407-5610

[ 関連するサイト ]
» ギャラリー5610

中島信也 (世界のグラフィックデザイン)中島信也 (世界のグラフィックデザイン)
中島 信也 (著)

» Amazonで詳しく見る
あのCMの絵コンテ―中島信也CMコンテ集 (広告批評の別冊 12)あのCMの絵コンテ―中島信也CMコンテ集 (広告批評の別冊 12)
中島 信也 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

吉岡徳仁氏デザインiida携帯電話「X-RAY」発表

  • Posted by: k_style
  • October 19, 2010 23:30
  • Categories:design | gadget
X-RAY (C)KDDI CORPORATION

KDDI、沖縄セルラーは、デザイナー 吉岡徳仁氏による初のiidaブランドの携帯電話端末『X-RAY』を2010年11月中旬より発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KDDI CORPORATION)

『X-RAY』のデザインコンセプトは、「透明なかたち」として、携帯電話のデザインに新鮮で、新しい切り口を見出したい、という想いから生まれました。透明ケース越しにかすかに見えるプリント基板や集積回路といった電子部品、それらの形や色、配置にいたるまで、内部の構造までもデザインしています。さらに、材料メーカーとガラス繊維メーカーが共同開発した新素材「タフロンネオαシリーズ」を使用し、美しい透明度と深い質感を実現しました。

メインディスプレイは約3.0インチ、フルワイドVGサイズのTFT液晶を搭載し、待受画像やメニュー画面、デジタル時計などのグラフィックは、吉岡氏がディレクション、GROOVISIONSが手がけ、着信音やアラーム音などのサウンドはKUJUN氏が制作しています。背面部には『X-RAY』のために開発された7×102ドットマトリクスLEDサブディスプレーを搭載し、時刻や着信情報などが表示されます。

『X-RAY』用のLIFE STYLE PRODUCTSとして、アクリル樹脂を職人の手仕事によって磨き上げた携帯電話スタンド「X-RAY SOLID STAND」が30台限定でiidaのウェブサイトのみで販売されます。

「iida」は、「innovation」、「imagination」、「design」、「art」の頭文字を取ったものであり、その理念と意思を、多くのデザイナーやクリエーターとのコラボレーションで具現化するとしています。また、携帯電話だけにとどまらず、「携帯電話の周辺に広がる様々なアイテム」を提供するライフスタイル・ブランドを目指しています。

[ 関連するサイト ]
» iida
» au直営ブランドガーデン

Tokujin YoshiokaTokujin Yoshioka
Tokujin Yoshioka (著) , Kazuo Hashiba (著)

» Amazonで詳しく見る
みえないかたち ~感覚をデザインするみえないかたち ~感覚をデザインする
吉岡 徳仁 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

「ISSEY MIYAKE」デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル限定発売

  • Posted by: k_style
  • October 4, 2010 23:30
  • Categories:design
2011「エビアン」デザイナーズボトル (C)Danone Waters of Japan Co., Ltd.


伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは、「ISSEY MIYAKE」デザインによる『2011「エビアン」デザイナーズボトル』(750ml)を、2010年11月22日に限定発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Danone Waters of Japan Co., Ltd.)

『2011「エビアン」デザイナーズボトル』は、花をモチーフにし、「ISSEY MIYAKE」のオリジナル商品である「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のイメージを受け継いで、クリスマス、そして新年を迎える時期に向け、楽しくカラフルで幸福を感じさせるデザインとなっています。

また、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」青山店、六本木店、「ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE」(大阪)の3店舗では、12月初旬から『2011「エビアン」デザイナーズボトル』スペ シャル・ディスプレイを展開します。

[ 関連するサイト ]
» デザイナーズボトル | エビアン evian
» ISSEY MIYAKE INC.
» MIYAKE DESIGN STUDIO

[ 関連するエントリー ]
» ポール・スミス氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル発表 (2009.10.07)
» エビアン×ジャンポール・ゴルチエ、オリジナルペットボトル発売 (2008.12.10)
» ゴルチエ氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル限定発売 (2008.10.20)

【PR】楽天市場でevian(エビアン)の商品を探してみませんか?

(お徳用ボックス) エビアン ミネラルウォーター ペットボトル 1.5L×12本(お徳用ボックス) エビアン ミネラルウォーター ペットボトル 1.5L×12本
エビアン

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

アジア-パシフィックの自転車生活デザイン展、デザインハブで開催

  • Posted by: k_style
  • August 3, 2010 23:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、『第23回企画展「PACIFIC PEDAL LIFE DESIGN」アジア-パシフィックの自転車生活デザイン展』が2010年7月29日(木)から8月27日(金)まで開催するのでメモしておきます。

本展は、クリーンな移動手段でありカルチャーでありアジアの産業でもある自転車に注目し、さまざまな自転車を「働く」「遊ぶ」「走る」「食べる」「考える」の5つの動詞から考え、実車と映像を交えて紹介します。

約8,000万台のクルマを保有する、自動車大国日本。しかし同時に、約8600万台(1.5人に1台)の自転車をもつ日本は、世界第一位の自転車大国でもあります。未来の都市と自転車と生活のデザインの可能性、サステナブルな世界をめざして、自転車とともにある理想の都市生活を提示します。

第23回企画展「PACIFIC PEDAL LIFE DESIGN」
アジア-パシフィックの自転車生活デザイン展

会期:2010年7月29日(木)~8月27日(金)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-6743-3776

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB

自転車人 20 (別冊山と溪谷)自転車人 20 (別冊山と溪谷)

» Amazonで詳しく見る
自転車生活 27自転車生活 27

» Amazonで詳しく見る

佐藤雅彦氏ディレクションの企画展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • July 16, 2010 00:30
  • Categories:art | design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21_DESIGN SIGHT」では、表現研究者である佐藤雅彦氏によるディレクションで『"これも自分と認めざるをえない"展』が2010年7月16日(金)から11月3日(水・祝)まで開催するのでメモしておきます。

展覧会ディレクターの佐藤雅彦氏は、NHK教育番組「ピタゴラスイッチ」やアート作品「計算の庭」に代表されるように、複雑な概念も新しい表現方法によって本質をシンプルに浮かび上がらせ、親しみやすい形に昇華させてきました。

本展では、「自分」を形づくる要素を探る、インタラクティブな映像や最先端のテクノロジーを駆使した新作を中心に紹介します。国内外の作家による芸術表現と科学技術が交差する体験型の作品の数々を通して、自分自身の認めざるをえない「属性」を発見する機会をつくります。

なお、会期中、佐藤雅彦氏によるオープニングトークや企画担当者によるギャラリーツアーが開催される予定です。

企画展 佐藤雅彦ディレクション「"これも自分と認めざるをえない"展」
会期:2010年7月16日(金)~11月3日(水・祝)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:火曜日 ※11/2(火)は開館
入館料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT
» MASAHIKO SATO | TOPICS

[雑誌] 美術手帖 2010年 10月号[雑誌] 美術手帖 2010年 10月号

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
毎月新聞 (中公文庫)毎月新聞 (中公文庫)
佐藤 雅彦 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
佐藤雅彦 ggg Books 71佐藤雅彦 ggg Books 71
佐藤 雅彦 (編集), 古別府 泰子 (編集), 内野 真澄 (編集)

» Amazonで詳しく見る
佐藤雅彦全仕事佐藤雅彦全仕事
佐藤 雅彦 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

Continue reading

2010 ADC展、クリエイションギャラリーG8とgggで開催

  • Posted by: k_style
  • July 1, 2010 23:30
  • Categories:design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8とギンザ・グラフィック・ギャラリーでは、広告・デザイン界で注目されているイベントのひとつ『2010 ADC展』が2010年7月5日(月)から開催されるのでメモしておきます。

今年度も、2009年5月から2010年4月までの一年間に国内で発表、使用、掲載された約10,000点の応募があり、ADC会員の4日間にわたる厳正な審査により、受賞作品と年鑑収録作品が選出されました。

本展では、ここで選び抜かれたテレビコマーシャル、ポスター、新聞広告からエディトリアル、サイン、マークまで、入賞作品および賞候補作品100点前後を、11月末の「ADC年鑑」(美術出版社)刊行に先駆け展示します。

なお、会期中にはトークショーが行われ、受賞者とその制作スタッフを招いて、制作にまつわるエピソード等を紹介します。

2010 ADC展 [一般作品]
期間:2010年7月5日(月)~7月30日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918
2010 ADC展 [会員作品]
期間:2010年7月5日(月)~7月29日(木)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (Map)
時間:11:00~19:00 ※土曜日は18:00まで/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Art Directors Club
» クリエイションギャラリーG8
» ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ADC年鑑2009ADC年鑑2009
東京アートディレクターズクラブ (著)

» Amazonで詳しく見る
ADC年鑑2008ADC年鑑2008
東京アートディレクターズクラブ (著)

» Amazonで詳しく見る
アートディレクションの可能性―ADC大学2007アートディレクションの可能性―ADC大学2007
東京アートディレクターズクラブ (編集)

» Amazonで詳しく見る

企画展「日本のグラフィックデザイン2010」、デザインハブで開催

  • Posted by: k_style
  • June 25, 2010 00:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、『第22回企画展「日本のグラフィックデザイン2010」』を2010年6月18日(金)から7月25日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

アジア最大級のデザイン団体である日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が毎年発行しているデザイン年鑑「Graphic Design in Japan」の2010年版の発行を記念して、掲載作品の中から身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、広告、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、約300点を実物と映像で展示します。

また会期中、「JAGDA賞2010」を受賞したクリエイターを迎えてトークショウも行われます。(要事前申し込み・参加費1,000円)

[ 受賞者によるトークショウ ]
» 6月25日(金) 19:30-21:00  浅葉克己 (浅葉克己デザイン事務所)
» 7月1日(木) 19:00-20:30 仲條正義 (仲條デザイン事務所)
» 7月15日(木) 19:00-20:30 植原亮輔・渡邉良重 (ドラフト)
» 7月22日(木) 19:00-20:30 澁谷克彦 (資生堂)

第22回企画展「日本のグラフィックデザイン2010」
会期:2010年6月18日(金)~7月25日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-3793-7210

[ 関連するサイト ]
» 日本グラフィックデザイナー協会
» DESIGN HUB

GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2010GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2010

» Amazonで詳しく見る

モレスキン、スケッチ集「The Hand of the Designer」発売

  • Posted by: k_style
  • June 21, 2010 23:30
  • Categories:design
The Hand of the Designer (C)Moleskine S.r.l


モレスキンは、世界各国150人のデザイナーからFAIへ寄付された462点のオリジナルスケッチから成る『The Hand of the Designer』を2010年7月上旬より発売するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©Moleskine S.r.l)

昨年、イタリア各地に残る歴史的建造物や自然、芸術を護る活動を行っているイタリア環境基金(FAI)とモレスキンによる最初のプロジェクトとして、世界中の建築家が描いた貴重なスケッチやドローイングを展示し、その後オークションにかけ、収益をFAIに寄付することで修繕費用に充てました。さらに、そのスケッチをまとめた「The Hand of the Architect」が限定販売されました。

「The Hand of the Architect」に続くプロジェクトである『The Hand of the Designer』は、ロナン&エルワン・ブルレック、マイケル・グレイブス、ヘラ・ヨンゲリウスやカリム・ラシッド、アレッサンドロ・メンディーニ、ロス・ラブグローブ、伊藤節+伊藤志信など多くのデザイナーによって寄付をされた462枚もの手書きスケッチは、ミラノサローネのVilla NecchiCampiglioとTriennale Bovisaで全てのスケッチを展示、その後、ササビーズオークションにかけられ、収益はラショナリズム建築の代表であるVilla Necchi Campiglio (ミラノ)の維持資金に充てられます。

本書は、デザイナーが創造の過程で描くスケッチをA4版、272ページで構成され、デザイナー独自のクリエイティブプロセスを垣間見ることができます。また、スケッチに最適な120ページのカイエノートブックがセットになっています。

[ 関連するサイト ]
» MOLESKINE

[ 関連するエントリー ]
» モレスキン、スケッチ集「THE HAND OF THE ARCHITECT」限定販売 (2009.09.07)

【PR】楽天市場でMOLESKINE(モレスキン)の商品を探してみませんか?

Moleskine Hand of the DesignerMoleskine Hand of the Designer

» Amazonで詳しく見る
MOLESKINE モレスキン ダイアリースケジュール+ノート 18ヶ月 2010-2011年 ハードカバー / ラージ (Diary)MOLESKINE モレスキン ダイアリースケジュール+ノート 18ヶ月 2010-2011年 ハードカバー / ラージ (Diary)

» Amazonで詳しく見る

キングジム、由良拓也氏デザインのデジタルメモ「ポメラ」発売

  • Posted by: k_style
  • June 10, 2010 23:30
  • Categories:design | gadget
ポメラ (C)KING JIM


キングジムは、デジタルメモ「ポメラ」に、レーシングカーデザイナー 由良拓也氏とコラボレートした『「ポメラ」DM20Y』を2010年6月17日(木)より数量限定で発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KING JIM)

デジタルメモ「ポメラ」は、「メモをとる」ことを目的に開発された新感覚のデジタルツールです。文庫本サイズの本体に17mmキーピッチの折りたたみ式キーボードを搭載し、様々なシチュエーションで手軽に文章入力が可能です。

今回発売する『「ポメラ」DM20Y』は、上位機種である「DM20」をベースに、ポメラの特長の1つである「どこにでも気軽に持ち運べる」ことをさらに強調した機能性と、「エレガントな大人の持ち物」としてのデザインを目指しています。本革製カバーの「ステッチ」や、本革を固定する「ステンレスバー」がアクセントとなり、ポメラ本体を本革製カバーと一体化させ、高級感と実用性を両立したとしています。

また、enterキーにはチェッカーフラッグ、F1キーはF1レーシングカーのイラストなど、キーボードにも由良氏ならではの遊び心のある演出を施し、オープニング画面は、ポメラのために由良氏が新たに書き下ろした左記4つのイラストを採用しランダムで表示します。価格は、41,790円(税込)となっています。

[ 関連するサイト ]
» デジタルメモ「ポメラ」 (KING JIM)

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 クロ リザードブラックKINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 クロ リザードブラック
キングジム

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 チャ バイソンブラウンKINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 チャ バイソンブラウン
キングジム

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

世界を変えるデザイン展、デザインハブとアクシスギャラリーで開催

  • Posted by: k_style
  • June 8, 2010 00:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京・六本木の東京ミッドタウン・デザインハブとアクシスギャラリーでは、BOP (Base of the Pyramid) ※ への取組やその意義をデザインの視点から日本で初めて紹介する 「世界を変えるデザイン展~Imagine another life through the products~」 を2010年6月13日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

本展では、デザインの使命は世界総人口の約70%を占めるといわれている途上国における貧困層の人々の生活向上のためにも果たされるべきであると考え、東京ミッドタウン・デザインハブでは、現地の人々の生活を向上させ、ビジネスモデルとして実績をおさめているプロダクトを展示、アクシスギャラリーでは、大学や団体による取組を含め成功事例のプロセスや背景、進行中のプロジェクトも併せて紹介します。

※BOPとは、「所得別人口構成のピラミッドの底辺層を指す。世界人口の約7割に相当する約40億人が、年間所得3,000ドル未満の収入で生活しており、その市場規模は5兆ドルに上ると言われる。BOPビジネスとは、企業が途上国においてBOP層を対象にビジネスを行いながら、生活改善を達成する取組のことである。慈善事業ではなく、持続可能性のある本業のビジネスとして行う点において、CSR活動をさらに発展させたものと言える。」(経済産業省ウェブサイトより)

世界を変えるデザイン展~Imagine another life through the products~
会期:2010年5月15日(土)~6月13日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
開館時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-3793-7210
世界を変えるデザイン展~Imagine another life through the products~
会期:2010年5月28日(金)~6月13日(日)
会場:アクシスギャラリー (Map)
開館時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-3793-7210

[ 関連するサイト ]
» 世界を変えるデザイン展
» DESIGN HUB
» AXIS

世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある
シンシア スミス (著), 槌屋 詩野 (監修), 北村 陽子 (翻訳)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

NIKE STADIUM TOKYO、2010年5月22日オープン

  • Posted by: k_style
  • June 1, 2010 23:30
  • Categories:art | design
NIKE STADIUM TOKYO (C)NIKE INC.


ナイキジャパンは、プロダクト、アスリート、デザインを融合させ、スポーツを新たな形で表現していく拠点として『Nike Stadium Tokyo』を2010年5月22日(土)にオープンしたのでメモしておきます。(プレスリリース/image©NIKE INC.)

「Nike Stadium」は、東京のほか、ロンドン、ニューヨーク、パリ、ミラノ、ベルリンでも展開し、様々なスポーツのテーマにあわせ、国内外で活躍するアーティストたちがアスリートやナイキプロダクトをその土地の文化やコミュニティに根ざした独自の世界観で表現したインスタレーションの展示を行い、作品は一般にも公開します。

『Nike Stadium Tokyo』では、第一弾として、6月6日(日)までの期間中、ナイキが展開するスピードを追及したフットボールスパイク「Mercurial」をテーマに「Mercurial feat. 李忠成選手」を開催しています。また、6月18日(金)からは、第二弾として「田中マルクス闘莉王選手」をテーマとしたインスタレーションの展示を予定しています。

<参加アーティスト>
WOW (Digital Interactive Creative)
Takeshi Hanzawa (Photography)
Keichiro Shibuya (Music Composition)
Daisuke Gemma (Exhibition Display Design)
Santiago Stelley (Documentary Director)
VBS.tv (Media Partner)
Virtue (Documentary Production)
Evala (Music Composition)
CONCEPT CONCEPTION (Graphic Design)

NIKE STADIUM TOKYO
所在地:東京都上目黒1-13-14 東京デザインスタジオ (Map)
開館日:金曜日~日曜日 12:00~20:00 (展示会期中に限る)
定休日:6月11日(金)~6月13日(日)
問い合わせ:Tel.03-6415-5715

[ 関連するサイト ]
» NIKE STADIUM TOKYO

【PR】ナイキが作る、自分デザインオリジナルシューズ。NIKEiD
【PR】Amazon.co.jpでNIKE(ナイキ)の商品を探してみませんか?
【PR】楽天市場でNIKE(ナイキ)の商品を探してみませんか?

NIKE NIKE+ SPORTSBAND2(ナイキ+ スポーツバンド2) 068BLK/C.REDNIKE NIKE+ SPORTSBAND2(ナイキ+ スポーツバンド2) 068BLK/C.RED
NIKE(ナイキ)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

NTTドコモ、amadanaケータイ第3弾「N-07B」発表

  • Posted by: k_style
  • May 18, 2010 23:30
  • Categories:design | gadget
N-07B (C)NTT DOCOMO, INC.


NTTドコモは、デザイン家電ブランド「amadana」とのコラボレーションモデルの第3弾となる携帯電話端末『N-07B』を発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©NTT DOCOMO, INC.)

『N-07B』は、3.3インチの液晶画面を採用した薄型アークスライドの端末で、連続待受約760時間の長持ちバッテリー搭載したのが特長です。さらに、前モデル「N-04A」よりスライド幅を60mmに広げ、ボタン面積を約26%アップし、ボタンも押しやすいフォルムに改良されています。

プロダクトデザインは、amadanaのプロジェクトメンバーであるインテンショナリーズ、グラフィックデザイン及び内蔵コンテンツは同じくプロジェクトメンバーであるTYCOON GRAPHICSが担当しています。

カラーはamadana black、amadana white、amadana brown、amadana goldの4色展開で、amadana brownはスペシャルパッケージとして、レザー加工のスペシャルリアカバー、micro SD リーダー/ライターと本革のレザーケースを同梱しています。

また、購入特典として、日本のサウンドシーンを代表する6組のアーティストによるオリジナル着信音を特設スペシャルサイトより無料提供します。発売時期は、2010年6月から7月頃を予定しています。

[ 関連するサイト ]
» docomo SMART series N-07B
» amadana(onlineshopping)

[ 関連するエントリー ]
» NTTドコモ、新amadanaケータイ「N-04A」発表 (2008.11.10)

【PR】Amazon.co.jpでamadana(アマダナ)の関連商品を探してみませんか?
【PR】楽天市場でamadana(アマダナ)の関連商品を探してみませんか?

「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • April 23, 2010 00:30
  • Categories:art | design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21_DESIGN SIGHT」では、リー・エデルコート(Li Edelkoort)氏によるディレクションで『ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘』展が2010年4月24日(土) から6月27日(日)まで開催するのでメモしておきます。

本展では、エデルコートが「ポスト・フォッシル時代のクリエイター」と名づける、新世代のデザイナーやアーティストを10カ国から69組を紹介し、化石燃料時代の次へ向かおうとする今日、彼らは先史時代やものづくりの根源的なあり方を振り返りながら、新たな手法で自然素材や原始的な形態を制作にとり入れています。

展覧会ディレクターを務めるリー・エデルコート氏は、オランダに生まれ、現在はパリを拠点として世界規模で活動するトレンド分析の草分け的存在です。また、ヨーロッパカーオブザイヤーに輝いた日産「マーチ」のデザインコンセプトワークを行うなど、各国企業のコンサルティングを始め、教育や出版、展覧会など、独自の分析を活かす活動を幅広く展開しています。

会場では、エデルコート氏自身の構成により130あまりの作品を展示し、「明日のデザイナーは、未来を築くために過去とどう向き合うのだろう?」という問いを投げかけます。会期中には、エデルコート氏と参加アーティストによるオープニングトークなどが開催される予定です。

「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展
会期:2010年4月24日(土) ~6月27日(日)
会場:21_21_DESIGN SIGHT (Map)
開館時間:11:00~20:00/休館日:火曜日 ※5/4(火)は開館
入場料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT
» TREND UNION JAPAN

BloomBloom
Li Edelkoort (著), Lisa White (著)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

au、深澤直人氏デザインのスマートブック「IS01」発表

  • Posted by: k_style
  • April 1, 2010 23:30
  • Categories:design | gadget
「IS01」 (C)KDDI CORPORATION


KDDIは、プロダクトデザイナー 深澤直人氏によるデザインのAndroid™搭載スマートブック『IS01』を発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KDDI CORPORATION)

『IS01』は、シャープ製のQWERTYタイプのフルキーボード(キーピッチ:11.2mm)と5インチのタッチパネル液晶を搭載するクラムシェル型端末です。デザインを手掛けた深澤氏は、「手帳のようなイメージ」として、表面は皮シボのテクスチャとなっています。ユーザーインターフェイスは、スウェーデンのデザイン集団 ocean observationsと共同開発のAndroid OSをカスタマイズしたものを採用しています。

また、日本向けのカスタマイズとしてワンセグや赤外線通信を搭載し、2010年8月下旬以降にアップデートにより、Eメール (~@ezweb.ne.jp)、デコレーションメールにも対応する予定です。さらに、Android™搭載スマートフォン向けとしては初となるAR (拡張現実) 分野のソーシャルアプリケーション「セカイカメラ」のほか、「EZナビウォーク」のAndroid™搭載スマートフォン版「au one ナビウォーク」を標準搭載し、「LISMO!」も、9月下旬以降にアップデートにより、利用可能になる予定です。

ただし、通話はハンズフリー通話となるため、平型イヤホン端子を使ったイヤホンマイクや、Bluetoothヘッドセットなどを使っての通話が想定されています。なお、発売は2010年6月上旬以降を予定しています。

[ 関連するサイト ]
» IS series
» NAOTO FUKASAWA DESIGN

【PR】au直営ブランドガーデン、セレクトショップ通販

THE OUTLINE 見えていない輪郭THE OUTLINE 見えていない輪郭
深澤直人 藤井保 (著), モダンリビング (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
NAOTO FUKASAWANAOTO FUKASAWA
NAOTO FUKASAWA (著)

» Amazonで詳しく見る
iPhone&Androidクロスプラットフォームアプリケーション開発~スマートフォン用グラフィックスツール作成で学ぶ~iPhone&Androidクロスプラットフォームアプリケーション開発~スマートフォン用グラフィックスツール作成で学ぶ~
鈴木 晃 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
基礎から学ぶ Android SDK基礎から学ぶ Android SDK
吉井 博史 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

「デザイン維新だ。浅葉克己展。」、クリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • March 12, 2010 00:30
  • Categories:design | events
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8では、第12回亀倉雄策賞受賞記念『デザイン維新だ。浅葉克己展。』を2010年2月22日(月)から3月26日(金)まで開催しているのでメモしておきます。

1997年に急逝したグラフィックデザイナー亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として、1999年、亀倉雄策賞が設立され、第12回となる今回は、浅葉克己氏の、住宅メーカーのデザイン思想のポスター「ミサワ デザイン2009 バウハウス」に決定しました。

ミサワホームが1996年に開設した展示スペース「ミサワ バウハウス コレクション」は、1500点におよぶバウハウスコレクションを所蔵しており、今回の受賞作「ミサワ デザイン2009 バウハウス」は、同スペースの協力のもとに制作されたポスターです。この作品は、ミサワホームのデザイン思想を表現したものですが、そのテーマ性、表現力ともに、本賞にふさわしいと評価され、今回の受賞となりました。

本展では、受賞作「ミサワ デザイン2009 バウハウス」を含む、「ミサワ バウハウス コレクション」をテーマにしたポスターを中心に、雑誌「卓球王国」に連載中の「ひとりピンポン外交」リメイクバージョンや、2006年に日本で開催されたAGIデザイン総会でのグラフィックもあわせて展示します。また、会期中の3月18日(木)には、浅葉氏と佐藤卓氏によるトークショーが開催されます。

浅葉氏は、西武百貨店「おいしい生活」、サントリー「夢街道」、武田薬品「アリナミンA」など、数多くの広告・コマーシャル作品を手がけるほか、「トンパ文字」を筆頭に文字への造詣も深く、2008年には21_21 DESIGN SIGHTにて、文字にまつわる作品などで構成された「祈りの痕跡。展」をディレクション。この空間デザインと出品作「浅葉克己日記」においても高い評価を得ています。

第12回亀倉雄策賞受賞記念「デザイン維新だ。浅葉克己展。」
会期:2010年2月22日(月)~3月26日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» JAGDA:亀倉雄策賞
» クリエイションギャラリーG8
» misawa bauhaus collection

トンパのアサバイブル―今日のヒントになるトンパタロット。トンパのアサバイブル―今日のヒントになるトンパタロット。
浅葉 克己 (著), 真矢 茉子 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
生きる力をくださいトンパ。生きる力をくださいトンパ。
浅葉 克己 (著), 仲畑 貴志 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

秋田道夫のライフスタイル展「方丈 (ほうじょう)」、2月21日まで開催

  • Posted by: k_style
  • February 15, 2010 23:30
  • Categories:design
方丈 (C)Michio Akita


東京・世田谷の天童木工PLY併設展示室では、プロダクトデザイナー 秋田道夫氏のライフスタイル展『方丈 (ほうじょう)』が2010年2月11日(木・祝)から2月21日(日)まで開催しているのでメモしておきます。(image©Michio Akita)

プロダクトデザイナーの域を超え、"ライフスタイルデザイナー"としてあらゆるデザインを手がける秋田道夫氏が、昨年に引き続き天童木工PLYで開催する本展では、原寸大で秋田氏のオフィスを再現します。デスク、パソコン、そしてホワイトボード。秋田氏「らしさ」が詰まった『方丈』※の空間から、デザインソースの一部を垣間見る事ができます。

※『方丈』とは、一辺が3メートル程度の四角い空間のこと。

秋田道夫のライフスタイル展「方丈 (ほうじょう)」
会期:2010年2月11日(木・祝)~2月21日(日)
会場:天童木工PLY併設展示室 (東京都世田谷区深沢4-35-7・Map)
営業時間:11:00~20:00
問い合わせ:Tel.03-5758-7111

[ 関連するサイト ]
» 秋田道夫オフィシャルサイト
» 天童木工PLY

【PR】楽天市場で秋田道夫デザインの商品を探してみませんか?

コクヨS&T ネームカードホルダー 名刺・IDカード用 ヨコ型 濃茶 NM-RK195DSコクヨS&T ネームカードホルダー 名刺・IDカード用 ヨコ型 濃茶 NM-RK195DS
コクヨ

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

岩崎一郎氏デザイン新iida端末「lotta」、2010年2月中旬発売

  • Posted by: k_style
  • February 1, 2010 23:30
  • Categories:design
lotta (C)KDDI CORPORATION


KDDI、沖縄セルラーは、「iida」の新機種『lotta』と、ACアダプターやストラップなどの周辺アイテムをデザインする「LIFESTYLE PRODUCTS」を、2010年2月中旬より順次発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KDDI CORPORATION)

『lotta』は、プロダクトデザイナー 岩崎一郎氏によるデザインで、コンパクトかつ手の中でほどよく安定する、ほんの少し台形がかった繊細なシルエット、マットな手触りと、ツヤのある質感のコントラスト、そして表面に大きく刻印された3つの数字を特長としています。カラーバリエーションは、ホワイト、イエロー、グリーンの3色となります。また、『lotta』にあわせて、「LIFESTYLE PRODUCTS」の「lotta」専用アイテムを、2種類発売します。

「iida」は、「innovation」、「imagination」、「design」、「art」の頭文字を取ったものであり、その理念と意思を、多くのデザイナーやクリエーターとのコラボレーションで具現化しています。「iida」は携帯電話だけにとどまらず、「携帯電話の周辺に広がる様々なアイテム」を提供するライフスタイル・ブランドを目指しています。

[ 関連するサイト ]
» iida
» IWASAKI DESIGN STUDIO

[ 関連するエントリー ]
» KDDI、au携帯電話「iida」の新ラインナップ発売 (2009.09.09)
» KDDI、au携帯電話の新ブランド「iida」発表 (2009.04.08)

Pyrex IH200V対応 ステンレスケトル マット PX-02-STKPyrex IH200V対応 ステンレスケトル マット PX-02-STK
Pyrex

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

広告批評展、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催

  • Posted by: k_style
  • December 16, 2009 23:30
  • Categories:art | books | design
ギンザ・グラフィック・ギャラリー photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ギンザ・グラフィック・ギャラリー]

東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)では、第282回企画展『広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり』が2009年12月3日(木)から12月24日(木)まで開催されているのでメモしておきます。

本展では、1979年の創刊から30年にわたり、「大衆の視点」で広告を追いながら、時代を読み解いてきた、雑誌「広告批評」の軌跡を紹介します。

これまで「広告批評」を彩った100余人の人たち、数年ごとにアートディレクション(AD)が大きく変わるロゴと表紙、この30年の時代を代表するCMや新聞広告(初代編集長・天野祐吉氏選)などの展示により、マス広告の全盛期をかけぬけたこの雑誌の意義を問い直すだけでなく、ウェブとの連携時代を迎えたこれからの「広告批評」のあり方についても考えます。

広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり
2009年12月3日(木)~12月24日(木)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (東京都中央区銀座7-7-2・Map)
開館時間:11:00~19:00 (土曜日は18:00まで)/休館日:日曜・祝祭日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206

[ 関連するサイト ]
» ギンザ・グラフィック・ギャラリー

明日は昨日の風が吹く明日は昨日の風が吹く
橋本 治 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。
天野 祐吉 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

東京デザイナーズウィーク2009、10月30日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 29, 2009 00:30
  • Categories:design | events
明治神宮外苑 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:明治神宮外苑]

NPO法人 デザインアソシエーションは、国内最大級のデザインイベント『TOKYO DESIGNERS WEEK 2009 (東京デザイナーズウィーク 2009)』を2009年10月30日(金)から11月3日(火・祝)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

『TOKYO DESIGNERS WEEK』は、今年で24年目を迎え、国内外から1,000を超える企業・学校・大使館・デザイナー・ショップなどが参加し、最新のデザインを紹介するインターナショナルなデザインイベントです。

今年は、環境に対してデザインができることをコンセプトに、「LOVE GREEN」 をテーマとした多くのプロジェクトが展開されます。東京・明治神宮外苑をメイン会場とし、最新のコンテンポラリーインテリア・デザイントレードショー「100% Design Tokyo」、企業・団体・学校などが貨物用コンテナ内で空間インスタレーションを行う「コンテナ展」、国内外から50校・約500作品が展示される「学生作品展」。そして東京の街をデザインで彩る「SHOP EXHIBITION」など東京・明治神宮外苑を中心に、都内およそ80か所で開催します。

TOKYO DESIGNERS WEEK 2009 (東京デザイナーズウィーク 2009)
会期:2009年10月30日(金)~11月3日(火・祝)
※「SHOP EXHIBITION」は10月25日(土)から
会場:明治神宮外苑絵画館前 (Map)
開催時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00まで/入場料:2,000円
問い合わせ:デザインアソシエーション事務局 Tel.03-3470-7699

[ 関連するサイト ]
» 東京デザイナーズウィーク2009
» 100% Design Tokyo

[ 関連するエントリー ]
» 東京デザイナーズウィーク2008、10月30日から開催 (2008.10.17)
» [PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.2 (2007.11.05)
» [PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.1 (2007.11.04)
» 東京デザイナーズウィーク2007、10月31日から開催 (2007.10.22)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2006 (2006.11.06)
» 東京デザイナーズウィーク2006、10月31日から開催 (2006.10.18)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2005 (2005.11.07)

【PR】デザインのビジネスフィールドを広げる 日経デザイン

[雑誌] Pen (ペン) 2009年 11/15号[雑誌] Pen (ペン) 2009年 11/15号

» Amazonで詳しく見る

DESIGNTIDE TOKYO 2009、10月30日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 28, 2009 23:30
  • Categories:design | events
DESIGNTIDE TOKYO 2009 (C)DESIGNTIDE TOKYO


デザインタイド実行委員会は、今回で5年目を迎える『DESIGNTIDE TOKYO 2009 (デザインタイド トーキョー 2009)』を東京ミッドタウン・ホールをメイン会場に2009年10月30日(金)から11月3日(火・祝)まで開催するのでメモしておきます。(image©DESIGNTIDE TOKYO)

『DESIGNTIDE TOKYO』は、デザインタイドの中核で、厳選されたデザイナーの新しい創作とアイデアが発表され、国内外のメーカー、バイヤー、ジャーナリストが注目するメインエキシビション「TIDE Exhibition」、デザイナーが自ら商品を展示・販売しマーケットリサーチができる場である「TIDE Market」、東京都内のショップやギャラリーなどで行われるキシビション「TIDE Extension」で構成されます。メイン会場の会場構成・デザインは、建築家 谷尻誠氏が手掛けています。

デザインタイドは、常に新しいものやシーンを提案するトレード・ショウで、インテリアやプロダクトの商材を中心にしながら、デザインに焦点を当てた幅広い分野の厳選された作品が集まります。同時に、真摯なものづくりを続ける作家たちの新たなるアイデアの切り口を、東京から世界に向けて発信するためのエキシビションとしての側面も併せ持っています。

DESIGNTIDE TOKYO 2009 (デザインタイド トーキョー 2009)
会期:2009年10月30日(金)~11月3日(火・祝)
メイン会場:東京ミッドタウン・ホール (Map)
時間:11:00~21:00 (10/30は15:00~21:00、11/3は11:00~17:00)
入場料:1,000円 (1日間)
エクステンション会場:東京都内各所
問い合わせ:Tel.03-5770-4127

[ 関連するサイト ]
» DESIGNTIDE TOKYO 2009

[ 関連するエントリー ]
» DESIGNTIDE TOKYO 2008、10月30日から開催 (2008.10.15)
» DesignTide in Tokyo 2007、10月31日から開催 (2007.10.29)
» Design Tide in Tokyo 2006、11月1日から開催 (2006.10.19)
» 「Design Tide in Tokyo 2005」開催 (2005.10.26)

DesignTide A Message from TokyoDesignTide A Message from Tokyo
デザインタイド実行委員会 (著)

» Amazonで詳しく見る

Swedish Love Stories、表参道ヒルズで開催

  • Posted by: k_style
  • October 27, 2009 00:30
  • Categories:design | events
表参道ヒルズ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:表参道ヒルズ]

東京・渋谷の複合施設「表参道ヒルズ」では、デザインイベント『Swedish Love Stories』が2009年10月29日(木)から11月3日(火・祝)まで開催されるのでメモしておきます。

本イベントは、1999年から続く、スウェーデンのデザインを中心とした文化を東京で発信する「SWEDISH STYLE in TOKYO」が10周年を迎えるのを記念して開催されるもので、家具などのデザインだけでなく、それを取り巻くスウェーデンのライフスタイルそのものを体感できます。

デザインのクリエーションの基本である"愛"をテーマに、全ての物事の裏にある「Love Story」を様々な視点から切り取り、来場者が体感できるイベントです。

Swedish Love Stories
開催期間:2009年10月29日(木)~11月3日(火・祝)
開催場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー (Map)
開催時間:11:00~21:00 ※日曜日は20:00まで
問い合わせ:メディアサーフコミュニケーションズ Tel.03-3487-0951

[ 関連するサイト ]
» Swedish Style in Tokyo
» 表参道ヒルズ/OmotesandoHills

北欧スタイル 17北欧スタイル 17

» Amazonで詳しく見る
北欧スウェーデンの旅手帖―雑貨がつなぐ街めぐり北欧スウェーデンの旅手帖―雑貨がつなぐ街めぐり
おさだ ゆかり (著)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2009、10月23日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 23, 2009 00:30
  • Categories:design | events
東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン]

東京・六本木の複合施設「東京ミッドタウン」では、2009年10月23日(金)から11月3日(火・祝)まで、デザインイベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2009 (東京ミッドタウン デザインタッチ2009)』を開催するのでメモしておきます。(プレスリリース)

『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH』は、生活をより楽しく、豊かにするためにデザインがあるという考え方のもと、インテリアやグラフィックはもちろん、音楽など文化を形づくるすべてのものを「デザイン」として捉え、「デザインを五感で楽しむ」をマスターコンセプトに、2007年より開始しました。
3回目となる今回のテーマは、「夢をカタチにするデザイン」として、 「デザインがいかに人々の夢を叶えてきたか」にフォーカスし、日常の課題や問題点などがデザインによって解決されてきた事例を、そのデザインのプロセスと共に展示するほか、空を飛ぶ夢を200年以上も前にカタチにした熱気球の乗船体験など、デザインを体感し、楽しむための様々なイベントを開催します。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2009
開催期間:2009年10月23日(金)~11月3日(火・祝)
開催場所:東京ミッドタウン内各所 (Map)
問い合わせ:東京ミッドタウン コールセンター Tel.03-3475-3100

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2009
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown

デザイン・リサーチ・メソッド10デザイン・リサーチ・メソッド10
日経デザイン (著, 編集)

» Amazonで詳しく見る
イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材
トム ケリー (著), ジョナサン リットマン (著), Tom Kelley (原著), Jonathan Littman (原著), 鈴木 主税 (翻訳)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー (著), Tom Kelley (著), ジョナサン・リットマン (著), Jonathan Littman (著), 鈴木 主税 (翻訳), 秀岡 尚子 (翻訳)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

Continue reading

「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • October 16, 2009 00:30
  • Categories:design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、プロダクトデザイナー 深澤直人氏と写真家 藤井保氏による『THE OUTLINE 見えていない輪郭』展を2009年10月16日(金)から2010年1月31日(日)まで開催するのでメモしておきます。

本展は、深澤直人氏によるデザインのプロダクト約100点と、藤井保氏が4年間撮り続けた、それらの写真約70点によって、あたり前のようでありながらも私たちに見えていない「デザインの輪郭」を解きあかす、かつてなかった試みとなっています。

会期中には、深澤氏と藤井氏によるオープンイングトーク「2人に見えている輪郭」(要予約)のほか、ワークショップ、ギャラリーツアーなどが開催される予定です。

「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展
会期:2009年10月16日(金)~2010年1月31日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
開館時間:11:00~20:00/休館日:火曜日、12/28~1/2
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT
» NAOTO FUKAZAWA DESIGN

【PR】楽天市場で深澤直人デザインの商品を探してみませんか?

THE OUTLINE 見えていない輪郭THE OUTLINE 見えていない輪郭
深澤直人 藤井保 (著), モダンリビング (編集)

» Amazonで詳しく見る
[DVD] U-BEE WATER CYCLE 藤井保[DVD] U-BEE WATER CYCLE 藤井保
監督: 藤井保

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

モレスキン「Detour」展、MoMA Design Storeで開催

表参道 GYRE photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:表参道 GYRE]

東京・表参道の商業施設「GYRE」内のMoMA Design Storeでは、建築家 伊東豊雄氏、デザイナー 原研哉氏、映画監督 押井守氏など世界を舞台に活躍するクリエーター50人が使用したノートブックを展示する『Detour』展が2009年10月16日(金)から11月4日(水)まで開催するのでメモしておきます。

Detour(デトゥア)は、世界を舞台に活躍しているアーティスト・建築家・映画監督・デザイナー・イラストレーター・文筆家・音楽家が参加している、文化性や創造性をテーマとしたモレスキンのプロジェクトで、これまでロンドン(2006)、ニューヨーク(2007)、パリ(2008春)、ベルリン(2008秋)、イスタンブール(2009春)で開催されました。

本展では、トンネル状の特設スペースの中に展示されるノートブックをコットンの手袋をして1ページ1ページをめくりながら、参加作家のクリエイティブプロセスに間近で触れることができます。

日本人の参加クリエーターは、青木淳、新井惇一、伊東豊雄、伊藤節&志信、押井守、川崎和男、河瀬直美、喜多俊之、キタイシンイチロウ、隈研吾、佐藤オオキ、須藤玲子、妹島和世、西沢立衛、原研哉、服部一成、深澤直人、ホンマタカシ、松井えり菜、宮本英治、三宅信太郎、森俊子、横尾忠則、吉本直貴ら23名(敬称略)です。

「Detour」展
会期:2009年10月16日(金)~11月4日(水)
会場:MoMA Design Store (東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 4階・Map)
時間:11:00~20:00
問い合わせ:Tel.03-5468-5801

[ 関連するサイト ]
» MOLESKINE モレスキン
» MoMA Design Store
» GYRE

【PR】デスクトップ&ステーショナリー (MoMA Design Store)
【PR】楽天市場でMOLESKINE(モレスキン)の商品を探してみませんか?

MOLESKINE モレスキン ダイアリースケジュール+ノート 18ヶ月 2009-2010年 ソフトカバー / ラージMOLESKINE モレスキン ダイアリースケジュール+ノート 18ヶ月 2009-2010年 ソフトカバー / ラージ

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

ポール・スミス氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル発表

  • Posted by: k_style
  • October 7, 2009 23:30
  • Categories:design
「エビアン」デザイナーズボトル (C)Danone Waters


ナチュラルミネラルウォーター「evian (エビアン)」を展開するダノン・ウォーターズは、2010年の「エビアン」デザイナーズボトルを英ファッションデザイナー ポール・スミス氏が手掛けることを発表したのでメモしておきます。(image©Danone Waters)

"華やか"というテーマに沿って、ポール・スミスのブランドカラーである色鮮やかなストライプ模様が描かれ、ボトルキャップのカラーは5色を展開します。日本国内の発売は、「エビアン」を輸入・販売する伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズから現時点では発表されていません。

[ 関連するサイト ]
» Paul Smith for EVIAN
» Evian

[ 関連するエントリー ]
» エビアン×ジャンポール・ゴルチエ、オリジナルペットボトル発売 (2008.12.10)
» ゴルチエ氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル限定発売 (2008.10.20)

【PR】楽天市場でevian(エビアン)の商品を探してみませんか?

エビアン ペットボトルエビアン ペットボトル
エビアン

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

第18回企画展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2009」、10月1日から開催

  • Posted by: k_style
  • September 30, 2009 23:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウン・デザインハブでは、「グッドデザイン賞」の最新受賞作を展示する第18回企画展『GOOD DESIGN EXHIBITION 2009』を2009年10月1日(木)から11月8日(日)まで開催するのでメモしておきます。

2009年度グッドデザイン賞の受賞結果は2009年10月1日に発表され、プロダクトデザインから建築・環境、コミュ二ケーション、まだ実現されていない「未来のデザイン」まで、話題のデザインを一挙公開します。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2009
会期:2009年10月1日(木)~11月8日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインバブ (Map)
時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-6743-3776

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB
» Good Design Award

【PR】「その道のプロ」が選んだこだわりの生活用品、スタイル、空間。

ジャパンデザイン 2008-2009―グッドデザインアワード・イヤーブック (2008)ジャパンデザイン 2008-2009―グッドデザインアワード・イヤーブック (2008)
日本産業デザイン振興会 (編集)

» Amazonで詳しく見る

「TOKYO FIBER '09-SENSEWARE」展、9月18日から開催

  • Posted by: k_style
  • September 16, 2009 00:30
  • Categories:art | design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、『TOKYO FIBER '09-SENSEWARE』展が2009年9月18日(金)から9月27日(日)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

本展は、日本の繊維産業の潜在力を世界に周知させる目的で、去る4月22日(水)から27日(月)にかけてミラノサローネの時期に合わせ、トリエンナーレ美術館で開催した展覧会で、ミラノ展同様、17作品、15人+2社のクリエイターと企業のすべての作品を展示します。

展覧会ディレクターは、デザイナー 原研哉氏が担当し、高度の進化した人工繊維を、人間の創造意欲を喚起する媒質という意味の"SENSEWARE"が拓いていく領域を、デザイナーやアーティスト、建築家がヴィジュアライズする試みです。

TOKYO FIBER '09-SENSEWARE
会期:2009年9月18日(金)~9月27日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
開館時間:11:00~20:00 ※会期中無休/入場料:無料
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» TOKYO FIBER '09-SENSEWARE
» 21_21 DESIGN SIGHT

TOKYO FIBER '09 SENSEWARETOKYO FIBER '09 SENSEWARE
原研哉+日本デザインセンター原デザイン研究所(企画・構成) (著), OKYO FIBER実行委員会(編) (著)

» Amazonで詳しく見る
TOKYO FIBER'07 SENSEWARETOKYO FIBER'07 SENSEWARE
原 研哉+日本デザインセンター/原デザイン研究所 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

Continue reading

KDDI、au携帯電話「iida」の新ラインナップ発売

  • Posted by: k_style
  • September 9, 2009 23:30
  • Categories:design
PLY (C)KDDI CORPORATION


KDDIは、au携帯電話「iida」の新ラインナップ2機種を2009年9月中旬より順次発売することを発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KDDI CORPORATION)

今回、「iida」の新ラインナップとして発表されたのは、5つの層が積み重なった斬新なデザインとカラーの『PLY』、およびシンプルな機能と未来的な未来をテーマにしたカタチで新しさと使いやすさを実現した『PRISMOID』で、併せて『PLY』及び『PRISMOID』の専用周辺アイテムや、様々なデザインを凝らしたACアダプターなど、ライフスタイルを演出する多彩な「LIFE STYLE PRODUCTS」を23アイテム発表しました。

『PLY』とは、「積層」を意味する言葉で、プロダクトデザイナー 神原秀夫氏によるデザインです。これまでデザインが重ねてきたもの、そして携帯電話が重ねてきたものに、ここから何を重ね、どんな未来を作り上げていくのか、その問いかけそのものが答えとなって、ひとつのカタチが生まれました。

PRISMOID (C)KDDI CORPORATION


『PRISMOID』は、プロダクトデザイナー 深澤直人氏によるデザインで、「未来的な未来」をテーマに、昔の人が思い描いたであろう未来をデザインしています。『PRISMOID』は角錐台を意味する言葉であり、その名の通り、四角錐台をふたつ重ね合わせた形状をしています。全周に施された面取りが握りやすさや新しさ、そして懐かしさを感じさせるカタチを実現しています。また、面取りの寸法を表す「C4.8」という数値が表面に大胆にあしらわれ、シンプルなだけにとどまらない魅力を付け加えています。
「iida」は、「innovation」、「imagination」、「design」、「art」の頭文字を取ったものであり、その意思と理念を、多くのデザイナーやクリエーターとのコラボレーションで具現化し、携帯電話だけにとどまらず、「携帯電話の周辺に広がる様々なアイテム」を提供するライフスタイル・ブランドを目指すとしています。

[ 関連するサイト ]
» iida
» BARAKAN DESIGN
» NAOTO FUKASAWA DESIGN

[ 関連するエントリー ]
» KDDI、au携帯電話の新ブランド「iida」発表 (2009.04.08)

NAOTO FUKASAWANAOTO FUKASAWA
NAOTO FUKASAWA (著)

» Amazonで詳しく見る
KOKUYO ケシ-U750-2 消しゴム<カドケシプチ>鉛筆用ピンク・ホワイト2色セットKOKUYO ケシ-U750-2 消しゴム<カドケシプチ>鉛筆用ピンク・ホワイト2色セット
コクヨ

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

「妹島和世による空間デザイン/コム・デ・ギャルソン」展、MOTで開催

アサヒグラフ 1993年8月13日/20日号 (C)The Asahi Shinbun Company.
[photo:川久保玲氏/アサヒグラフ '93年8月13日・20日号]

東京都現代美術館(MOT)では、2009年10月31日(土)より開催される企画展「ラグジュアリー:ファッションの欲望」の特別展示として、東京文化発信プロジェクト『妹島和世による空間デザイン/コム・デ・ギャルソン』を公開するのでメモしておきます。

本展は、京都服飾文化研究財団(KCI)のコレクションより選んだコム デ ギャルソンのアヴァンギャルドなスピリッツに満ちた服約30点を建築家 妹島和世氏のデザインによる空間に展示します。

ルーブルランスや金沢21世紀美術館など、場所や利用者との関係性を新鮮な目でよみこんだ建築プログラムとミニマルで透明な質感と形により、革新的なスタイルを確立したクリエイター 妹島和世氏。妹島氏の新解釈による空間の中で、コム デ ギャルソンの革新性はより輝きを増します。透明で多様なボリュームの空間が重なり合っためくるめく遠近感のイリュージョンの交錯、観客の身体と服の関係を変容させる空間が出現します。

妹島和世による空間デザイン/コム・デ・ギャルソン
会期:2009年10月31日(土)~2010年1月17日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室アトリウム (Map)
開館時間:10:00~18:00
休館日:月曜日 ※11/23、1/11は開館、11/24、12/28~1/1、1/12は休館
問い合わせ:Tel.03-5245-4111

[ 関連するサイト ]
» 東京都現代美術館 | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO
» 東京文化発信プロジェクト
» 京都服飾文化研究財団

【PR】楽天市場でCOMME des GARCONS(コム デ ギャルソン)の商品を探してみませんか?
【PR】COMME des GARCONS (YOOX.COM)
【PR】COMME des GARCONS (スペース&コー. オンラインショップ)

アンリミテッド:コム デ ギャルソンアンリミテッド:コム デ ギャルソン
清水 早苗 (編集), NHKエデュケーショナル (編集)

おすすめ度:stars-3.5
» Amazonで詳しく見る
Visionaire No. 20: The Comme Des Garcons IssueVisionaire No. 20: The Comme Des Garcons Issue

» Amazonで詳しく見る
SANAA Sejima Nishizawa 2004-2008: El Croquis 139SANAA Sejima Nishizawa 2004-2008: El Croquis 139

» Amazonで詳しく見る
SANAA Sejima Nishizawa 1983-2004: El Croquis 77(I)+99+121/122SANAA Sejima Nishizawa 1983-2004: El Croquis 77(I)+99+121/122

» Amazonで詳しく見る

「LAMY ドイツのデザインの精緻」展、デザインギャラリー1953で開催

  • Posted by: k_style
  • August 3, 2009 00:30
  • Categories:design
「LAMY ドイツのデザインの精緻」展 (C)Matsuya Co.,Ltd.


松屋銀座のデザインギャラリー1953では、第657回デザインギャラリー1953企画展『LAMY ドイツデザインの精緻』が2009年7月22日(水)から8月17日(月)まで開催されているのでメモしておきます。(image©Matsuya Co.,Ltd.)

本展は、プロダクトデザイナー 深澤直人氏の監修により、ドイツ・ハイデルベルグを拠点に優れた筆記具を生産し続ける「LAMY」の哲学、歴史的背景、時代を代表する商品の数々、関わったデザイナーの面々など、同社の魅力を紹介します。

第657回デザインギャラリー1953企画展「LAMY ドイツデザインの精緻」
会期:2009年7月22日(水)~8月17日(月)
会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953 (Map)
時間:10:00~20:00 ※最終日は17:00まで
問い合わせ:Tel.03-3567-1211

また、8月4日(火)まで松屋銀座7階のデザインコレクション・イベントスペースにて『LAMYフェア』が開催され、本展で展示されるモデルを中心に同社の名品や新商品が販売されるほか、深澤直人氏デザインの「noto」の展覧会限定モデルや「safari」の過去の限定色モデルなども販売します。

[ 関連するサイト ]
» 日本デザインコミッティー
» Lamy
» NAOTO FUKASAWA DESIGN

【PR】楽天市場でLAMY(ラミー)の商品を探してみませんか?

ラミーのすべて―デザインプロダクトとしての筆記具ラミーのすべて―デザインプロダクトとしての筆記具
「ラミーのすべて」製作プロジェクト (著, 編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

「内田繁展 2009 NY展に向けて」、ギャラリー ル・ベインで開催

  • Posted by: k_style
  • July 16, 2009 00:30
  • Categories:art | design
ギャラリー ル・ベイン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ギャラリー ル・ベイン]

東京・西麻布の「ギャラリー ル・ベイン」では、インテリアデザイナー 内田繁氏の個展『内田繁展 2009 NY展に向けて -ぼやけたもの 霞んだもの 透けたもの ゆらいだもの-』が2009年7月14日(火)から7月24日(金)まで開催されているのでメモしておきます。

本展は、ニューヨークにあるギャラリー「Gana Art New York」で開催する同名の個展「SHIGERU UCHIDA EXHIBITION 2009」(2009年10月15日~11月14日)のプレイベントとして開かれるもので、新作の壁棚のシリーズと、ここ数年開発に取り組んできた水と光のインスタレーションを展示します。

内田繁展 2009 NY展に向けて
会期:2009年7月14日(火)~7月24日(金)
会場:ギャラリー ル・ベイン (Map)
時間:11:00~19:00 ※最終日は17:00まで
問い合わせ:Tel.03-3479-3843

[ 関連するサイト ]
» 内田デザイン研究所
» GALLERY le bain

普通のデザイン―日常に宿る美のかたち普通のデザイン―日常に宿る美のかたち
内田 繁 (著)

» Amazonで詳しく見る
茶室とインテリア―暮らしの空間デザイン茶室とインテリア―暮らしの空間デザイン
内田 繁 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
INTERIOR DESIGN―空間の関係・イメージ・要素INTERIOR DESIGN―空間の関係・イメージ・要素
内田 繁 (編集), 沖 健次 (編集)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

柳 宗理 展、横浜美術館アートギャラリーで開催

  • Posted by: k_style
  • July 6, 2009 23:30
  • Categories:design
柳 宗理 展 (C)APT INTERNATIONAL Inc.


横浜美術館アートギャラリーでは、日本を代表するデザイナー 柳宗理氏が広範囲にわたって手がけたデザインを、製品や試作品など貴重な資料から追う『柳 宗理 展 -手で考え、そして生まれたデザイン-』を2009年7月7日(火)から8月31日(月)まで開催するのでメモしておきます。(image©APT INTERNATIONAL Inc.)

柳宗理氏は現代の日本におけるデザインの存在意義を主張し続けてきました。幾度も手作業による実験(ワークショップ)を繰り返し、地道なプロセスを踏んで生まれたそのかたちは、作家性を前面に押し出さず、無名性にこだわり、すんなりと生活に溶け込む柔軟性も備えています。

本展では、家具、食器、文具、公共建築など多岐にわたり柳氏が手掛けてきた制作過程を図面、プロトタイプなど貴重な資料から追うことによって、使い手のためのデザインを貫く柳氏の思考に迫ります。

柳 宗理 展 -手で考え、そして生まれたデザイン-
会期:2009年7月7日(火)~8月31日(月)
会場:横浜美術館アートギャラリー (Map)
開館時間:10:00~18:00/休館日:木曜日 ※8/27は開館
観覧料:一般900円
問い合わせ:Tel.045-221-0300

[ 関連するサイト ]
» 柳宗理 公式ウェブサイト
» 横浜美術館

CasaBRUTUS特別編集 新装版 柳宗理CasaBRUTUS特別編集 新装版 柳宗理
マガジンハウス (著, 編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
柳宗理うまれるかたち柳宗理うまれるかたち
柳宗理デザイン金沢展開催実行委員会 (編集)

» Amazonで詳しく見る
柳宗理 エッセイ柳宗理 エッセイ
柳 宗理 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

2009 ADC展、クリエイションギャラリーG8とgggで開催

  • Posted by: k_style
  • July 3, 2009 00:30
  • Categories:art | design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8とギンザ・グラフィック・ギャラリーでは、広告・デザイン界で注目されているイベントのひとつ『2009 ADC展』が2009年7月6日(月)から開催されるのでメモしておきます。

本展では、2008年5月から2009年4月までの一年間に国内で発表、使用、掲載された約10,000点の応募から選び抜かれた受賞作品、優秀作品を11月末の「ADC年鑑」刊行に先駆け、一般(非会員)作品と会員作品に分けて2会場で紹介します。

ADC (正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は1952年に結成、現在、トップクラスのアートディレクター84名により構成されています。この全会員が審査員となって行われる年次公募展が「ADC展」で、ここで選出されるADC賞は、日本の広告やグラフィックデザインの先端の動向を反映する権威ある賞として、内外の注目を集めています。

なお、7月28日(火)にはゲストにアートディレクター 木村裕治氏と朝日新聞GLOBE編集チームを迎えトークショーが開催されます。

2009 ADC展 [一般作品]
期間:2009年7月6日(月)~7月31日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918
2009 ADC展 [会員作品]
期間:2009年7月6日(月)~7月29日(水)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (Map)
時間:11:00~19:00 ※土曜日は18:00まで/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Art Directors Club
» クリエイションギャラリーG8
» ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ADC年鑑2008ADC年鑑2008
東京アートディレクターズクラブ (著)

» Amazonで詳しく見る
アートディレクションの可能性―ADC大学2007アートディレクションの可能性―ADC大学2007
東京アートディレクターズクラブ (編集)

» Amazonで詳しく見る

第17回企画展「日本のグラフィックデザイン2009」、6月5日から開催

  • Posted by: k_style
  • June 4, 2009 23:30
  • Categories:design | events
日本のグラフィックデザイン2009 (C)Japan Graphic Designers Association Inc.


東京ミッドタウン・デザインバブでは、「GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2009」の発行を記念して『第17回企画展「日本のグラフィックデザイン2009」』を2009年6月5日(金)から7月20日(月)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©Japan Graphic Designers Association Inc.)

本展は、アジア最大のデザイン団体 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行している年鑑「GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2009」(2009年6月下旬発行予定)の掲載作品の中から雑貨、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、広告、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで約300点を実物と映像で展示します。また、国際的に活躍し、今年1月に急逝した福田繁雄JAGDA前会長の足跡を振り返る展示もあわせて行います。

なお、会期中、松永真氏、福島治氏、葛西薫氏、佐藤可士和氏などによるトークショーが開催される予定です。

第17回企画展「日本のグラフィックデザイン2009」
会期:2009年6月5日(金)~7月20日(月)
会場:東京ミッドタウン・デザインバブ (Map)
時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-5770-7509

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB
» 日本グラフィックデザイナー協会

GRAPHIC DESIGN IN JAPAN〈2008〉GRAPHIC DESIGN IN JAPAN〈2008〉
日本グラフィックデザイナー協会 (編集)

» Amazonで詳しく見る

企画展「デザインのYES NO」、東京ミッドタウン・デザインハブで開催

  • Posted by: k_style
  • May 25, 2009 23:30
  • Categories:design | events
「デザインのYES NO」 (C)DESIGN HUB


東京ミッドタウン・デザインバブでは、開設2周年を記念して、企画展『デザインのYES NO』を2009年4月15日(水)から5月31日(日)まで開催されているのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©DESIGN HUB)

本展では、各界で活躍する約150名のクリエイターに、自らの考える「YES」と「NO」をデザインで表現し、社会に向けたメッセージとして発信します。これらの「YES」と「NO」は、それぞれTシャツとポストカードにデザインされ、デザインハブ会場に出展しています。

また、それぞれのTシャツはオリジナルTシャツのプリント・販売サービスである「デザインガーデン」を通じて数量限定で販売するほか、来場者の考える「YES」と「NO」を会場でポストカードに表現する参加型の企画を実施しています。

第16回企画展「デザインのYES NO」
会期:2009年4月15日(水)~5月31日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインバブ (Map)
時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-6743-3776

[ 関連するサイト ]
» DESIGN HUB
» デザインガーデン

デザインのできること。デザインのすべきこと。―What design can do.What design should do.デザインのできること。デザインのすべきこと。―What design can do.What design should do.
廣村 正彰 (著), テキスト:加藤國康 (編集), アルフレッド・バーンバウム (翻訳)

» Amazonで詳しく見る

第5回企画展 山中俊治ディレクション「骨」展、5月29日から開催

21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、『第5回企画展 山中俊治ディレクション「骨」展』を2009年5月29日(金)から8月30日(日)まで開催するのでメモしておきます。

本展では、デザイナーとエンジニアの視点を持って活躍する山中俊治氏を展覧会ディレクターに迎え、洗練された構造を持つ生物の骨をふまえながら、工業製品の機能とかたちとの関係に改めて目を向けます。キーワードは「骨」と「骨格」として、12組の作家による作品に触発されながら、「未来の骨格」を探っていきます。

会場構成は、トラフ建築設計事務所が担当し、出展作家は、からくり人形師 玉屋庄兵衛氏、写真家 ニック・ヴィーシー氏、アーティスト エルネスト・ネト氏、写真家 湯沢英治氏、アートユニット 明和電機、インタラクティブデザインスタジオ THA/中村勇吾、クリエイティブ集団 MONGOOSE STUDIO、デザインエンジニア 緒方壽人氏+コンピュータサイエンス研究者 五十嵐健夫氏、デザインプロジェクト 、デザインエンジニアリングファーム takram design engineering、デザイナー 前田幸太郎氏、慶応義塾大学 山中俊治研究室となっています。

第5回企画展 山中俊治ディレクション「骨」展
会期:2009年5月29日(金)~8月30日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:火曜日/入場料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT
» 山中俊治の「デザインの骨格」
» LEADING EDGE DESIGN

もうひとつのデザイン -その方法論を生命に学ぶ-もうひとつのデザイン -その方法論を生命に学ぶ-松岡 由幸 (著, 編集), 河口 洋一郎 (著), 山中 俊治 (著), 吉田 和夫 (著), 前野 隆司 (著), 村上 周三 (著), 門内 輝行 (著)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

NTTドコモ、佐藤可士和氏監修「N-07A」発表

  • Posted by: k_style
  • May 20, 2009 23:30
  • Categories:design | gadget
N-07A (C)NTT DOCOMO (C)Kashiwa Sato


NTTドコモは、「SPORTS」をキーワードにアートディレクター 佐藤可士和氏が監修した docomo PRIME series 『N-07A』を発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©NTT DOCOMO ©Kashiwa Sato)

『N-07A』は、約3.0インチ液晶を搭載したコンパクトなアークスライド™形状で、チェッカーフラッグやビビッドなブルーなど、スポーティなカラーバリエーションを採用しました。デジタルストップウォッチをイメージしてフォントから作りこんだ待受画面などのコンテンツがクールなスポーティ感を演出します。

サウンドコンテンツは音楽ユニット「元気ロケッツ」をプロデュースする水口哲也氏が制作し、「SPORTS EDITION™」のコンセプトを基に製作されたエレクトリックでスピード感溢れるサウンドが、外観デザイン・グラフィックデザインとシンクロします。

また、本機には加速度センサーを搭載し、距離、時間、歩数、ラップタイム、消費カロリー、脂肪燃焼量などランニング中に確認したい情報が一画面に全て表示、さらに歩数や距離などを目標設定しておけば達成時にはバイブレーションと画面で通知するコナミスポーツクラブ監修スポーティアプリケーション「Enjoy Excercise™」を搭載しています。なお、発売は2009年7月を予定しています。

[ 関連するサイト ]
» docomo series NAVI
» N-07A (NEC)

ポパイ特別編集 佐藤可士和 デザインぺディアポパイ特別編集 佐藤可士和 デザインぺディア
マガジンハウス (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
佐藤可士和の超整理術佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

資生堂・サントリーの商品デザイン展、東京藝術大学で開催

  • Posted by: k_style
  • May 14, 2009 00:30
  • Categories:design | events
東京藝術大学大学美術館 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京藝術大学大学美術館]

資生堂、サントリー、東京藝術大学は、3者協同のプロジェクトを発足し、2009年5月13日(水)から6月1日(月)までの期間、東京藝術大学大学美術館陳列館にて『資生堂・サントリーの商品デザイン展』を開催するのでメモしておきます。

本展では、社内にデザイナーを数多く有し、企業活動においてデザインの力を重視してきた資生堂、サントリー両社が、それぞれの創業から1世紀以上にわたって生み出してきた数多くの商品の中から、特に時代や文化を反映・牽引した化粧品、飲料など約400点を展示します。

資生堂は1872年に日本初の洋風調剤薬局として創業し、1897年に赤い化粧水「オイデルミン」で化粧品事業に参入しました。1916年には、デザインを担当する意匠部(現・宣伝制作部)を設立し、アールヌーボーやアールデコ、唐草などを取り入れ、独特の余白美を活かしたデザインを確立しました。資生堂では「商品をしてすべてを語らしめよ」という初代社長の言葉が語り継がれています。

サントリーは1899年に鳥井商店として創業。1907年に日本人の嗜好に合わせてつくられたはじめてのワイン「赤玉ポートワイン」を発売、その後ウイスキー、ビール、清涼飲料などの事業を展開しています。創業以来、世の中に新しい価値を提案する「やってみなはれ」の精神で、商品の魂を形にするサントリーデザインを志向しています。

第3回企業のデザイン展「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
会期:2009年5月13日(水)~6月1日(月)
会場:東京藝術大学大学美術館 陳列館 (Map)
開館時間:10:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-5777-8600

[ 関連するサイト ]
» 東京藝術大学大学美術館
» 資生堂
» サントリー

資生堂宣伝部日記資生堂宣伝部日記
水野 卓史 (著)

» Amazonで詳しく見る
サントリーサントリー 知られざる研究開発力―「宣伝力」の裏に秘められた強さの源泉
秋場 良宣 (著)

» Amazonで詳しく見る

パナソニック電工、深澤直人氏デザイン監修の照明シリーズ発売

  • Posted by: k_style
  • April 23, 2009 23:30
  • Categories:design
MODIFY シリーズ (C)Panasonic Electric Works Co., Ltd.


パナソニック電工は、プロダクトデザイナー 深澤直人氏監修の住宅用照明器具『MODIFY (モディファイ)シリーズ』を2009年4月21日より発売したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Panasonic Electric Works Co., Ltd.)

『MODIFY シリーズ』は、「球」・「半球」・「円錐台」といった照明の「定番の形」を用いながら、素材を見直し、細部の作り込み精度を上げた住宅用照明器具で、さらに、最新省エネ光源など新しい技術で現代の環境に適合するよう改良(=MODIFY)しました。

同シリーズは、主照明となるペンダントのほか、スタンド、ブラケットを展開し、合計72品番の幅広い品揃えをします。また、4月23日(木)よりイタリアミラノで開催される「2009年ミラノサローネ」に出展します。

[ 関連するサイト ]
» Symphony Lighting (パナソニック電工)
» NAOTO FUKASAWA DESIGN

【PR】ヤマギワ オンラインストア

Naoto FukasawaNaoto Fukasawa
Naoto Fukasawa (編集)

» Amazonで詳しく見る

KDDI、au携帯電話の新ブランド「iida」発表

  • Posted by: k_style
  • April 8, 2009 23:30
  • Categories:design | gadget
G9 (C)KDDI CORPORATION


KDDIは、これまで「au design project」の取り組みを発展・拡大させ、外部デザイナーとコラボレートし、顧客の暮らしをデザインする商品を作り出す新ブランド『iida (イーダ)』として展開することを発表したのでメモしておきます。 (プレスリリース/image©KDDI CORPORATION)


『iida』というブランド名は、「innovation」、「imagination」、「design」、「art」の頭文字を取ったもので、同ブランドの新商品第一弾として、プロダクトデザイナー 岩崎一郎氏のデザインによる、道具としての上質感や使い心地を追求したグローバルパスポート対応の携帯電話「G9」や、ワンセグや携帯電話で撮影した画像を映し出すことができる超小型のプロジェクター「Mobile pico projector」を発売します。

さらに、世界的な前衛芸術家 草間彌生氏によるアートとしての携帯電話3作品「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」を発売します。また、デザインディレクター 迎義孝氏(Kom&Co.)のデザインによる、日常生活で自然と接している水と空のように、自然と手に馴染む形や何気ない心地よさをテーマとした携帯電話「misora」、海山俊亮氏(MicroWorks)のデザインによる、インテリアのアクセントにもなる携帯電話ACアダプター「AC Adapter MIDORI」などを発売します。

[ 関連するサイト ]
» iida
» IWASAKI DESIGN STUDIO
» Yayoi Kusama Official Site
» Kom&Co.
» MicroWorks

Pyrex IH200V対応 ステンレスケトル マット PX-02-STKPyrex IH200V対応 ステンレスケトル マット PX-02-STK
Pyrex

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
I LIKE MYSELF―わたし大好きI LIKE MYSELF―わたし大好き
草間 彌生 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

「Tokyo Midtown Award 2009」作品募集、5月17日から開始

  • Posted by: k_style
  • March 30, 2009 23:30
  • Categories:art | design
Tokyo Midtown Award 2009 (C)Mitsui Fudosan Co., Ltd.


三井不動産は、"「JAPAN VALUE (新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し、世界に発信し続ける街"を目指す一環として、『Tokyo Midtown Award 2009』を開催するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Mitsui Fudosan Co., Ltd.)

今年で2回目となる『Tokyo Midtown Award』は、「アートコンぺ」と「デザインコンペ」の2部門で実施されます。

「アートコンペ」では、昨年同様"JAPAN VALUE"をテーマに作品を募集し、入賞作品は 東京ミッドタウン内パブリックスペースに展示します。また、「デザインコンペ」では、 "日本の新しい手みやげ"をテーマとし、入賞作品には、商品化をサポートするなど、優れたデザインを発信していく一助となることを目指します。

作品募集期間は、2009年5月7日(木)から7月13日(月)とし、授賞式は10月下旬ごろに開催予定です。

昨年の「アートコンペ」には総計478件、「デザインコンペ」には一般の部が713作品、学生の部が388作品の応募があり、受賞作品の2作品(「さくら石鹸」「くつくつした」)が商品化され、販売が決定しました。

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Midtown Award 2009
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown

東京ミッドタウン東京ミッドタウン

» Amazonで詳しく見る
Tokyo Midtown Art + Design 東京ミッドタウンのアートとデザインTokyo Midtown Art + Design 東京ミッドタウンのアートとデザイン
清水敏男 (監修)

» Amazonで詳しく見る

中村勇吾氏、廣村正彰氏が2008毎日デザイン賞受賞

  • Posted by: k_style
  • March 4, 2009 23:30
  • Categories:design
NOW UPDATING... THA/中村勇吾のインタラクティブデザイン (C)the ltd.


毎日新聞社は、1年間の最も優れたデザインに贈られる『2008毎日デザイン賞』に中村勇吾氏の「インタラクティブデザインの創造的な活動」と、廣村正彰氏の「建築空間と融合した一連のサイン計画」に決まったことを発表したのでメモしておきます。(image©the ltd.)

今回の毎日デザイン賞の候補者は22件で、中村氏と廣村氏はそれぞれ数人の調査委員から推薦され、近年、推薦が重なることは少なく成果が際立っていましたが、それぞれウェブと建築という活躍の場が全く異なることもあり、甲乙つけがたしと両者受賞で決着しました。

中村勇吾氏は、1970年奈良県生まれ。東京大大学院修了。98年からインタラクティブデザインに携わる。04年、デザインスタジオ「the ltd.」を設立。以後、ウェブサイトや映像のアートディレクション・デザイン・プログラミングの分野で活躍しています。カンヌ国際広告祭グランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワードグランプリなど受賞多数。

廣村正彰氏は、1954年愛知県生まれ。田中一光デザイン室を経て、88年廣村デザイン事務所を設立。主な仕事に日本科学未来館VI(ビジュアル・アイデンティティー)サイン計画、日産デザインセンターサイン計画、奈良平城遷都1300年記念事業マーク、横須賀美術館VIサイン計画など。

なお、本賞特別賞として、「デザインの重要性を訴え、幅広い活動を展開してきた意味は大きい」として日本グラフィックデザイナー協会に決定しました。

[ 関連するサイト ]
» 毎日デザイン賞

プロフェッショナル 仕事の流儀―ワンクリックで、世界を驚かせプロフェッショナル 仕事の流儀―ワンクリックで、世界を驚かせ
茂木 健一郎 (編集), NHK「プロフェッショナル」制作班 (編集)

» Amazonで詳しく見る
デザインのできること。デザインのすべきこと。デザインのできること。デザインのすべきこと。
廣村 正彰 (著), テキスト:加藤國康 (編集), アルフレッド・バーンバウム (翻訳)

» Amazonで詳しく見る

「U-Tsu-Wa/うつわ」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

  • Posted by: k_style
  • January 27, 2009 00:30
  • Categories:art | design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、陶作家 ルーシー・リィー氏とジェニファー・リー氏、木の作家 エルンスト・ガンペール氏による3人展『U-Tsu-Wa/うつわ』が2009年2月13日(金)から5月10日(日)まで開催されるのでメモしておきます。

シンプルな中に大胆な手法や表現を取り入れ、現代陶磁器の流れに大きな影響を与えたルーシー・リィー、静かで抽象的な造形の中に、独特な自然観を投影するジェニファー・リー、ろくろを使い、倒木や流木からその命を取り出すように制作するエルンスト・ガンペールの3氏の仕事と作品を通して生活と文化をうるおす豊かな「U-Tsu-Wa/うつわ」の世界を紹介します。

企画ディレクターは三宅一生氏、会場構成は安藤忠雄氏によるもので3人の作家の作品約100点と、各作家の貴重な映像資料、そして、ルーシー・リィー氏が一時期制作していたボタンが展示され、トークイベントやワークショップも開催される予定です。

「U-Tsu-Wa/うつわ」展
会期:2009年2月13日(金)~5月10日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:火曜日 ※5/5は開館
入場料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

うつわうつわ
ルーシー リィー (著), ジェニファー リー (著), エルンスト ガンペール (著), 21-21 DESIGN SIGHT (編集), 三宅一生 (監修)

» Amazonで詳しく見る
ルーシー・リールーシー・リー
トニー・バークス (著), 西 マーヤ (翻訳), 荻矢 知子 (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

Continue reading

「仲條服部八丁目心中」展、クリエイションギャラリーG8で開催

  • Posted by: k_style
  • January 16, 2009 00:30
  • Categories:art | design
クリエイションギャラリーG8 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:クリエイションギャラリーG8]

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8では、仲條正義氏と服部一成氏による新作ポスターの展覧会『仲條服部八丁目心中』が2009年1月13日(火)から2月6日(金)まで開催しているのでメモしておきます。

40年以上続く資生堂「花椿」のアートディレクションや、東京都現代美術館、ワコールスパイラルのシンプルで力強いロゴデザイン、謎めいたイラストレーションの数々。瑞々しく、既成概念を壊す自由な表現で、見る者を圧倒するパワーをもつ仲條正義氏と、独特の空気感漂うキユーピーハーフの一連の広告、雑誌「真夜中」の斬新なアートディレクション、昨年の展覧会で発表したストライプのシリーズなど、シンプルでありながら絶妙なアンバランスさで独自のグラフィック表現が際だつ服部一成氏が世代を超えて新作ポスターの真剣勝負に挑みます。

なお、両氏の新作ポスターは各30部で限定販売されるほか、作品集も販売される予定です。

Tokyo Kaleidoscape 2008-2009
期間:2009年1月13日(火)~2月6日(金)
会場:クリエイションギャラリーG8 (Map)
時間:11:00~19:00/休館日:日曜・祝日
問い合わせ:Tel.03-3575-6918

[ 関連するサイト ]
» クリエイションギャラリーG8

仲條正義 gggBooks 世界のグラフィックデザインシリーズ 15仲條正義 gggBooks 世界のグラフィックデザインシリーズ 15
仲条 正義 (著), 田中 一光

» Amazonで詳しく見る
GRAPHICGRAPHIC
北川 一成 (著), 植原 亮輔 (著), 佐藤 可士和 (著), 佐野 研二郎 (著), 野田 凪 (著), 葛西 薫 (著), 服部 一成 (著), 仲条 正義 (著), 安東 孝一 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

Tokyo Kaleidoscape 2008-2009、ワールド青山ビルで開催

  • Posted by: k_style
  • January 14, 2009 23:30
  • Categories:design
「Tokyo Kaleidoscape 2008-2009」 (C)WORLD CO., LTD.


アパレル大手のワールドは、ワールド青山ビル 1階エントランスで、 2008年12月16日(火)から2009年1月30日(金)まで、照明デザイナー 東宮洋美氏が手掛ける映像のイルミネーション『Tokyo Kaleidoscape 2008-2009 (東京 カレイドスケープ)』を開催しているのでメモしておきます。(プレスリリース/image©WORLD CO., LTD.)

イルミネーションは、新春をイメージした映像「Sharp Silent Sea」を17時から24時まで実施しています。カレイドスケープ(万華鏡)の様に変化する3次元グラフィックスの映像は、2008年10月に同ビルエントランスに設置した、ゲーリーパートナーズ制作の巨大な木製のベンチ「Tokyo Bench (東京ベンチ)」の曲線と美しい調和を織り成しています。

「Tokyo Bench」は高度な手作業で作られた優雅な曲線が特徴的な、全長23mにおよぶベンチ。楓の細い角材ひとつひとつをスチームすることで、極限まで曲げ、1本ずつ木くぎで固定した、素材への理解と緻密な作業で制作されました。

Tokyo Kaleidoscape 2008-2009
期間:2008年12月16日(火)~2009年1月30日(金)
会場:ワールド青山ビル 1階エントランス (Map)
時間:17:00~24:00

[ 関連するサイト ]
» LIGHTSCAPE
» Gehry Partners, LLP

光の景観〈2〉照明デザインプロジェクト光の景観〈2〉照明デザインプロジェクト
東宮 洋美 (著)

» Amazonで詳しく見る
[DVD] スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版[DVD] スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版
出演: フランク・ゲーリー;シドニー・ポラック;デニス・ホッパー;ジュリアン・シュナーベル;ボブ・ゲルドフ

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

エビアン×ジャンポール・ゴルチエ、オリジナルペットボトル発売

  • Posted by: k_style
  • December 10, 2008 23:30
  • Categories:design
エビアン×ジャンポール・ゴルチエ 500mlペットボトル (C)Danone Waters of Japan Co., Ltd.


ナチュラルミネラルウォーター「エビアン」を輸入・販売する伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは2008年12月8日(月)より、『エビアン×ジャンポール・ゴルチエ 500mlペットボトル』を限定発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Danone Waters of Japan Co., Ltd.)

『エビアン×ジャンポール・ゴルチエ 500mlペットボトル』は、2008年11月20日(木)より販売しているデザイナーズボトル(ガラスボトル)に続いて、ファッションデザイナー Jean Paul GAULTIER (ジャンポール・ゴルチエ)氏とのコラボレーションによるものです。

今回発売する500mlペットボトルは日本だけのオリジナルデザインで、レッド、ブルー、シルバーの3色(各136円 税込)のラインナップとなっています。

[ 関連するサイト ]
» evian Jean Paul Gaultier
» evian.co.jp

[ 関連するエントリー ]
» ゴルチエ氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル限定発売 (2008.10.20)

【PR】楽天市場でevian(エビアン)の商品を探してみませんか?

エビアン ペットボトルエビアン ペットボトル
エビアン

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

コクヨデザインアワード受賞「フリーカットメモ」を商品化

  • Posted by: k_style
  • November 17, 2008 23:30
  • Categories:design
 フリーカットメモ Tidbit (C)KOKUYO Co.,Ltd.


コクヨS&Tは、全面ミシン目入りで、自由な大きさや好きな形に切り取れる『フリーカットメモ Tidbit (チビット)』を、2008年11月14日に発売したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KOKUYO Co.,Ltd.)

『Tidbit (チビット)』は、用紙全面にミシン目が入っているので、切り取り線を文字を書くときの罫線として利用でき、用紙を自由な大きさ、好きな形に切り取ることができます。また、表紙は折り返して使えるほか、切り取ったメモを入れるポケットがついています。

商品名『Tidbit (チビット)』は、『情報の断片』、あるいは『一口のおいしいもの』という意味を持ち、コクヨデザインアワード2007のグランプリ受賞作品を、日常使いやすい規格にアレンジしたものです。

ラインナップは、6mm中横罫(ミシン線)と、5mm方眼罫(ミシン線)の2タイプで、それぞれ3つのサイズ(A7・B7・A6)計6アイテムで構成されています。

[ 関連するサイト ]
» Tidbit [チビット]

コクヨS&T フリーカットメモ (チビット) B7変形 130X80mm 5mm方眼ミシン目入り 80枚 メ-F22BコクヨS&T フリーカットメモ (チビット) B7変形 130X80mm 5mm方眼ミシン目入り 80枚 メ-F22B
コクヨ

» Amazonで詳しく見る
コクヨS&T フリーカットメモ (チビット) A6変形 150X110mm B罫ミシン目入り 80枚 メ-F31WコクヨS&T フリーカットメモ (チビット) A6変形 150X110mm B罫ミシン目入り 80枚 メ-F31W
コクヨ

» Amazonで詳しく見る

ゴルチエ氏デザイン、「エビアン」デザイナーズボトル限定発売

  • Posted by: k_style
  • October 20, 2008 23:30
  • Categories:design
2009「エビアン」デザイナーズボトル (C)Danone Waters of Japan Co., Ltd.


ナチュラルミネラルウォーター「エビアン」を輸入・販売する伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは2008年11月20日(木)より、『2009「エビアン」デザイナーズボトル』を限定発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Danone Waters of Japan Co., Ltd.)

「エビアン」では1992年より、限定デザインのボトルを販売し、2009年に向けての限定ボトルは、ファッションデザイナー ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul GAULTIER)氏とのコラボレーションによるものです。ボトルを両ブランドの大きなロゴで包み込み、透明性のあるデザインで純粋な美しさを華やかに表現したガラスボトルに仕上がっています。カラーはセイラー(船員)をイメージしたジャンポール・ゴルチエ氏自身を象徴する色「マジェスティックブルー」を使用しています。

2009「エビアン」デザイナーズボトル
発売日:2008年11月20日(木)
容量:750ml
メーカー希望小売価格:1,260円/本(箱なし)、1,575円/本(箱あり)
販売地域:全国

[ 関連するサイト ]
» evian Jean Paul Gaultier
» evian.co.jp

【PR】楽天市場でevian(エビアン)の商品を探してみませんか?

エビアン ペットボトルエビアン ペットボトル
エビアン

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

東京デザイナーズウィーク2008、10月30日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 17, 2008 00:30
  • Categories:design | events
昨年の東京デザイナーズウィーク (明治神宮外苑) photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:明治神宮外苑 (昨年の東京デザイナーズウィーク)]

デザインアソシエーションは、国内最大級のデザインイベント『Tokyo Designers Week 2008 (東京デザイナーズウィーク2008)』を2008年10月30日(木)から11月3日(月・祝)まで開催するのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

※「SHOP EXHIBITION」は10月25日(土)より先行開催します。

「東京デザイナーズウィーク (Tokyo Designers Week)」は今年で23年目を迎え、国内外のデザイナーや企業、大使館、学校などが参加する、デザインのプロフェッショナルが集まるデザイントレードショーです。

今年のテーマも「LOVE」として、明治神宮外苑をメイン会場に、ロンドン発コンテンポラリーインテリアプロダクトのトレードショウ「100% Design Tokyo」、「CONTAINER DEISGNING TOWN」と名前を改めたコンテナ展、「100%futures」としてレベルアップした学生展、そして東京の街を舞台にした中核コンテンツである「SHOP EXHIBITION」で構成されています。サテライト会場の赤坂アークヒルズ カラヤン広場では、若手デザイナー発掘イベント「ZERO EXHIBITION」を開催します。

また、今年も期間限定のカフェ「Casa BRUTTUS Cafe@SELAN」がオープンします。今回は、デザイナー カリム・ラシッド氏、建築家 藤森照信氏、中村拓志氏らによるデザインハンバーガーが登場します。そしてデザートは妹島和世氏によるデザインとなっています。

Tokyo Designers week 2008 (東京デザイナーズウィーク2008)
会期:2008年10月30日(木)~11月3日(月・祝)
※「SHOP EXHIBITION」は10月25日(土)から
会場:明治神宮外苑中央会場 (Map)
※「ZERO EXHIBITION」は赤坂アークヒルズ カラヤン広場で開催
開催時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00まで/入場料:2,500円
問い合わせ:デザインアソシエーション事務局 Tel.03-3470-7699
Casa BRUTUS Cafe@SELAN
会期:2008年10月30日(木)~11月3日(月・祝)
場所:SELAN (東京都港区北青山2-1-19・Map)
営業時間:11:30~22:30(21:30LO)、日曜~21:30(20:30LO)
問い合わせ:Tel.03-3478-2200

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Designers week 2008

[ 関連するエントリー ]
» [PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.2 (2007.11.05)
» [PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.1 (2007.11.04)
» 東京デザイナーズウィーク2007、10月31日から開催 (2007.10.22)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2006 (2006.11.06)
» 東京デザイナーズウィーク2006、10月31日から開催 (2006.10.18)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2005 (2005.11.07)

[雑誌] Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2008年 11月号[雑誌] Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2008年 11月号

» Amazonで詳しく見る

DESIGNTIDE TOKYO 2008、10月30日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 15, 2008 00:30
  • Categories:design | events
東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン]

デザインタイド実行委員会は、今回で4年目を迎える『DESIGNTIDE TOKYO 2008』を東京ミッドタウン・ホールをメイン会場に2008年10月30日(木)から11月3日(月・祝)まで開催するのでメモしておきます。

『DESIGNTIDE TOKYO 2008』は、インテリア、プロダクト、建築、グラフィック、テキスタイル、ファッション、アートなど様々なジャンルから集まった作家たちの真摯なデザイン活動を受けとめる器として、東京という場所だからこそ集うデザインを発表し、トレードするためのエキシビションです。

同エキシビションのコンテンツは東京ミッドタウン・ホールで開催される「TIDE Exhibition (タイドエキシビジョン)」「TIDE Market (タイドマーケット)」と都内各所の会場で開催される「TIDE Extension (タイドエクステンション)」で構成しています。

「TIDE Exhibition (タイドエキシビジョン)」はデザインタイドの中核として、新しい創作とアイデアが発表され、トレードされる場所、「TIDE Market (タイドマーケット)」は新しいクリエーションを展示販売し、マーケットリサーチすることが可能な場所、「TIDE Extension (タイドエクステンション)」は東京という街全体で行われる作品発表の場所となっています。

DESIGNTIDE TOKYO 2008
会期:2008年10月30日(木)~11月3日(月・祝)
メイン会場:東京ミッドタウン・ホール (Map)
時間:11:00~21:00 (10/30は15:00~21:00、11/3は11:00~17:00)
入場料:1,000円 (1日間)
エクステンション会場:東京都内各所
問い合わせ:Tel.03-5770-4127

[ 関連するサイト ]
» DESIGNTIDE TOKYO 2008

[ 関連するエントリー ]
» DesignTide in Tokyo 2007、10月31日から開催 (2007.10.29)
» Design Tide in Tokyo 2006、11月1日から開催 (2006.10.19)
» 「Design Tide in Tokyo 2005」開催 (2005.10.26)

DesignTide A Message from TokyoDesignTide A Message from Tokyo
デザインタイド実行委員会 (著)

» Amazonで詳しく見る

「2008年度グッドデザイン賞ベスト15」発表

  • Posted by: k_style
  • October 9, 2008 23:30
  • Categories:design
GR DIGITAL II (C)Ricoh Company, Ltd.


日本産業デザイン振興会は、『2008年度グッドデザイン賞ベスト15』を決定し、その中から大賞候補として7点を選出したことを発表したのでメモしておきます。(image©Ricoh Company, Ltd.)

大賞候補7点を対象に、11月6日に開催される「グッドデザイン大賞大賞選出および表彰式」の会場で公開プレゼンテーションを実施し、グッドデザイン賞受賞者ならびにグッドデザイン賞審査委員、審議委員により投票を行い、2008年度グッドデザイン大賞が決定します。その時点で大賞以外の14点は金賞となります。

[ 2008年度グッドデザイン大賞候補 ]
» 戸建て住宅 無印良品「窓の家」 (ムジ・ネット)
» オフセット枚葉印刷機 DIAMOND300シリーズ (三菱重工業)
» LANシート (イトーキ)
» 乗用車 iQ (アイキュー) (トヨタ自動車)
» 乗用車 FCXクラリティ (本田技研工業)
» デジタルスチルカメラ RICOH GR DIGITAL II (リコー)
» PLAYSTATION3のFolding@homeプロジェクト協力 (ソニー・コンピュータエンタテインメント)

[ 関連するサイト ]
» 2008年度グッドデザイン賞

[ 関連するエントリー ]
» グッドデザインエキスポ 2008、8月22日から24日まで開催 (2008.08.07)

【PR】「その道のプロ」が選んだこだわりの生活用品、スタイル、空間。【All About スタイルストア】

RICOH デジタルカメラ GR DIGITALIIRICOH デジタルカメラ GR DIGITALII
リコー

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
Gマーク大全―グッドデザイン賞の50年Gマーク大全―グッドデザイン賞の50年

» Amazonで詳しく見る
ジャパンデザイン 2007-2008―グッドデザインアワード・イヤーブックジャパンデザイン 2007-2008―グッドデザインアワード・イヤーブック
日本産業デザイン振興会 (著)

» Amazonで詳しく見る

吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展、10月17日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 8, 2008 00:30
  • Categories:art | design
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、第4回企画展 吉岡徳仁ディレクション『セカンド・ネイチャー』展が2008年10月17日(金)から2009年1月8日(日)まで開催されるのでメモしておきます。

本展では、人の想像をはるかに超え、不思議な強さを秘めた自然そのものに改めて目を向けながら、デザインの未来を考えます。ディレクターを務めるデザイナー 吉岡徳仁氏を含めた国内外8組のクリエイターの作品を展示するとともに、空間全体を包む雲のようなインスタレーションによる実験的な提案を行います。

第4回企画展 吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展
会期:2008年10月17日(金)~2009年1月8日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:火曜日
入場料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT
» Tokujin Yoshioka Design

セカンド・ネイチャーセカンド・ネイチャー
21_21DESIGN SIGHT (編さん)

» Amazonで詳しく見る
Tokujin Yoshioka DesignTokujin Yoshioka Design
新見 隆 (著)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

KDDI×COACH:COACH Mobile Phone、数量限定発売

  • Posted by: k_style
  • October 7, 2008 23:30
  • Categories:design
Op Art (C)Coach, Inc.


コーチ・ジャパンは、KDDIとコラボレーションで『COACH Mobile Phone』を2008年11月下旬より、全国のau販売店(auショップ、PiPit/一部除く)にて発売することを発表したのでメモしておきます。。(プレスリリース/image©Coach, Inc.)

『COACH Mobile Phone』は、9月26日に公式モバイルサイトとして、「コーチモバイル」をスタートさせ、また、COACHの新アイコンであるOp Art(オプ・アート)柄が、この秋発売のMadison Collection(マディソン・コレクション)からCOACH製品に登場することを記念して発売します。

同モデルは、「フルチェンケータイ re」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)のスペシャルモデルで、携帯電話の外装、メインメニューや待ち受け画面に至るまで、Op Art柄の新たな配色で特別にデザインを施し、携帯電話全体がCOACHのスペシャル仕様となります。

今回発売されるのは、「フルチェンケータイ re」向けのカスタマイズキットで、メイン・キー・電池フタ・カメラ周辺部のセット価格で19,410円(税込)となり、別途、パーツ変更手数料525円(税込)と「フルチェンケータイ re」本体の購入が必要です。なお、コーチの創業年である1941年にちなみ、販売数は1,941台の限定数量販売となっています。

[ 関連するサイト ]
» コーチ - オフィシャル ウェブサイト
» フルチェンケータイ re (製品情報)

【PR】楽天市場でCOACH(コーチ)の商品を探してみませんか?

コーチ進化するブランドコーチ進化するブランド

» Amazonで詳しく見る

ザハ・ハディド店舗設計「ニール・バレット青山店」、9月17日グランドオープン

ニール・バレット青山店 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ニール・バレット青山店]

建築家 ザハ・ハディド氏が店舗設計を手がけた新コンセプトショップ『ニール・バレット青山店』が2008年9月17日(水)にグランドオープンするのでメモしておきます。

『ニール・バレット』はサン・フレールからPMDジャパンに輸入販売業務の移管に伴い、青山・骨董通りのショップをクローズし、9月17日(水)のグランドオープンに先駆け、8月11日(月)よりプレオープンしています。

ニール・バレット青山店
所在地:東京都港区南青山3-17-6 (Map)
営業時間:11:00~20:00
問い合わせ:Tel.03-5474-0051

[ 関連するサイト ]
» neilbarrett
» PMD JAPAN

【PR】楽天市場でNeil Barrett(ニール・バレット)の関連商品を探してみませんか?
【PR】Neil Barrett (SPACE&Co. ONLINE SHOP)

GA DOCUMENT 99―世界の建築 (99) ザハ・ハディドGA DOCUMENT 99―世界の建築 (99) ザハ・ハディド
Yukio Futagawa (著)

» Amazonで詳しく見る
Zaha Hadid: Complete WorksZaha Hadid: Complete Works
Patrik Schumacher (編集), Gordana Fontana-Giusti (編集)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

グッドデザインエキスポ 2008、8月22日から24日まで開催

  • Posted by: k_style
  • August 7, 2008 00:30
  • Categories:design
東京大学情報学環・福武ホール photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京大学情報学環・福武ホール]

グッドデザイン賞を主催する日本産業デザイン振興会は、アジア最大規模のデザインイベント『グッドデザインエキスポ 2008』を東京ビックサイトにて2008年8月22日(金)から24日(日)まで開催するのでメモしておきます。

本イベントでは、グッドデザイン賞ノミネートデザイン2,300点を展示するほか、企業やデザイン系教育機関によるブース展示、ステージイベントやワークショップなどが行われます。

グッドデザインエキスポ 2008
会期:2008年8月22日(金)~8月24日(日)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟 東5,6ホール (Map)
開催時間:24日(金)18:00~21:00、25日(土)10:00~21:00、26日(日)10:00~16:00
入場料:1,000円(3日間共通)

[ 関連するサイト ]
» Good Design Award

今年度グッドデザイン賞ノミネートデザインの社会領域/公共施設・建築部門には、建築家 安藤忠雄氏が設計した「東京大学情報学環・福武ホール」(上写真)がノミネートされています。

[ 関連するエントリー ]
» 東京大学情報学環・福武ホール、竣工 (2008.04.07)

【PR】「その道のプロ」が選んだこだわりの生活用品、スタイル、空間。【All About スタイルストア】

Gマーク大全―グッドデザイン賞の50年Gマーク大全―グッドデザイン賞の50年

» Amazonで詳しく見る
ジャパンデザイン 2007-2008―グッドデザインアワード・イヤーブックジャパンデザイン 2007-2008―グッドデザインアワード・イヤーブック
日本産業デザイン振興会 (著)

» Amazonで詳しく見る

THA/中村勇吾のインタラクティブデザイン展、gggで開催

  • Posted by: k_style
  • July 30, 2008 23:30
  • Categories:design
NOW UPDATING・・・ THA/中村勇吾のインタラクティブデザイン展 (C)tha ltd.


東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)では、日本を代表するウェブデザイナー 中村勇吾氏の初の展覧会『NOW UPDATING・・・ THA/中村勇吾のインタラクティブデザイン』を2008年8月5日(火)から開催するのでメモしておきます。(image©tha ltd.)

本展では、NEC ecotonoha、アマナのfotologue、SAMURAI、UNIQLO USA、SoftBank、MoMA、イメージブックマークサービス「FFFFOUND!」など、これまでの仕事から、習作、展覧会用オリジナル制作、これからの試作までいろいろなプログラムを並べ、世界中のそれぞれの場所、瞬間、来訪者との一期一会を重ね続けるさまざまなインタラクティブデザインの面白さ、魅力を紹介します。

中村勇吾氏は、1970年奈良県生まれ、東京大学工学部大学院修了後、1998年よりインタラクティブデザインの世界に。2004年にtha ltd.を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション・デザイン・プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けています。カンヌ国際広告フェスティバル・グランプリ、OneShowインタラクティブ・グランプリ、アルス・エレクトロニカ入賞ほか多数受賞。ポンピドゥーセンター(パリ)、デザインミュージアム(ロンドン)ほかの展覧会に多数出展。現在、多摩美術大学客員教授。

「tha ltd. (ティー・エイチ・エー)」は中村勇吾氏、阿部洋介氏、北村慧太氏、深津貴之氏ほか計8名から成るデザインスタジオ。ウェブサイトやソフトウェアの開発を中心に、映像や空間インスタレーションの製作に携わっています。

NOW UPDATING・・・ THA/中村勇吾のインタラクティブデザイン
会期:2008年8月5日(火)~8月28日(木)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg) (Map)
時間:11:00~19:00 (土曜には18:00まで)/休館日:日曜・祝祭日
問い合わせ:Tel.03-3571-5206

[ 関連するサイト ]
» DNP Gallery:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
» yugop.com (中村勇吾オフィシャルサイト)
» tha ltd.

記憶に残るウェブサイト [ トップクリエイター10組へのインタビュー集]記憶に残るウェブサイト [ トップクリエイター10組へのインタビュー集]
インタビュアー:川上 俊 (著), 栗田 洋介 (編集), 深沢慶太 (編集)

» Amazonで詳しく見る

KDDI、[ガッキ ト ケータイ]展・[PLY -ケータイの層-]展を開催

[ガッキ ト ケータイ]展・[PLY -ケータイの層-]展 (C)KDDI CORPORATION.


KDDIは東京、名古屋、大阪、福岡の4会場にて「au design project」による展覧会『[ガッキ ト ケータイ]展』『[PLY -ケータイの層-]展』を開催するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©KDDI CORPORATION.)

今回はヤマハデザイン研究所とのコラボレーションによる[ガッキ ト ケータイ]展、そしてデザイナー 神原秀夫氏とのコラボレーションによる[PLY -ケータイの層-]展の2つの展覧会で、新しいコンセプトモデルを発表します。

『[ガッキ ト ケータイ]展』は、昨年夏に開催した「ケータイがケータイし忘れていたもの」展に引き続き、「インタラクションデザイン」をテーマにしたプロジェクトです。今回はヤマハデザイン研究所とのコラボレーションにより、楽器とケータイが融合した時に生まれる新しい使い方を提案し、「オンガク スル ケータイ/ケータイ スル ガッキ」をコンセプトにした6つのコンセプトモデルを展示発表します。

『[PLY -ケータイの層-]展』は、「カドケシ」の生みの親であるデザイナー 神原秀夫氏によるプロダクト&インタラクションデザインの提案として、デザイナー自身の考える色彩とギミックのバリエーションがペーパークラフトで作られたコンセプトモデルによって表現されています。「PLY (プライ)」とは、「積層」を意味する言葉で「ケータイの過去、そして未来が「層」として積み重なっていく」というイメージから生まれたコンセプトモデルです。

東京会場
会期:2008年7月25日(金)~8月31日(日)
会場:KDDIデザイニングスタジオ 1F、2F (Map)
時間:10:00~20:00
福岡会場
会期:2008年9月9日(火)~9月15日(月)
会場:IMS B2Fイムズプラザ (Map)
時間:10:00~20:00
大阪会場
会期:2008年9月27日(土)~10月3日(金)
会場:クリスタ長堀 滝の広場 (Map)
時間:11:00~20:00
名古屋会場
会期:2008年10月17(金)~10月27日(月)
会場:ミッドランドスクエア B1Fアトリウム (Map)
時間:11:00~20:00

[ 関連するサイト ]
» au design project CONCEPT DESIGN 2008

[ 関連するエントリー ]
» au design project 『INFOBAR 2』、11月下旬より順次発売 (2007.09.26)
» You Feel MEDIA SKIN、表参道ヒルズで開催 (2007.03.31)
» au design project MEDIA SKIN展、2月17日から開催 (2007.02.15)
» MEDIA SKIN:吉岡徳仁×au design project (2007.01.17)
» 「au design project」4モデル、MoMAコレクションに選定 (2007.01.16)
» [PHOTO] INFOBAR2:KDDIデザイニングスタジオ (2006.10.17)
» au design project:コンセプトモデル「INFOBAR2」発表 (2006.10.17)
» 坂井直樹氏プロデュースau端末「DRAPE」発表 (2006.08.28)
» 深澤直人×au design project:neon (2006.01.21)
» Marc Newsonデザイン携帯電話「talby」発表 (2004.10.14)
» INFOBAR [ANNIN] (2004.04.14)

携帯電話のデザインロジック―電話を超えた万能ツールはどのようにデザインされるのか?携帯電話のデザインロジック―電話を超えた万能ツールはどのようにデザインされるのか?
カラーズ (編さん)

» Amazonで詳しく見る

浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催

21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、浅葉克己ディレクション『祈りの痕跡。』展が2008年7月19日(土)から9月23日(火・祝)まで開催されるのでメモしておきます。

「誰が最初に痕をつけたのか」。それは、アートディレクター、浅葉克己の脳裏につねに存在する問いかけであり、本展の出発点です。
5000年前、粘土板に楔形の"しるし"を刻みつけたのが文字の誕生と言われています。その瞬間から考えや感情、人間の情熱や才能、芸術や科学は永遠の命を約束されました。文字ほど人類に大きな影響を与えた発明はありません。
2008年夏、21_21 DESIGN SIGHTにその痕跡を集め、多彩な参加作家の協力のもとに、会場を文字で埋めつくします。

浅葉氏は横浜出身、桑沢デザイン研究所を卒業後、佐藤敬之輔タイポグラフィ研究所にて 文字設計を修業後、ライトパブリシティに入社。1975年、浅葉克己デザイン室を設立。サントリー、西武百貨店、ミサワホーム等数々の広告を手がける。中国の少数民族ナシ族に伝わる象形文字・トンパ文字への造詣が深く、トンパ文字掛軸で2002年東京ADCグランプリ。同年、紫綬褒章を受章。卓球6段。

地球文字探検家 浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」展
会期:2008年7月19日(土)~9月23日(火・祝)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:火曜日
入場料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 参考 ]
» 浅葉克己 (Wikipedia)

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

地球文字探険家地球文字探険家
浅葉 克己 (著)

» Amazonで詳しく見る
浅葉克己 ggg Books 18浅葉克己 ggg Books 18
浅葉 克己 (著), 田中 一光 (監修)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

21_21 DESIGN SIGHT 1周年記念講演会 特別上映会、6月28日開催

  • Posted by: k_style
  • June 27, 2008 00:30
  • Categories:design | events
21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設『21_21 DESIGN SIGHT』では、開館1周年を記念して先日行われた「デザイントーク」の特別上映会を2008年6月28日(土)に開催するのでメモしておきます。

上映会では、三宅一生氏、佐藤卓氏、深澤直人氏、川上典李子氏が『21_21 DESIGN SIGHT』における活動を展覧会を振り返りながら、そこから新たに見えてきたこと、そのうえでさらに、ものづくりの今後のために、いま必要とされていることは何かを語りあっています。

21_21 DESIGN SIGHT 1周年記念講演会 特別上映会
日時:2008年6月28日(土) 18:30~(約1時間予定)
場所:21_21 DESIGN SIGHT 1階ロビー (Map)
定員:着席70名/参加費:無料
※当日17:00より着席の整理券を配布 (整理券無しの立ち見も可)
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

[ 関連するエントリー ]
» 三宅一生ディレクション「XXI c. - 21世紀人」展 (2008.04.04)
» 「200∞年 目玉商品」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2008.01.25)
» 佐藤卓ディレクション「Water」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.10.05)
» 櫛本喜彦×佐藤卓トークショー、青山ブックセンター本店で開催 (2007.09.25)
» 「THIS PLAY!」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2007.09.13)
» ヨーロッパで出会った新人たち:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.28)
» 落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.06)
» 三宅一生のデザインレクチャー:21_21 DESIGN SIGHT (2007.07.10)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT - 建築メモ (2007.05.28)
» 第1回企画展「チョコレート」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.04.26)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT|モノづくりの情熱に触れる (2007.04.04)
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
» 安藤忠雄/2006年の現場 悪戦苦闘:21_21 DESIGN SIGHT (2007.01.26)
» 東京ミッドタウンに「21/21 DESIGN SIGHT」創設 (2005.07.15)

XXIc.-21世紀人XXIc.-21世紀人
三宅 一生, 21_21 DESIGN SIGHT

» Amazonで詳しく見る
200∞年目玉商品―21_21DESIGN SIGHT+パートナー企業200∞年目玉商品―21_21DESIGN SIGHT+パートナー企業
21_21DESIGN SIGHT (編さん)

» Amazonで詳しく見る
water-水(:mizu) (ワールド・ムック 685)water-水(:mizu) (ワールド・ムック 685)
竹村 真一 (著)

» Amazonで詳しく見る

三菱一号館美術館ロゴマーク、服部一成氏がデザイン

三菱一号館美術館ロゴマーク (C)MITSUBISHI ESTATE CO., LTD.


三菱地所は、東京・丸の内で開発を進めている三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画における『三菱一号館美術館』のロゴマークを決定し、2010年4月の開館記念として「マネとモダン・パリ」展を開催すると発表したのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©MITSUBISHI ESTATE CO., LTD.)

ロゴマークをデザインしたのはアートディレクター/グラフィックデザイナー 服部一成氏で、「三菱」を中心軸にして「一号館」「美術館」を左右にシンメトリーに配置し、繰り返しの音のユニークさを視覚的に強調しています。また、「文化交流・発信の中核」という美術館のコンセプトを踏まえ、東西文化の交流をイメージして和文名と英文名を常に組み合わせ使用するプランとしています。

本計画は、三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル跡地に高層・低層棟が『丸の内パークビルディング』、復元する赤煉瓦棟が『三菱一号館』となっています。旧三菱一号館は、イギリス人の建築家 ジョサイア・コンドル氏の設計で、1894年に竣工(1968年解体)したイギリス・ビクトリア時代のクイーン・アン・スタイルの赤煉瓦建物です。

丸の内パークビルディング・三菱一号館 建築概要
所在地:東京都千代田区丸の内二丁目6番1号他 (Map)
設計監理:三菱地所設計
敷地面積:約11,900m²/延床面積:約205,000m²
規模:地上34階・地下4階・塔屋3階(丸の内パークビルディング)、地上3階・地下1階(三菱一号館)
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造(丸の内パークビルディング)、煉瓦組積造(三菱一号館)
竣工:2009年春予定

[ 関連するサイト ]
» 三菱地所
» 三菱地所設計

[ 関連するエントリー ]
» 丸の内パークビルディング・三菱一号館が着工 (2007.02.04)
» 三菱商事ビル・古河ビル・丸の内八重洲ビル建替計画 (2006.06.05)

雑誌デザインの潮流を変えた10人雑誌デザインの潮流を変えた10人
藤本 やすし (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
文字大全―雑誌・書籍・広告・パッケージ文字大全―雑誌・書籍・広告・パッケージ
『デザインの現場』編集部 (編集)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

石上純也×La Chaise、hhstyle.comチャリティオークション開催

hhstyle.comチャリティオークション (C)inter office ltd.


インテリアショップを展開する「hhstyle.com」は、緑をテーマにしたペインティングチェアによるチャリティオークションを開催しているのでメモしておきます。(image©inter office ltd.)

第2回目となる今回は、東京都現代美術館で開催されたSpace for your future展での「四角いふうせん」や、細い柱が林立する「神奈川工科大学KAIT工房」など、建築とアートの領域を跨ぐ新鮮な作品が高い評価を受け、著しい活躍をみせる若手建築家 石上純也氏がイームズの名作「La Chaise」を題材にペインティングを施しました。

本作品は、原宿本店、青山店にて巡回展示後、hhstyle.comオークションに出品され、オークション落札による売上は、東京都の緑化計画「海の森」へと寄付されます。

junya ishigami×la chaise : green auction
[展示期間]
2008年5月24日(土)~6月30日(月) 原宿本店 (Map)
2008年7月1日(火)~7月27日(日) 青山店 (Map)
[オークション期間]
2008年7月17日(木)~7月27日(日)
hhstyle.comオークションサイトにて開催

[ 関連するサイト ]
» hhstyle.com AUCTION
» 石上純也建築設計事務所
» 緑の東京募金

La ChaiseLa Chaise
デザイナー:Charles & Ray Eames

» hhstyle.comで詳しく見るicon
[雑誌] 「デザインプロセス×6」DETAIL JAPAN (ディーテイル・ジャパン) 2008年 04月号[雑誌] 「デザインプロセス×6」DETAIL JAPAN (ディーテイル・ジャパン) 2008年 04月号

» Amazonで詳しく見る

Francfranc×NEC×NTTドコモ:FOMA N706i

  • Posted by: k_style
  • May 27, 2008 23:30
  • Categories:design | gadget
FOMA N706i (C)NEC CORPORATION


NTTドコモは906i及び706iシリーズ19機種63色を発表し、706iシリーズの中でインテリア雑貨のブランド「Francfranc」とのコラボレーションモデル『N706i (Francfrancケータイ)』を発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image©NEC CORPORATION)

『N706i (Francfrancケータイ)』はシンプルかつフラットなデザインで、20代半ばの女性をターゲットとしており、カラーは、N706iのロゴがあしらわれた「white」、「gold」、「black」に加え、虹色に輝くFrancfrancのロゴが刻印されたスペシャルパッケージの「pink」が用意されています。

「My Signal®」のアニメーションは30種がプリインストールされており、ダウンロードも可能のほか、ワンセグ機能、3GおよびGSMによる国際ローミング対応、オリジナルデザインの内蔵コンテンツがプリインストールされています。また、スペシャルパッケージの「pink」には旅行で役立つ特製ポーチなどのトラベルセットが同梱されています。

[ 関連するサイト ]
» N706i Special Site (NEC)
» Francfranc
» NTTドコモ

フランフランを経営しながら考えたこと―Francfrancからデザインビジネスの可能性を拡げるバルスの戦略フランフランを経営しながら考えたこと―Francfrancからデザインビジネスの可能性を拡げるバルスの戦略
高島 郁夫 (著)

» Amazonで詳しく見る
丸ごと一冊フランフラン丸ごと一冊フランフラン

» Amazonで詳しく見る

「what's GOOD DESIGN 2008」展、東京ミッドタウンで開催

  • Posted by: k_style
  • May 21, 2008 00:30
  • Categories:design
東京ミッドタウン・デザインハブ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京ミッドタウン・デザインハブ]

東京ミッドタウンのデザインハブでは、第10回企画展『what's GOOD DESIGN 2008』が2008年5月15日(木)から6月11日(水)まで開催されているのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

本展では、2008年度のグッドデザイン賞が打ち出す新しい視点と方針について、近年の受賞作品の展示や審査委員のビデオメッセージなどにより紹介します。また、今年から大幅に運営が改められたロングライフデザイン賞をテーマに、デザイン分野のオピニオンリーダーが独自にセレクトした「ロングライフデザイン」も出展されます。

what's GOOD DESIGN 2008
会期:2008年5月15日(木)~6月11日(水)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (Map)
時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-6743-3777

[ 関連するサイト ]
» Good Design Award
» DESIGN HUB
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown

ジャパンデザイン 2007-2008―グッドデザインアワード・イヤーブックジャパンデザイン 2007-2008―グッドデザインアワード・イヤーブック
日本産業デザイン振興会 (著)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

アート、デザインコンペ「Tokyo Midtown Award 2008」開催

  • Posted by: k_style
  • May 19, 2008 23:30
  • Categories:art | design
「Tokyo Midtown Award」シンボルマーク (C)Mitsui Fudosan Co., Ltd.


東京ミッドタウンは、"「JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)」を創造・結集し、世界に発信し続ける街"を目指す一環として、『Tokyo Midtown Award』を開催すると発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image©Mitsui Fudosan Co., Ltd.)

第1回目の『Tokyo Midtown Award 2008』は、「アートコンぺ」「デザインコンペ」の2部門を設け、伝統と最先端が共存、融合している東京の魅力的な文化を背景に、21世紀において最重要視されている「アート」「デザイン」というソフトに注目し、次世代を担うアーティスト、デザイナーとの出会いと応援を目的としています。

「アートコンペ」では、「JAPAN VALUE」をテーマに作品募集をし、入賞作品は東京ミッドタウン内に展示します。また、「デザインコンペ」では、「Japanese New Souvenir 日本の新しいおみやげ」をテーマとし、入賞作品には、商品化の可能性を探る機会を用意するなど、優れたデザインを世の中に発信していく一助となることを目指すとしています。

作品募集は、2008年6月1日から開始し、両コンペの授賞式は10月下旬から11月初旬にかけて実施予定のデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」にて開催します。

[ 関連するサイト ]
» Tokyo Midtown Award 2008
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown

[ 東京ミッドタウンに関連するエントリー ]
» [PHOTO] カメラと一緒に六本木桜散策 - 東京ミッドタウン (2008.04.22)
» 三宅一生ディレクション「XXI c. - 21世紀人」展 (2008.04.04)
» 「200∞年 目玉商品」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2008.01.25)
» 東京ミッドタウン、日経優秀製品・サービス賞 審査委員特別賞受賞 (2008.01.22)
» 東京ミッドタウン、「街並み景観ガイドライン」を承認 (2007.12.09)
» 東京ミッドタウン、クリスマスイベント発表 (2007.11.06)
» 東京ミッドタウン デザインタッチ、10月31日から開催 (2007.10.12)
» 佐藤卓ディレクション「Water」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.10.05)
» 「THIS PLAY!」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2007.09.13)
» ヨーロッパで出会った新人たち:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.28)
» 落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.06)
» ローレウス・フォトエキシビション、東京ミッドタウンで開催 (2007.08.02)
» Midtown Garden Cafe、7月27日から期間限定オープン (2007.07.27)
» 三宅一生のデザインレクチャー:21_21 DESIGN SIGHT (2007.07.10)
» 東京ミッドタウン、開業100日目のイベントを開催 (2007.07.05)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT - 建築メモ (2007.05.28)
» スカイライン生誕50周年イベント、東京ミッドタウンで開催 (2007.04.29)
» 第1回企画展「チョコレート」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.04.26)
» [PHOTO] 東京ミッドタウン - vol.2 (2007.04.10)
» [PHOTO] 東京ミッドタウン - vol.1 (2007.04.09)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT|モノづくりの情熱に触れる (2007.04.04)
» 東京ミッドタウン、3月30日(金) 11:00 グランドオープン (2007.03.29)
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» Billboard Live TOKYO、東京ミッドタウンにオープン (2007.03.24)
» 「東京ミッドタウンツアー」電話予約受付開始 (2007.03.17)
» 東京ミッドタウンフォーラム、3月30日から3日間開催 (2007.03.01)
» FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)、3月30日オープン (2007.02.26)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
» ザ・リッツ・カールトン東京、2月14日から宿泊予約開始 (2007.02.16)
» 安藤忠雄/2006年の現場 悪戦苦闘:21_21 DESIGN SIGHT (2007.01.26)
» 東京ミッドタウン、2007年3月30日グランドオープン (2006.11.16)
» ザ・リッツ・カールトン東京、2007年3月30日オープン (2006.05.11)
» 「東京ミッドタウン」ブランドマーク発表 (2006.03.24)
» [PHOTO] 六本木ヒルズ - 東京シティービューから建築探訪 (2006.02.22)
» コンランレストラン(仮称)、銀座二丁目に2007年春オープン (2006.01.26)
» [PHOTO] 六本木 - 乃木坂散策 (2005.12.19)
» [PHOTO] 秋の建築探訪 - 東京シティビューより (2005.11.21)
» 「東京ミッドタウン」- 新しい住居スタイルの提案 (2005.11.09)
» 東京ミッドタウン Tokyo Midtown - 調和のある街へ (2005.10.17)
» 東京ミッドタウンに「21/21 DESIGN SIGHT」創設 (2005.07.15)
» 六本木防衛庁跡地再開発の名称、「東京ミッドタウン」に決定 (2005.07.14)
» 新サントリー美術館 (2005.02.04)
» 六本木防衛庁跡地開発が着工 (2004.05.21

東京ミッドタウン東京ミッドタウン

» Amazonで詳しく見る

プラダケータイ「The PRADA Phone by LG」、ドコモから6月発売

  • Posted by: k_style
  • May 9, 2008 00:30
  • Categories:design | gadget
The PRADA Phone by LG (C)LG ELECTRONICS INC.


韓国LG電子はプラダと提携し、全面フルタッチスクリーンを採用した携帯電話端末「The PRADA Phone by LG」をNTTドコモより『The PRADA Phone by LG (L852i)』として2008年6月から発売することを発表したのでメモしておきます。(image©LG ELECTRONICS INC.)

LG電子とプラダは、端末の開発からマーケティング、その他詳細に至るまでを協議し、プラダのデザインと、LG電子のモバイル技術を融合させ、端末のフォルムやボディカラーといった見た目の美しさだけではなく、タッチインターフェースの使い心地、着信音、基本コンテンツ、アクセサリー、専用レザーケースなど、"ユーザー・エクスペリエンス(ユーザー体験)"につながる、あらゆる要素にプラダのこだわりが反映されているとしています。

『The PRADA Phone by LG (L852i)』は、ワイドQVGA(400×240ピクセル)表示対応の3インチタッチパネルのディスプレイ、独レンズメーカー「Schneider Kreuznach」によるレンズを採用した200万画素カメラを搭載し、iモードやiモーションのほか、FOMAハイスピード向けの動画配信サービスのMusic&Videoチャネルに対応しています。また、海外ローミングサービスWORLD WING (3G)も利用可能としています。

[ 関連するサイト ]
» The PRADA Phone by LG (製品情報)
» LG電子
» NTTドコモ

【PR】楽天市場でPRADA(プラダ)の商品を探してみませんか?

Waist Down: Skirts by Miuccia PradaWaist Down: Skirts by Miuccia Prada
Progetto Prada Arte (編集)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

ユニクロ、安藤忠雄氏デザイン「UTグランプリグラフィックT」発売

  • Posted by: k_style
  • May 1, 2008 23:30
  • Categories:design
UTグランプリグラフィックT/安藤忠雄 (C)UNIQLO CO.,LTD.


ユニクロは、デザイン・コンペティション「UT GRAND PRIX 08」の審査員である建築家 安藤忠雄氏がデザインした『UTグランプリグラフィックT』を発売したのでメモしておきます。(image©UNIQLO CO.,LTD.)

安藤氏が呼びかけ人である瀬戸内海の緑化活動基金「瀬戸内オリーブ基金」のオリーブをモチーフとしたデザインとなっています。カラーはホワイトのみでユニクロオンラインストア等で購入できます。同社は、「瀬戸内オリーブ基金」を支援し、募金や香川県豊島でオリーブ植樹ボランティアを実施しています。

なお、「UT GRAND PRIX 08」大賞、及び各審査員賞は2008年4月17日に発表され、大賞は唐木田奈緒さんの「man&woman」Tシャツに決定しました。(プレスリリース)

[ 関連するサイト ]
» ユニクロ UT
» 瀬戸内オリーブ基金

[ 関連するエントリー ]
» UT GRAND PRIX 08:安藤忠雄氏などが審査員に決定 (2007.08.23)

安藤忠雄 建築手法安藤忠雄 建築手法
安藤 忠雄 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

二子玉川ライズ、コンラン&パートナーズがデザイン監修

二子玉川東地区第一種市街地再開発事業 (C)Conran & Partners Ltd.


二子玉川東地区市街地再開発組合および東京急行電鉄、東急不動産は、「二子玉川東地区第一種市街地再開発事業」の名称を『FUTAGOTAMAGAWA rise (二子玉川ライズ)』に決定し、本事業の建物外装およびランドスケープにおけるデザイン監修にはデザイナー テレンス・コンラン卿が率いる「コンラン&パートナーズ」を起用した事を発表したのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©Conran & Partners Ltd.)

本事業の位置する二子玉川東地区は、東急田園都市線および大井町線二子玉川駅を挟み、世田谷区玉川一丁目から三丁目の各地域に位置し、多摩川 に近接した"東京の西の玄関口"と言われる地域です。

再開発事業全体の施行地区面積は約11.2haで、その規模は都内でも最大級となります。そのうち第1期に当たる本事業の施行面積は約8.1haを占め、昨年12月に先行してⅢ街区(住宅エリア)の建築工事に着手し、本年4月にⅠ街区(商業、オフィスエリア)の建築工事に本格的に着手しました。竣工は2010年度末を予定しています。

二子玉川東地区第一種市街地再開発事業 計画概要
所在地:東京都世田谷区玉川一丁目、二丁目及び三丁目 (Map)
建築外装・ランドスケープデザイン監修:コンラン&パートナーズ
設計監理:アール・アイ・エー、東急設計コンサルタント、日本設計
施工面積:約8.1ha/延床面積:約266,300m²
竣工:2011年3月末予定

[ 関連するサイト ]
» 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業
» Conran & Partners

テレンス・コンラン住まいのデザイン全書テレンス・コンラン住まいのデザイン全書
テレンス コンラン (著), Terence Conran (原著), 坂本 響子 (翻訳), 近藤 修 (翻訳), 小林 理子 (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
テレンス・コンラン究極の住デザインテレンス・コンラン究極の住デザイン
Terence Conran (原著), 野沢 佳織 (翻訳), 神崎 康子 (翻訳), 岡田 英夫 (翻訳), 近藤 修 (翻訳), 遠藤 裕子 (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

三宅一生ディレクション「XXI c. - 21世紀人」展

21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、第3回企画展 三宅一生ディレクション『XXI c. - 21世紀人』が2008年3月30日(日)から7月6日(日)まで開催されるのでメモしておきます。

テーマは「21世紀人」して、同施設ディレクター 三宅一生氏がさまざまなリサーチをおこない、想像力を働かせ、誰もが感じている疑問や課題に向きあいながら新しい表現にとりくんでいる国内外の作家とともに展覧会をつくりあげました。

また、期間中の関連イベントとしてベン・ウィルソン氏と鈴木康広氏によるクリエイターズトークが各氏、4月5日(土)と4月11日(金)に開催される予定です。

第3回企画展 三宅一生ディレクション『XXI c. - 21世紀人』
会期:2008年3月30日(日)~7月6日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
開館時間:11:00~20:00/入場料:一般1,000円
休館日:火曜日 (4/29、5/6は開館)
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

[ 関連するエントリー ]
» 「200∞年 目玉商品」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2008.01.25)
» 佐藤卓ディレクション「Water」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.10.05)
» 櫛本喜彦×佐藤卓トークショー、青山ブックセンター本店で開催 (2007.09.25)
» 「THIS PLAY!」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2007.09.13)
» ヨーロッパで出会った新人たち:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.28)
» 落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.06)
» 三宅一生のデザインレクチャー:21_21 DESIGN SIGHT (2007.07.10)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT - 建築メモ (2007.05.28)
» 第1回企画展「チョコレート」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.04.26)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT|モノづくりの情熱に触れる (2007.04.04)
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
» 安藤忠雄/2006年の現場 悪戦苦闘:21_21 DESIGN SIGHT (2007.01.26)
» 東京ミッドタウンに「21/21 DESIGN SIGHT」創設 (2005.07.15)

[雑誌] 21世紀人 完全ガイドブック 2008年 4/10号[雑誌] 21世紀人 完全ガイドブック 2008年 4/10号

» Amazonで詳しく見る
アーヴィング・ペン 三宅一生の仕事への視点アーヴィング・ペン 三宅一生の仕事への視点
Irving Penn (原著), アーヴィング ペン

» Amazonで詳しく見る

吉岡徳仁氏デザイン「スワロフスキー 銀座」、3月29日オープン

スワロフスキー 銀座 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:スワロフスキー 銀座]

スワロフスキー・ジャパンは、2008年3月29日(土)、東京・銀座に世界初、そして最大規模の旗艦店『スワロフスキー 銀座』をオープンするのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

同旗艦店は2つの階に分かれた総面積450m²で、1階にファッション・ジュエリーをはじめとするスワロフスキーのシーズナル・コレクション、ギフト、および「銀座限定品」を、2階ではクチュールラインのダニエル・スワロフスキーコレクションを初めてラインで取り扱い、オーダーメイドサービスを提供します。また、ホーム&インテリア装飾用にデザインされたクリスタル・リビングの商品を展開します。

スワロフスキー 銀座 photo(C)K STYLE WEBSITE

同社初の旗艦店となる『スワロフスキー 銀座』のストアデザインは、デザイナー 吉岡徳仁氏によるもので、ステンレスのスチール・プリズムを取り入れた鏡のようなファサードは、店内に表通りからの動きや光・反射を取り込む効果を生み出しています。また、無限の反射に照らされた店内に一歩足を踏み入れると、輝くジュエリーやオブジェに迎えられ、まるで小さなクリスタルの宝石がちりばめられた森の中に迷い込む感覚としています。

ストアデザインのコンセプトは『クリスタル・フォレスト』として、ホワイトやシルバーを基調とした新しいデザインは、将来的には世界の全主要スワロフスキー店舗でも採用予定です。

スワロフスキー 銀座
所在地:東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 1・2F (Map)
営業時間:11:00~20:00
問い合わせ:Tel.03-3289-3700

[ 関連するサイト ]
» スワロフスキー
» Tokujin Yoshioka Design

【PR】楽天市場でSWAROVSKI(スワロフスキー)の商品を探してみませんか?

Daniel Swarovski: A World of BeautyDaniel Swarovski: A World of Beauty
Markus Langes-Swarovski (編集)

» Amazonで詳しく見る
Collecting Swarovski: Identification & Price GuideCollecting Swarovski: Identification & Price Guide
Dean A. Genth (著)

» Amazonで詳しく見る
Tokujin Yoshioka DesignTokujin Yoshioka Design
新見 隆 (著)

» Amazonで詳しく見る

「ナガオカケンメイの考え」展、松屋銀座で開催

  • Posted by: k_style
  • February 27, 2008 23:30
  • Categories:design
リサイクルMUJI+60VISION (C)drawing and manual

日本デザインコミッティーは、第643回デザインギャラリー1953企画展として『ナガオカケンメイの考え』展を2008年2月20日(水)から開催しているのでメモしておきます。(開催概要/image:リサイクルMUJI+60VISION©drawing and manual)

ナガオカ氏は昨年秋に日本デザインコミッティーのメンバーになったデザイナーで、本展はそれを記念した企画展です。グラフィックデザイナーとしての仕事はもちろんのこと、同氏の視点で商品構成されたショップ「D&DEPARTMENT」の運営、ユーズドのGマーク商品の見直し、60年代の家具、雑貨などの買い取りと販売など、その活動を7つのカテゴリーに分類し、「ナガオカケンメイの考え」を分かりやすく展開します。

なお、本展では鑑賞するだけではなく、それぞれの作品=商品にはプライスが明示され、購入することができます。

「ナガオカケンメイの考え」展
会期:2008年2月20日(水)~3月17日(月)
会場:松屋銀座7階 デザインギャラリー1953 (Map)
時間:10:00~20:00 (最終日は17:00まで)
問い合わせ:Tel.03-3567-1211

[ 関連するサイト ]
» D&DEPARTMENT
» 日本デザインコミッティー

ナガオカケンメイの考えナガオカケンメイの考え
ナガオカ ケンメイ (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
ナガオカケンメイのやりかたナガオカケンメイのやりかた
ナガオカ ケンメイ (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

佐藤可士和デザイン キッズケータイ F801i、12月20日発売

  • Posted by: k_style
  • December 17, 2007 23:30
  • Categories:design | gadget


キッズケータイ「F801i」 (C)NTT DoCoMo, Inc.


NTTドコモグループは、防水対応や置忘れ防止機能をはじめ、あんしん機能を強化した『ケータイ™ F801i』を開発し、2007年12月20日(木)から発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image:©NTT DoCoMo, Inc.)

端末及びグラフィックデザインは、アートディレクター 佐藤可士和氏のディレクションによるもので、スクエアでありながら、優しさとあんしんを感じさせるデザインになっています。また、キッズケータイの象徴としての円をモチーフにレイアウトされたブザー用「大口径スピーカー」、リング状の高輝度LEDがケータイの動作に連動して発光する「ひかりリング」を特長としています。

従来のモデルである「キッズケータイ SA800i」に搭載した「防犯ブザー・電源OFF連動機能」「バッテリーロック」などの様々なあんしん機能に加え、IPX5/IPX7等級の防水性能を実現しています。また、置き忘れ防止機能としてケータイから離れると、ケータイのアラームで置き忘れを知らせることや、他人に使われないように端末操作にロックをかけることができる「おまもリモコン™」を付属しています。

[ 関連するサイト ]
» キッズケータイ F801i (製品情報)
» KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和

佐藤可士和の超整理術佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和 (著)

おすすめ度:stars-3.5
» Amazonで詳しく見る
SAMURAI佐藤可士和のつくり方SAMURAI佐藤可士和のつくり方
佐藤 悦子 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

Continue reading

LOUIS VUITTON×SPURLUXE×WAJIMA

  • Posted by: k_style
  • November 27, 2007 23:30
  • Categories:design


BOITE LAQUEE WAJIMA (C)SHUEISHA Inc.


日本が誇る伝統工芸である輪島塗の復興を支援するために、ルイ・ヴィトンとSPURLUXEがコラボレーションした輪島塗モノグラム特製ケース『BOITE LAQUEE WAJIMA』のチャリティ・オークションが開催されているのでメモしておきます。(開催概要/image:©SHUEISHA Inc.)

チャリティ・プロジェクトのきっかけとなったのは、この春能登・輪島を襲った能登半島沖地震の影響で、工房が全壊し再興を諦める職人が続出したことで、ルイ・ヴィトンの伝統を重んじ革新的である物づくりの精神と、世界を代表する輪島の漆工芸技術に共通点を感じていたルイ・ヴィトンは、危機的状況に陥った輪島の伝統技術を復興支援するために今回のコラボレーションが実現しました。

制作の指揮を執ったのは、現代の輪島塗の第一人者である桐本泰一氏で、輪島塗は木地作りから、何度も塗っては研ぐ下地塗り、そして上塗り、蒔絵と、たくさんの職人たちがひとつひとつの工程を分担してようやく出来上がりました。

本プロジェクトでは『BOITE LAQUEE WAJIMA』を、オークション形式で販売し、収益のすべては輪島塗の伝統技術復興支援のため、チャリティとして輪島商工会議所に寄付されます。なお、オークションの終了日時は2007年12月14日17時59分59秒となります。

[ 関連するサイト ]
» LOUIS VUITTON × SPURLUXE × WAJIMA“BOITE LAQUEE WAJIMA”
» SPURLUXE
» Louis Vuitton
» 輪島漆器商工業協同組合

【PR】楽天市場でLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の商品を探してみませんか?

Louis Vuitton: IconsLouis Vuitton: Icons
Stephane Gerschel (著), Marc Jacobs (寄稿)

» Amazonで詳しく見る
Louis Vuitton: The Birth of Modern LuxuryLouis Vuitton: The Birth of Modern Luxury
Paul-gerard Pasols

» Amazonで詳しく見る

[PHOTO] 東京モーターショー トヨタブース、吉岡徳仁氏がデザイン

  • Posted by: k_style
  • November 11, 2007 00:30
  • Categories:design | events


東京モーターショー トヨタブース photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:東京モーターショー トヨタブース]

千葉・幕張メッセで開催されている『東京モーターショー2007』では、2005年の東京モーターショーに引き続き、デザイナー 吉岡徳仁氏がトヨタブースのデザインを担当していたのでメモしておきます。

今回のコンセプトは「オーロラ」として、不思議な効果をもたらす、特殊な偏光フィルムで全体を覆い尽くすことで光を屈折させ、まるでオーロラの中にいるような不思議な空間を創り出しているとのことです。

東京モーターショー
開催期間:2007年10月26日(金)~11月11日(日)
会場:幕張メッセ (Map)
時間:10:00~18:00(平日)、9:30~19:00(土・休日)
入場料:1,300円(一般)
問い合わせ:Tel.043-296-7711

[ 関連するサイト ]
» 東京モーターショー
» Tokujin Yoshioka Design

東京モーターショーガイド 2007東京モーターショーガイド 2007

» Amazonで詳しく見る
Tokujin Yoshioka DesignTokujin Yoshioka Design
新見 隆 (著)

» Amazonで詳しく見る


以下、『東京モーターショー2007』で撮影した写真が続きます。

Continue reading

[PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.2

  • Posted by: k_style
  • November 5, 2007 00:30
  • Categories:design | events


東京デザイナーズウィーク2007 photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:東京デザイナーズウィーク2007]

前回のエントリー「[PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.1」の続きで『東京デザイナーズウィーク2007』の模様を写真に収めてきたので掲載しておきます。

今年のコンテナデザインミュージアムは、産学連携のコンテナが半数以上を占めて、楽しみにしていましたが、学生らしい若さ溢れるプレゼンテーション、アピール力を今後期待したいところです。

Tokyo Designer's Week 2007 (東京デザイナーズウィーク2007)
会期:2007年10月31日(水)~11月4日(日)
会場:明治神宮外苑中央会場 (Map)
開催時間:10:00~21:00/入場料:2,000円
問い合わせ:デザインアソシエーション事務局 Tel.03-3470-7699
※ゼロ展は赤坂アークヒルズ・カラヤン広場で開催

[ 関連するサイト ]
» DESIGN ASSOCIATION
» 100% Design Tokyo

[ 関連するエントリー ]
» [PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.1 (2007.11.04)
» 東京デザイナーズウィーク2007、10月31日から開催 (2007.10.22)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2006 (2006.11.06)
» 東京デザイナーズウィーク2006、10月31日から開催 (2006.10.18)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2005 (2005.11.07)

スタート!「産学連携」―シナリオで体験する成功のプロセススタート!「産学連携」―シナリオで体験する成功のプロセス
新井 民夫 (著), 下村 芳樹 (著), 染谷 秀人 (著), 山名 尚志 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
感じるプレゼン―イソムラ式ユニバーサルプレゼンテーション感じるプレゼン―イソムラ式ユニバーサルプレゼンテーション
イソムラ アユム (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

以下、「東京デザイナーズウィーク2007」の写真が続きます。

Continue reading

[PHOTO] 東京デザイナーズウィーク2007 - vol.1

  • Posted by: k_style
  • November 4, 2007 00:30
  • Categories:design | events


東京デザイナーズウィーク2007 photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:東京デザイナーズウィーク2007 (明治神宮外苑)]

先日、明治神宮外苑で開催されている『東京デザイナーズウィーク2007』を観に行ってきたので写真を2回に分けて掲載しておきます。

時間をかけて巡ることができませんでしたが、印象に残っているのは「100% LIGHT」内のインテリアデザイナー 内田繁氏によるインスタレーション『SENSE OF WEAKNESS IN DESIGN』です。"弱さ"の捉え方、そのメッセージに感化されるものがありました。

Tokyo Designer's Week 2007 (東京デザイナーズウィーク2007)
会期:2007年10月31日(水)~11月4日(日)
会場:明治神宮外苑中央会場 (Map)
開催時間:10:00~21:00/入場料:2,000円
問い合わせ:デザインアソシエーション事務局 Tel.03-3470-7699
※ゼロ展は赤坂アークヒルズ・カラヤン広場で開催

[ 関連するサイト ]
» DESIGN ASSOCIATION
» 100% Design Tokyo
» 内田繁デザイン研究所

[ 関連するエントリー ]
» 東京デザイナーズウィーク2007、10月31日から開催 (2007.10.22)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2006 (2006.11.06)
» 東京デザイナーズウィーク2006、10月31日から開催 (2006.10.18)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2005 (2005.11.07)

普通のデザイン―日常に宿る美のかたち普通のデザイン―日常に宿る美のかたち
内田 繁 (著)

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

amadana×NTT DoCoMo×NEC:N705i

  • Posted by: k_style
  • November 2, 2007 00:30
  • Categories:design | gadget


N705i (C)REALFLEET.co.,Ltd


NTTドコモグループは、11月1日、FOMA705iシリーズ13機種を発表し、デザイン家電を展開するブランド「amadana (アマダナ)」とのコラボレーションモデル『N705i』(NEC製)をリリースするのでメモしておきます。(プレスリリース/image:©REALFLEET.co.,Ltd)

『N705i』は、GSMローミング・ワンセグ対応で、「amadana」を展開するRELFLEET(リアル・フリート)が企画・製造・開発・販売を手掛けています。プロダクトデザインは「amadana」のプロジェクトメンバーである鄭秀和氏率いるINTENTIONALLIES(インテンショナリーズ)が担当、アイコンや定格、パッケージ、取り扱い説明書のデザインから、カタログ、ポスターなどの販促ツールのグラフィックデザインは、同じく「amadana」のプロジェクトメンバーであるTYCOON GRAPHICS(タイクーングラフィックス)が担当しています。また、「着信音」「効果音」等の全サウンドのプロデュースはミュージシャンのテイ・トウワ氏が手掛けています。

本体のカラーは、「amadana white」「ultimate orange」「amadana black」のほか、アマダナ限定モデルとして、5000台のみ発売する「limited edition (brownish wood)」となります。

アマダナ限定モデルはイヤホンマイクと卓上ホルダが付属し、携帯本体背面にはシリアルナンバーが刻印されます。12月1日(土) 21:00よりN705iスペシャルサイトにて一斉予約開始で、販売価格は63,000円(予価)となります。なお、アマダナ直営店(表参道、銀座、中目黒、渋谷)では、11月3日より全4モデルが先行展示されます。

[ 関連するサイト ]
» N705i|amadana

[ 関連するエントリー ]
» リアル・フリート、新ブランド「barouche」発表 (2006.07.02)
» amadana新製品 - 本革採用の電話機「DT-120」 (2005.08.22)
» amadana新製品ラインナップ発表 (2006.06.03)

【PR】楽天市場でamadana(アマダナ)の関連商品を探してみませんか?

amadana デスクトップ電子計算機 LC-204-CBamadana デスクトップ電子計算機 LC-204-CB
リアル・フリート

» Amazonで詳しく見る

DesignTide in Tokyo 2007、10月31日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 29, 2007 23:30
  • Categories:design | events


DesignTide in Tokyo 2007 photo(C)DesignTide


デザインタイド実行委員会は、今年で3回目となるデザインのイベント『DesignTide in Tokyo 2007』を国立競技場をメイン会場に2007年10月31日(水)から11月4日(日)まで開催するのでメモしておきます。(image:©DesignTide)

今年のデザインタイドは"ほんとに必要なものだけを。"というイベントテーマのもと、インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッション、アートなど様々な分野のつくり手が自身の作品を発表します。

同イベントのコンテンツは、ベーステーマ「PLAY=COMMUNICATION」のメッセージをデザインに詰め込んだメインギャラリー「Tide Think (タイドシンク)」、約50組のデザイナー・メーカーが独自の展示空間を演出する「Tide Exhibition (タイドエキシビジョン)」、デザイナー自らが出店するマーケット「Tide `Super` Market (タイド`スーパー`マーケット)」、デザイナーとデザインタイドのコラボレーションプロジェクト「Tide Project (タイドプロジェクト)」、青山、原宿、渋谷、六本木エリアに加えて、今年は丸の内エリアの会場で作品を発表する「Tide Extension (タイドエクステンション)」、そして、会期中にはイベント&パーティーが開催されます。

DesignTide in Tokyo 2007
会期:2007年10月31日(水)~11月4日(日)
メイン会場:国立競技場内 (ゲート:代々木門) (Map)
時間:10:00~20:00 (最終日は17:00まで)/入場料:1,000円
エクステンション会場:青山・原宿・渋谷・六本木・丸の内エリアのインテリアショップ、ギャラリー、カフェ、レストラン、美術館など53会場

[ 関連するサイト ]
» DesignTide in Tokyo 2007

[ 関連するエントリー ]
» Design Tide in Tokyo 2006、11月1日から開催 (2006.10.19)
» 「Design Tide in Tokyo 2005」開催 (2005.10.26)

DesignTide A Message from TokyoDesignTide A Message from Tokyo
デザインタイド実行委員会 (著)

» Amazonで詳しく見る

佐藤可士和氏デザイン年賀葉書、11月1日発売

  • Posted by: k_style
  • October 27, 2007 23:30
  • Categories:design


デザイン年賀葉書 (C)JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd.


郵便事業は、アートディレクター 佐藤可士和氏がデザインを手掛けた年賀葉書を2007年11月1日(木)から発売することを発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image:©JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd.)

佐藤氏が手掛けたのは表面・5種類、裏面・35種類のデザインで、裏面は「TRADITIONAL RED」「松・竹・梅・春・曙」「A HAPPY NEW YEAR」「謹賀新年 TYPOGRAPHY」「8」「かわいいお正月」「CONTEMPORARY NEW YEAR」の7種類で各5枚組(500円)のパッケージ販売となります。

[ 関連するサイト ]
» デザイン年賀 (郵便年賀.jp)
» KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和

佐藤可士和の超整理術佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和 (著)

おすすめ度:stars-3.5
» Amazonで詳しく見る
SAMURAI佐藤可士和のつくり方SAMURAI佐藤可士和のつくり方
佐藤 悦子 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

[ 佐藤可士和氏に関連するエントリー ]
» 佐藤可士和・佐藤悦子トークショー&サイン会 (2007.10.15)
» 2007年度グッドデザイン賞受賞結果発表 (2007.10.02)
» UT GRAND PRIX 08:安藤忠雄氏などが審査員に決定 (2007.08.23)
» 佐藤可士和ディレクション「今治タオル」、伊勢丹で販売 (2007.07.29)
» 佐藤可士和プロデュース『クリエイティブキッズ』開催 (2007.07.08)
» TOKYO BY KENZO、佐藤可士和氏がパッケージデザイン (2007.06.09)
» ユニクロ×佐藤可士和:UT STORE HARAJUKU. (2007.04.15)
» 「教えて!可士和さん!」、国立新美術館で開催 (2007.02.23)
» ELLE LOVES ART:六本木ヒルズ&表参道ヒルズ (2006.08.30)
» グッドデザイン・プレゼンテーション2006 (2006.08.03)
» 国立新美術館シンボルマーク・ロゴ、佐藤可士和氏がデザイン (2006.07.05)
» ユニクロ ソーホー ニューヨーク店、2006年秋オープン (2006.05.27)
» 佐藤可士和×Xbox 360×BEAMS T:限定コラボTシャツ (2006.03.25)
» 佐藤可士和×NEC×NTTドコモ:N702iD (2006.01.17)
» 佐藤可士和×ISSEY MIYAKE BY NAOKI TAKIZAWA (2005.12.26)
» 佐藤可士和×マイクロソフト:「Xbox 360 LOUNGE」オープン (2005.11.03)
» ロフト×佐藤可士和:THE HALLOWEEN ATTACKS TOKYO (2005.09.17)
» 楽天グループ、ロゴデザイン一新 (2005.06.08)
» MacPower Presents GINZA NOW! 2005 - 佐藤可士和 (2005.05.10)
» 佐藤可士和×明治学院大学 (2005.05.10)
» キリン<新!極生>:佐藤可士和×前田知巳×佐野研二郎 (2005.03.25)
» 特集 佐藤可士和 - 広告批評 (2004.10.29)
» オリンパス、HDDミュージックプレイヤー発表 (2004.10.13)
» KW乳酸菌の効用 (2004.03.02)

eneloop universe products、2007年度グッドデザイン大賞

  • Posted by: k_style
  • October 26, 2007 00:30
  • Categories:design


東京デザイナーズウィーク2006 コンテナ展 三洋電機ブース photo(C)K STYLE WEBSITE

[image:東京デザイナーズウィーク2006 コンテナ展 三洋電機より]

日本産業デザイン振興会は、10月25日、三洋電機の「eneloop universe products」を2007年度グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)に決定したことを発表したのでメモしておきます。(プレスリリース)

「eneloop universe」とは、三洋電機が提案する“エネルギー(energy)の循環(loop)”をコンセプトにした商品群で、「充電式カイロ」、「充電式ポータブルウォーマー」、「ソーラー充電器セット」、「USB出力付充電器セット」が受賞対象となります。同社のブランドビジョン「Think GAIA」を具現化した商品群が提案する、環境に配慮したコンセプトとデザインなどが高く評価されました。

「eneloop (エネループ)」は、約1,000回繰り返し使える充電池(単3形・単4形)で、自然放電を抑えることや低温にも強いといった特徴を持ち、今般受章した「ソーラー充電器セット」は100%太陽エネルギーによる充電、また、「USB出力付充電器セット」はUSB接続による充電と様々な外部機器への出力を可能としています。「充電式カイロ」は内蔵のリチウムイオン電池を充電して約500回くり返し使えるカイロ、「充電式ポータブルウォーマー」は内蔵の充電池に充電してくり返し使うポータブルウォーマーです。

[ 関連するサイト ]
» Good Design Award
» 三洋電機|eneloop (エネループ)

[ 関連するエントリー ]
» 2007年度グッドデザイン賞受賞結果発表 (2007.10.02)

SANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用) N-TG1SSANYO eneloop 充電器 単3形4個セット (単3形・単4形兼用) N-TG1S
三洋電機

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
SANYO 充電式カイロ 「eneloop kairo」 (ホワイト) KIR-S2S(W)SANYO 充電式カイロ 「eneloop kairo」 (ホワイト) KIR-S2S(W)
三洋電機

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

東京デザイナーズウィーク2007、10月31日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 22, 2007 23:30
  • Categories:design | events


100% Design Tokyoキービジュアル「LOVE BUTTON」 (C)DESIGN ASSOCIATION NPO.


デザインアソシエーションは、国内最大級のデザインイベント『Tokyo Designer's Week 2007 (東京デザイナーズウィーク2007)』を2007年10月31日(水)から11月4日(日)まで開催すると発表したのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image:100% Design Tokyoキービジュアル「LOVE BUTTON」©DESIGN ASSOCIATION NPO.)

今年で22年目を迎える「東京デザイナーズウィーク」は、国内外のデザイナーやクリエーターをはじめ、インテリアメーカーやショップ、学校など1,000以上の個人、団体が参加す国内最大級のデザインイベントです。

今年のテーマは昨年同様、"LOVE"として、メイン会場である神宮外苑絵画館前の特設会場では、英プロダクトデザイナー マイケル・ヤング(Michael Young)氏をショーデザイナーに迎えたコンテンポラリー・インテリアデザインの国際見本市「100% Design Tokyo」、40ft、20ftのコンテナ空間の中に表現される「CONTAINER GROUND (産学コンテナ/企業コンテナ)」、国内外48校による「学生作品展」が開催されます。

メイン会場近くの銀杏並木を臨むイタリアンレストラン SELANでは期間限定「Casa BRUTUS Cafe@SELAN」がオープンし、建築家 西沢立衛氏、デザイナー 森田恭通氏、マイケル・ヤング氏、キハチ総料理長 熊谷喜八氏によるオリジナルメニュー「デザイナーズプレート」が提供されます。

また、首都圏の60店舗を超えるショップが「SHOP EXHIBITION」を展開するほか、赤坂アークヒルズ・カラヤン広場では40歳以下の若手デザイナーのみが参加する「ゼロ展」、世界有数のデザイン誌の編集長が一堂に会するデザイン会議「世界デザイン編集長会議」(11月2日・青山学院大学大会議室)が開催されます。

Tokyo Designer's Week 2007 (東京デザイナーズウィーク2007)
会期:2007年10月31日(水)~11月4日(日)
会場:明治神宮外苑中央会場 (Map)
開催時間:10:00~21:00/入場料:2,000円
問い合わせ:デザインアソシエーション事務局 Tel.03-3470-7699
※ゼロ展は赤坂アークヒルズ・カラヤン広場で開催
Casa BRUTUS Cafe@SELAN
会期:2007年10月31日(水)~11月4日(日)
場所:SELAN (東京都港区北青山2-1-19・Map)
営業時間:11:30~22:30(21:30LO)、日曜~21:30(20:30LO)
問い合わせ:Tel.03-3478-2200

[ 関連するサイト ]
» DESIGN ASSOCIATION
» 100% Design Tokyo
» SELAN セラン

[ 関連するエントリー ]
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2006 (2006.11.06)
» 東京デザイナーズウィーク2006、10月31日から開催 (2006.10.18)
» [PHOTO] TOKYO DESIGNER'S WEEK 2005 (2005.11.07)

[雑誌] Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2007年 11月号[雑誌] Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2007年 11月号

» Amazonで詳しく見る
デザイナーズウィーク2003公式イベント作品集―プロ作品展(テーブル展)・コンテナ展・学生作品展(すわるかたち展)デザイナーズウィーク2003公式イベント作品集―プロ作品展(テーブル展)・コンテナ展・学生作品展(すわるかたち展)
東京デザイナーズウィーク (編集)

» Amazonで詳しく見る

東京ミッドタウン デザインタッチ、10月31日から開催

  • Posted by: k_style
  • October 12, 2007 00:30
  • Categories:design | events


東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:東京ミッドタウン]

東京・六本木の複合施設「東京ミッドタウン」では、初のデザインイベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH (東京ミッドタウン デザインタッチ)』が2007年10月31日(水)から11月4日(日)まで開催されるのでメモしておきます。(開催概要)

インテリアやグラフィック、プロダクトはもちろん、ミュージック、フードなど文化を形成するもの全てを「デザイン」として提案し、生活をより楽しく、豊かにするために「デザイン」があるという考えのもと、ミッドタウンホールでのデザインプロダクツの展示や、ショップ&レストランであるガレリアのインテリアやフードの共演、カンファレンスでの多彩なセミナーの開催、アトリウムにおけるミュージックライブが行われます。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH デザインの街を体感する5日間。
会期:2007年10月31日(水)~11月4日(日)
場所:東京ミッドタウン (Map)
※デザインタッチ カンファレンスは要事前申し込み
問い合わせ:Tel.03-3475-3100

[ 関連するサイト ]
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown

[ 関連するエントリー ]
» 佐藤卓ディレクション「Water」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.10.05)
» 「THIS PLAY!」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2007.09.13)
» ヨーロッパで出会った新人たち:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.28)
» 落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.06)
» ローレウス・フォトエキシビション、東京ミッドタウンで開催 (2007.08.02)
» 三宅一生のデザインレクチャー:21_21 DESIGN SIGHT (2007.07.10)
» 東京ミッドタウン、開業100日目のイベントを開催 (2007.07.05)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT - 建築メモ (2007.05.28)
» スカイライン生誕50周年イベント、東京ミッドタウンで開催 (2007.04.29)
» 第1回企画展「チョコレート」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.04.26)
» [PHOTO] 東京ミッドタウン - vol.2 (2007.04.10)
» [PHOTO] 東京ミッドタウン - vol.1 (2007.04.09)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT|モノづくりの情熱に触れる (2007.04.04)
» 東京ミッドタウン、3月30日(金) 11:00 グランドオープン (2007.03.29)
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» Billboard Live TOKYO、東京ミッドタウンにオープン (2007.03.24)
» 「東京ミッドタウンツアー」電話予約受付開始 (2007.03.17)
» 東京ミッドタウンフォーラム、3月30日から3日間開催 (2007.03.01)
» FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)、3月30日オープン (2007.02.26)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
» ザ・リッツ・カールトン東京、2月14日から宿泊予約開始 (2007.02.16)
» 安藤忠雄/2006年の現場 悪戦苦闘:21_21 DESIGN SIGHT (2007.01.26)
» 東京ミッドタウン、2007年3月30日グランドオープン (2006.11.16)
» ザ・リッツ・カールトン東京、2007年3月30日オープン (2006.05.11)
» 「東京ミッドタウン」ブランドマーク発表 (2006.03.24)
» [PHOTO] 六本木ヒルズ - 東京シティービューから建築探訪 (2006.02.22)
» コンランレストラン(仮称)、銀座二丁目に2007年春オープン (2006.01.26)
» [PHOTO] 六本木 - 乃木坂散策 (2005.12.19)
» [PHOTO] 秋の建築探訪 - 東京シティビューより (2005.11.21)
» 「東京ミッドタウン」- 新しい住居スタイルの提案 (2005.11.09)
» 東京ミッドタウン Tokyo Midtown - 調和のある街へ (2005.10.17)
» 東京ミッドタウンに「21/21 DESIGN SIGHT」創設 (2005.07.15)
» 六本木防衛庁跡地再開発の名称、「東京ミッドタウン」に決定 (2005.07.14)
» 新サントリー美術館 (2005.02.04)
» 六本木防衛庁跡地開発が着工 (2004.05.21)

Tokyo Midtown Art + Design 東京ミッドタウンのアートとデザインTokyo Midtown Art + Design 東京ミッドタウンのアートとデザイン
清水敏男 (監修)

» Amazonで詳しく見る

佐藤卓ディレクション「Water」:21_21 DESIGN SIGHT

  • Posted by: k_style
  • October 5, 2007 00:30
  • Categories:design | events


21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、第2回企画展 佐藤 卓ディレクション「water」が開催されるのでメモしておきます。(開催概要)

本展のディレクションを担当するのは、21_21 DESIGN SIGHTディレクターでグラフィックデザイナーの佐藤卓氏で、文化人類学者、写真家、照明デザイナー、デザインエンジニアといった多分野で活躍する人々とチームを結成し、さまざまな角度からデザインと水との接点をつくり、観客の五感に訴えるものです。“デザインを見せる”展覧会ではなく、「デザインによって水を示す」新しいかたちの実験とのことです。

また、会期中にはスペシャルトーク、ギャラリートーク、ワークショップなどが開催される予定です。

佐藤卓ディレクション「Water」
会期:2007年10月5日(金)~2008年1月14日(月)
会場:21_21 DESIGN SIGHT (Map)
時間:11:00~20:00/休館日:火曜日、年末年始(12/30~1/3)
入場料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3475-2121

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT
» 佐藤卓デザイン事務所

[ 関連するエントリー ]
» 櫛本喜彦×佐藤卓トークショー、青山ブックセンター本店で開催 (2007.09.25)
» 「THIS PLAY!」展、21_21 DESIGN SIGHTで開催 (2007.09.13)
» ヨーロッパで出会った新人たち:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.28)
» 落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW:21_21 DESIGN SIGHT (2007.08.06)
» 三宅一生のデザインレクチャー:21_21 DESIGN SIGHT (2007.07.10)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT - 建築メモ (2007.05.28)
» 第1回企画展「チョコレート」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.04.26)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT|モノづくりの情熱に触れる (2007.04.04)
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
» 安藤忠雄/2006年の現場 悪戦苦闘:21_21 DESIGN SIGHT (2007.01.26)
» 東京ミッドタウンに「21/21 DESIGN SIGHT」創設 (2005.07.15)

water[水:mizu]water[水:mizu]

» Amazonで詳しく見る

2007年度グッドデザイン賞受賞結果発表


東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット (C)Yasuda Koichi Laboratory


日本産業デザイン振興会は、10月1日、2007年度グッドデザイン賞受賞結果を発表したのでメモしておきます。(image:東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット©Yasuda Koichi Laboratory)

併せて、今年度のグッドデザイン賞全受賞対象の中でも、独創性、造形的な完成度、将来へ向けた提案性などで総合的に高い評価を得た「2007年度グッドデザイン賞ベスト15」も発表され、建築・環境デザイン部門の中から『東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット』(デザインアーキテクト:東京工業大学安田幸一研究室+竹内徹研究室)がグッドデザイン大賞候補となっています。

東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット 概要
1967年に建てられた校舎の耐震補強改修工事である。緑が丘1号館の耐震補強工事に伴い、教育・研究の場の質を高めるべく、耐震性能のみならず光・熱環境も含めたさまざまな方面からエンジニアリングのアイデアを統合して全く新しいファサードが完成した。
下層部の柱の炭素繊維巻き工事以外ほとんどの工事を外部からのみ行うことができるように設計を進めた。既存のコンクリート製庇の樋型形状を利用し、極力元のサッシュを活かすため、庇の外側へ制震ブレースを設けることを考えた。そこでまず庇内に鉄骨梁を載せ、スタッド、配筋,モルタルで既存躯体と構造的に一体化した後、エネルギー吸収型のアンボンドブレースを設置した。(Courtesy JIDPO)

ベスト15の中から10月25日に開かれるグッドデザイン大賞選出会場で公開プレゼンテーションを実施して、1件がグッドデザイン大賞に決定し、グッドデザイン大賞以外の14件はグッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)になります。

[ 関連するサイト ]
» Good Design Award

[ 関連するエントリー ]
» グッドデザイン・プレゼンテーション2007、8月26日まで開催 (2007.08.25)

建築設計資料 108建築設計資料 108
建築思潮研究所 (編さん)

» Amazonで詳しく見る

***

そのほか、個人的に注目していた建築・環境デザイン部門の作品から『学校法人みんなのひろば藤幼稚園』が「2007年インタラクションデザイン賞」を受賞しました。同幼稚園は、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏(サムライ代表)のディレクションで、設計を手塚建築研究所が手掛けた外周約183m、内周約108mの大きな楕円をした園舎です。

佐藤氏は“園舎は巨大な遊具”というコンセプトの基、園服、ロゴなど、デザイン全般を一新し、園舎を重要な媒体と考え、遊ぶことの大切さを発信しています。一般向けの公開は終了していますが、機会があれば見学してみたいところです。

学校法人みんなのひろば藤幼稚園 建築概要
所在地:東京都立川市上砂町2-7-1 (Map)
クリエイティブディレクター:佐藤可士和
設計者:手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所
敷地面積:4,791.69m²/建築面積:1,419.25m²/延床面積:1,304.01m²
規模:地上1階/構造:鉄骨造
竣工:2007年1月
手塚貴晴+手塚由比 建築カタログ手塚貴晴+手塚由比 建築カタログ
手塚 貴晴 (著), 手塚 由比 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
佐藤可士和の超整理術佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和 (著)

おすすめ度:stars-3.5
» Amazonで詳しく見る
SAMURAI佐藤可士和のつくり方SAMURAI佐藤可士和のつくり方
佐藤 悦子 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

au design project 『INFOBAR 2』、11月下旬より順次発売

  • Posted by: k_style
  • September 26, 2007 23:30
  • Categories:design | gadget


INFOBAR 2 (C)KDDI CORPORATION.


KDDIは、au design projectの第7弾モデルとしてプロダクトデザイナー 深澤直人氏がデザインを手掛けた『INFOBAR 2』を発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image:©KDDI CORPORATION.)

『INFOBAR 2』は初代「INFOBAR」の美しさや使いやすさを継承しつつ、四角い飴が口の中で溶けて丸みを帯びはじめたかのようなかたちに、「ワンセグ」や「おサイフケータイ®」などの最新機能を搭載し、進化をとげたモデルです。また、美しく鮮やかな映像が楽しめる2.6インチワイドQVGA有機ELディスプレイや、ステレオスピーカを搭載し、「ワンセグ」や「LISMO」などの各種サービスが利用できます。発売は11月下旬以降、全国で順次とのことです。

また、コラボレーション企画「mobile fashion」において、『INFOBAR 2』と有名ブランドとのコラボレーションアイテムを商品化し、au携帯電話のインターネット接続サービス「EZ web」上の「mobile fashion」サイトにて販売することも併せて発表しました。

[ 関連するサイト ]
» au design project (KDDI)
» Naoto Fukasawa Design

【PR】hhstyle.comで深澤直人デザインの商品を探してみませんか?icon

[ 関連するエントリー ]
» You Feel MEDIA SKIN、表参道ヒルズで開催 (2007.03.31)
» au design project MEDIA SKIN展、2月17日から開催 (2007.02.15)
» MEDIA SKIN:吉岡徳仁×au design project (2007.01.17)
» 「au design project」4モデル、MoMAコレクションに選定 (2007.01.16)
» [PHOTO] INFOBAR2:KDDIデザイニングスタジオ (2006.10.17)
» au design project:コンセプトモデル「INFOBAR2」発表 (2006.10.17)
» 坂井直樹氏プロデュースau端末「DRAPE」発表 (2006.08.28)
» 深澤直人×au design project:neon (2006.01.21)
» Marc Newsonデザイン携帯電話「talby」発表 (2004.10.14)
» INFOBAR [ANNIN] (2004.04.14)

Naoto FukasawaNaoto Fukasawa
Naoto Fukasawa (編集)

» Amazonで詳しく見る

グッドデザイン・プレゼンテーション2007、8月26日まで開催

  • Posted by: k_style
  • August 25, 2007 00:30
  • Categories:design | events


GDP2007 (C)Japan Industrial Design Promotion Organization


国内最大のデザインイベント『グッドデザイン・プレゼンテーション(GDP)2007』が東京ビッグサイトで8月26日(日)まで開催されているのでメモしておきます。(開催概要/image:©Japan Industrial Design Promotion Organization)

GDP2007は「そのデザインに、引力はありますか?」をテーマに、一次審査を通過した約1,200社、2,500点に上る商品が一般公開されます。GDP2007センターステージでは、デザインの最先端の取り組みを紹介するステージプレゼンテーションなどが行われ、投票で選ぶ「GDPアワード」も実施されます。

2007年グッドデザイン賞ノミネートの建築デザイン部門では、建築家 安藤忠雄氏が携わる「東京ミッドタウン」(※安藤氏は21_21 DESIGN SIGHTを設計)がノミネートされていました。

グッドデザイン・プレゼンテーション2007
会期:2007年8月24日(金)~8月26日(日)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟 東5,6ホール (Map)
開催時間:24日(金)18:00~21:00、25日(土)10:00~21:00、26日(日)10:00~16:00
入場料:1,000円(3日間共通)

[ 関連するサイト ]
» Good Design Award

【PR】「その道のプロ」が選んだこだわりの生活用品、スタイル、空間。【All About スタイルストア】

Gマーク大全―グッドデザイン賞の50年Gマーク大全―グッドデザイン賞の50年

» Amazonで詳しく見る
ジャパンデザイン―グッドデザインアワード・イヤーブック2006-2007ジャパンデザイン―グッドデザインアワード・イヤーブック2006-2007

» Amazonで詳しく見る

佐藤可士和ディレクション「今治タオル」、伊勢丹で販売

  • Posted by: k_style
  • July 29, 2007 01:00
  • Categories:design


今治タオル (C)imabari towel project


世界最大のタオル産地である愛媛県今治市の今治商工会議所と四国タオル工業組合が「JAPANブランド育成支援事業」の一環としてのブランド構築を目指す『今治タオルプロジェクト』は、2007年9月12日(水)より伊勢丹新宿店で「今治タオル」ブランドの常設コーナーをオープンすると発表したのでメモしておきます。(image:©imabari towel project)

「今治タオルプロジェクト」は、2006年6月から準備に着手し、ブランディングプロジェクト・クリエイティブディレクターとして、アートディレクターの佐藤可士和氏を起用、2006年度から3年計画で、認知度の向上と商品開発の施策を軸に、今治タオルブランドを構築し、地域資源を活用した産業の活性化に取り組む計画です。

2006年度は、ブランド構築プランの策定に続き、佐藤可士和氏によるブランドマーク&ロゴの導入、今治生まれの白いタオルの発表、コスチュームアーティストのひびのこづえ氏を起用した新しいタオル製品の開発しました。

ブランドマークのモチーフに用いたのはタオルの原料生産と加工に適した今治の恵まれた美しい自然「太陽」「海」「空」「水」です。象徴的に採用した「白」は、「空に浮かぶ雲」と「タオルのやさしさ・清潔感」、「青」は「波光煙めく海」と「豊かな水」、「赤」は「昇りゆく太陽」と「産地の活力」を表しています。

[ 関連するサイト ]
» 今治タオル

[ 佐藤可士和氏に関連するエントリー ]
» 佐藤可士和プロデュース『クリエイティブキッズ』開催 (2007.07.08)
» TOKYO BY KENZO、佐藤可士和氏がパッケージデザイン (2007.06.09)
» ユニクロ×佐藤可士和:UT STORE HARAJUKU. (2007.04.15)
» 「教えて!可士和さん!」、国立新美術館で開催 (2007.02.23)
» ELLE LOVES ART:六本木ヒルズ&表参道ヒルズ (2006.08.30)
» グッドデザイン・プレゼンテーション2006 (2006.08.03)
» 国立新美術館シンボルマーク・ロゴ、佐藤可士和氏がデザイン (2006.07.05)
» ユニクロ ソーホー ニューヨーク店、2006年秋オープン (2006.05.27)
» 佐藤可士和×Xbox 360×BEAMS T:限定コラボTシャツ (2006.03.25)
» 佐藤可士和×NEC×NTTドコモ:N702iD (2006.01.17)
» 佐藤可士和×ISSEY MIYAKE BY NAOKI TAKIZAWA (2005.12.26)
» 佐藤可士和×マイクロソフト:「Xbox 360 LOUNGE」オープン (2005.11.03)
» ロフト×佐藤可士和:THE HALLOWEEN ATTACKS TOKYO (2005.09.17)
» 楽天グループ、ロゴデザイン一新 (2005.06.08)
» MacPower Presents GINZA NOW! 2005 - 佐藤可士和 (2005.05.10)
» 佐藤可士和×明治学院大学 (2005.05.10)
» キリン<新!極生>:佐藤可士和×前田知巳×佐野研二郎 (2005.03.25)
» 特集 佐藤可士和 - 広告批評 (2004.10.29)
» オリンパス、HDDミュージックプレイヤー発表 (2004.10.13)
» KW乳酸菌の効用 (2004.03.02)

【PR】伊勢丹 オンラインショッピング「I ONLINE」

1冊まるごと佐藤可士和。1冊まるごと佐藤可士和。
ペン編集部 (編さん)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

ボージョレ・ヌーボー×TOMORROWLAND

  • Posted by: k_style
  • July 28, 2007 23:50
  • Categories:design | wine


コーディア ボージョレ・ヌーボー 2007年 “TOMORROWLANDオリジナルデザインラベル” (C)SAPPORO BREWERIES LTD.


サッポロビールは、毎年11月の第3木曜日(本年は11月15日)に解禁となるコーディア社ボージョレ・ヌーボーのラベルをセレクトショップ「TOMORROWLAND (トゥモローランド)」がデザインすることを発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image:©SAPPORO BREWERIES LTD.)

コーディア社は、1886年に設立したボルドー最大のワイン生産者のひとつでチーフワインメーカー パズ・エスペロ氏がボージョレ地方に出向いて醸造を指導しています。『コーディア ボージョレ・ヌーボー 2007年 “TOMORROWLANDオリジナルデザインラベル”』は2007年に収穫されたばかりのガメイ種100%を使用した、ぶどうそのものがもつフレッシュなアロマと口当たりが魅力とのことです。

なお、「TOMORROWLAND」はラベルだけでなく、ポスターなど全てのアートワークのデザインを担当します。

[ 関連するサイト ]
» サッポロビール
» TOMORROWLAND Co.,Ltd.

【PR】TOMORROWLAND公式通販サイト セレクトスクエア

ポケット・ワイン・ブック―THE WORLD’S FAVORITE WINE ADVISERポケット・ワイン・ブック―THE WORLD’S FAVORITE WINE ADVISER
ヒュー・ジョンソン (著), 辻静雄料理教育研究所 (著)

» Amazonで詳しく見る

Sony Design × Master Craft Lombardia、7月19日から開催

  • Posted by: k_style
  • July 20, 2007 23:30
  • Categories:design | events


Sony Design × Master Craft Lombardia (C)Sony Corporation


ソニーは、2007年4月に開催されたミラノ・サローネに展示したデザイン・プロトタイプを日本初公開する展覧会『Sony Design × Master Craft Lombardia』を銀座ソニービルで2007年7月19日(木)から開催するのでメモしておきます。(開催概要/image:©Sony Corporation)

本展では、ソニーデザインのクリエイティビティと、モダンデザインの原点ともいえる北イタリアの工房のコラボレーションから生まれたプロトタイプ作品の展示を通じ、「新しいモノの佇まい」と「人と空間の心地よい関係」を提案しています。

展示されるプロトタイプは、木、大理石、皮を素材としたインテリア調の棚型スピーカー」、「張り地として皮や布を用いたエレガントなサラウンド・サウンド・チェア」、「彫刻のような佇まいをもった大理石のスピーカー」、「モニター付のガラスに照明を付加した美しい屏風」、「銀メッキ仕立てのプロジェクター内蔵テーブル」などです。

Sony Design × Master Craft Lombardia
会期:2007年7月19日(木)~7月27日(金)
会場:銀座ソニービル 8階 コミュニケーションゾーン OPUS (Map)
開館時間:11:00~19:00
問い合わせ:Tel.03-3573-2371

[ 参考資料 ]
» ソニーのデザイン部門がミラノサローネ期間中にプロトタイプ作品群を展示

[ 関連するサイト ]
» Sony Design
» 銀座ソニービル

大事なことはすべて盛田昭夫が教えてくれた大事なことはすべて盛田昭夫が教えてくれた
黒木 靖夫 (著)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
デジタル・ドリーム日本語版―ソニーデザインセンターのすべてデジタル・ドリーム日本語版―ソニーデザインセンターのすべて
ポール クンケル (著), Paul Kunkel (原著), 稲本 喜則 (翻訳), オムニテックジャパン (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー展

  • Posted by: k_style
  • July 15, 2007 00:30
  • Categories:design


オリベデザインセンター美濃焼プロジェクト (C)ORIBE DESIGN CENTER


現代をリードする建築家12人が、日本でも屈指の生産量を誇る陶磁器「美濃焼」産地企業とのコラボレーションでデザインされたカップ&ソーサーの展覧会『〈デザイン展〉12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー展~オリベデザインセンター美濃焼プロジェクト~』が2007年7月17日(火)まで開催されているのでメモしておきます。(開催概要/image:©ORIBE DESIGN CENTER)

本展では、財団法人岐阜県産業デザインセンターオリベデザインセンターがプロダクトデザインの原点追求」「地場産業のブランド化・活性化推進」という課題に対する一つのアプローチとして、ベーシックな機能と形状から成立するカップ&ソーサーを理念と哲学、独創性を追求する建築家がデザインしたものです。

デザインを担当した建築家は、青木淳、磯崎新、伊東豊雄、隈研吾、妹島和世、高松伸、竹山聖、團紀彦、長谷川逸子、坂茂、葉祥栄、六角鬼丈の12名です。(敬称略)

〈デザイン展〉12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー展
~オリベデザインセンター美濃焼プロジェクト~

会期:2007年7月12日(木)~7月17日(火)
会場:リビングデザインセンターOZONE 6F リビングデザインギャラリー (Map)
時間:10:30~19:00 会期中無休
問い合わせ:Tel.03-5322-6500

[ 関連するサイト ]
» オリベデザインセンター
» Living Design Center OZONE
» 仁秀.com

窯別ガイド 日本のやきもの 美濃窯別ガイド 日本のやきもの 美濃
伊藤 嘉章 (著), 唐沢 昌宏 (著), 林 達雄 (著)

» Amazonで詳しく見る

三宅一生のデザインレクチャー:21_21 DESIGN SIGHT

  • Posted by: k_style
  • July 10, 2007 00:30
  • Categories:design | lecture


21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、同施設のディレクターである三宅一生氏のデザインレクチャー『プロダクトとしての衣服』が2007年7月12日(木)に開催されるのでメモしておきます。

PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE (プリーツ プリーズ イッセイミヤケ)のクリーション(創造)とテクノロジー(技術)を通して、三宅一生氏自身が、プロダクトとしての衣服について語ります。

三宅一生のデザインレクチャー『プロダクトとしての衣服』
日時:2007年7月12日(木) 18:30~19:30
会場:21_21 DESIGN SIGHT 地下1階ロビー (Map)
料金:無料 ※当日の入場チケットが必要
問い合わせ:Tel.03-3475-2121
※当日17:30より1Fロビーにて着座できる70名分の整理券を配布

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

[ 関連するエントリー ]
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT - 建築メモ (2007.05.28)
» 第1回企画展「チョコレート」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.04.26)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT|モノづくりの情熱に触れる (2007.04.04)
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
» 安藤忠雄/2006年の現場 悪戦苦闘:21_21 DESIGN SIGHT (2007.01.26)
» 東京ミッドタウンに「21/21 DESIGN SIGHT」創設 (2005.07.15)

【PR】楽天市場でPLEATS PLEASE ISSEY MIYAKEの商品を探してみませんか?

アーヴィング・ペン 三宅一生の仕事への視点アーヴィング・ペン 三宅一生の仕事への視点
Irving Penn (原著), アーヴィング ペン (著)

» Amazonで詳しく見る

グエナエル・ニコラ氏デザイン「SIMPURE L2」発売

  • Posted by: k_style
  • June 25, 2007 23:30
  • Categories:design | gadget


SIMPURE L2 (C)NTT DoCoMo, Inc.


NTTドコモは、デザイナー グエナエル・ニコラ氏(CURIOSITY Inc.)がデザインを手掛けたFOMA端末『SIMPURE L2』(LG電子製)を2007年6月29日(金)から発売するのでメモしておきます。(ニュースリリース/image:©NTT DoCoMo, Inc.)

『SIMPURE L2』は、サイド部分になめらかな曲線を加えることで手になじむフォルムを実現した“Curve & Square”や指の動きに合わせた押しやすいレイアウトなどにもこだわった、グラフィック性の高いキーデザインを特長としたシンプルかつコンパクトなFOMA端末です。

グエナエル・ニコラ氏は、ユニクロの「ブラックショップ」、任天堂の「ゲームボーイアドバンス」、カネボウの「YUSUI」のパッケージデザインなどを手がけ、建築、インテリアからプロダクト、パッケージ、グラフィックデザインまでジャンルを超えてシームレスに活躍しています。

なお、同端末の発売記念イベントとして、デザイン関連の複合イベント「東京デザイナーズウィーク」とLG電子ジャパンのコラボレーションイベント『Touch & Love DESIGN展』が東京ミッドタウンにて2007年7月3日(火)から8日(日)まで開催され、『SIMPURE L2』に触れられるほか、『SIMPURE L2』を用いた作品解説ガイダンスが行われます。

Touch & Love DESIGN展
会期:2007年7月3日(火)~8日(日)
会場:東京ミッドタウン地下1階 ガレリア アトリウム (Map)
時間:11:00~20:00
問い合わせ:DoCoMo インフォメーションセンター Tel.0120-800-000

[ 関連するサイト ]
» SIMPURE L2 (製品情報)
» CURIOSITY.JP

デザイナーの仕事―デザインガイドブックデザイナーの仕事―デザインガイドブック
Real Design編集部 (著)

» Amazonで詳しく見る
次世代の空間デザイン 21名の仕事 -Japan: The New Mix-次世代の空間デザイン 21名の仕事 -Japan: The New Mix-
高橋 正明 (著), Klein Dytham architecture (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

「A-POC INSIDE」、第86回ニューヨークADC賞金賞を受賞

  • Posted by: k_style
  • June 17, 2007 23:50
  • Categories:design


A-POC INSIDE (C)ISSEY MIYAKE INC.


メディアクリエーター 佐藤雅彦氏とユーフラテス(EUPHRATES:慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の卒業生からなるクリエーティブ・グループ)が制作したイッセイミヤケの今年のパリ・コレクションのための映像『A-POC INSIDE』が第86回ニューヨークADC賞グラフィック・デザインのTelevision & Cinema Design部門で金賞を受賞したのでメモしておきます。(image:©ISSEY MIYAKE INC.)

1920年の設立以来、世界の広告界をリードしてきたThe Art Director Club (通称ニューヨークADC)は毎年、印刷物および放送広告、グラフィック・デザイン、出版物などの分野でADC賞(金賞・銀賞・特別優秀賞・優秀賞)を選定し、今年で86回目となります。

佐藤氏は東京大学を卒業後、電通を経て、1994年企画事務所TOPICS設立。99年より慶應義塾大学環境情報学部教授、2006年より同大学特別招聘教授。電通のCMプランナー時代には「ドンタコス」(湖池屋)、「モルツ」(サントリー)、「バザールでござーる」(NEC)などの広告を数多く手がけたほか、哲学や経済を分かりやすく紐解く本の執筆、ゲーム「I.Q インテリジェントキューブ」、「だんご3兄弟」の作詞・プロデュース、NHKの教育番組「ピタゴラスイッチ」の制作に携わっています。

[ 関連するサイト ]
» ISSEY MIYAKE Official Site
» MASAHIKO SATO
» The Art Directors Club

[ 関連するエントリー ]
» イッセイ・ミヤケ、新ディレクターに藤原大氏を起用 (2006.10.15)
» 三宅一生氏、第22回(2006)京都賞受賞 (2006.06.15)

【PR】楽天市場でISSEY MIYAKE(イッセイ・ミヤケ)の商品を探してみませんか?

ぴったりはまるの本ぴったりはまるの本
佐藤 雅彦 (著), ユーフラテス (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
勝手に広告勝手に広告
中村至男+佐藤雅彦 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
佐藤雅彦 ggg Books 71佐藤雅彦 ggg Books 71
佐藤 雅彦 (編集), 古別府 泰子 (編集), 内野 真澄 (編集)

» Amazonで詳しく見る

TOKYO BY KENZO、佐藤可士和氏がパッケージデザイン

  • Posted by: k_style
  • June 9, 2007 23:30
  • Categories:design


TOKYO BY KENZO (C)KENZO Parfums


LVMHグループのケンゾーパルファム事業部は2007年6月4日(月)、KENZO PARFUMSの新作『TOKYO BY KENZO』のプレス発表を行ったのでメモしておきます。(image:KENZO Parfums)

『TOKYO BY KENZO』は、“TOKYO”をテーマに18から25歳の男性をターゲットにしたフレグランスで、フィルメニッヒの調香師 Marie Salamagne氏によって開発されました。パッケージデザインは、アートディレクター/クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏が手掛け、2007年9月に発売を予定しています。

[ 関連するサイト ]
» TOKYO BY KENZO

【PR】楽天市場でKENZO(ケンゾー)の関連商品を探してみませんか?

[ 佐藤可士和氏に関連するエントリー ]
» ユニクロ×佐藤可士和:UT STORE HARAJUKU. (2007.04.15)
» 「教えて!可士和さん!」、国立新美術館で開催 (2007.02.23)
» ELLE LOVES ART:六本木ヒルズ&表参道ヒルズ (2006.08.30)
» グッドデザイン・プレゼンテーション2006 (2006.08.03)
» 国立新美術館シンボルマーク・ロゴ、佐藤可士和氏がデザイン (2006.07.05)
» ユニクロ ソーホー ニューヨーク店、2006年秋オープン (2006.05.27)
» 佐藤可士和×Xbox 360×BEAMS T:限定コラボTシャツ (2006.03.25)
» 佐藤可士和×NEC×NTTドコモ:N702iD (2006.01.17)
» 佐藤可士和×ISSEY MIYAKE BY NAOKI TAKIZAWA (2005.12.26)
» 佐藤可士和×マイクロソフト:「Xbox 360 LOUNGE」オープン (2005.11.03)
» ロフト×佐藤可士和:THE HALLOWEEN ATTACKS TOKYO (2005.09.17)
» 楽天グループ、ロゴデザイン一新 (2005.06.08)
» MacPower Presents GINZA NOW! 2005 - 佐藤可士和 (2005.05.10)
» 佐藤可士和×明治学院大学 (2005.05.10)
» キリン<新!極生>:佐藤可士和×前田知巳×佐野研二郎 (2005.03.25)
» 特集 佐藤可士和 - 広告批評 (2004.10.29)
» オリンパス、HDDミュージックプレイヤー発表 (2004.10.13)
» KW乳酸菌の効用 (2004.03.02)

1冊まるごと佐藤可士和。1冊まるごと佐藤可士和。
ペン編集部 (編さん)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

チャリティ エコバッグ展「WE LOVE THE EARTH!」開催

  • Posted by: k_style
  • June 1, 2007 23:30
  • Categories:design


チャリティ エコバッグ展「WE LOVE THE EARTH!」 (C)ISETAN Co.,Ltd.


伊勢丹新宿店では、昨年実施した創業120周年記念チャリティTシャツ展に続き、今年もチャリティ・イベント『チャリティ エコバッグ展「WE LOVE THE EARTH!」』を2007年5月30日(水)から開催するのでメモしておきます。(開催概要/image:©ISETAN Co.,Ltd.)

人気12ブランドの日本人デザイナーが「地球にやさしい」をテーマにメッセージ・モチーフをデザインし、そのなかから好きなモチーフを選ぶと、無地のショッピングバッグにプリントするというものです。ショッピングバッグ(綿100%/36.5×31×12cm)は各3,000円で販売され、引き渡しは7月下旬の予定です。収益金はすべて環境団体である社団法人 国土緑化推進機構を通じて森林づくり等の緑化活動に使われます。

チャリティ エコバッグ展「WE LOVE THE EARTH!」
会期:2007年5月30日(水)~6月5日(火)
会場:伊勢丹新宿店本館1階 ザ・ステージ (Map)
営業時間:10:00~20:00
問い合わせ:Tel.03-3352-1111

[ 関連するサイト ]
» 伊勢丹

地球白書〈2006-07〉―ワールドウォッチ研究所地球白書〈2006-07〉―ワールドウォッチ研究所
クリストファー フレイヴィン (著), 日本環境財団 環境文化創造研究所 (編集), Christopher Flavin (原著), エコフォーラム21世紀 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

FOMA N904i:ステファノ・ジョバンノーニ×NEC×ドコモ

  • Posted by: k_style
  • April 23, 2007 23:30
  • Categories:design


N904i (C)NEC Corporation.


NTTドコモは、FOMA次期モデルとしてミラノサローネに出展していた『N904i』を正式発表したのでメモしておきます。(プレスリリース/image:©NEC Corporation.)

『N904i』のデザインは、ミラノを拠点に活躍する世界的なプロダクトデザイナーであるステファノ・ジョバンノーニ(Stefano Giovannoni)氏よるもので、2つのBOXを組み合わせたようなデザインを採用し、外側と内側のカラーが違う、ベーシックかつグラフィカルなデザインとしています。なお、発売は2007年5月下旬から6月中旬を予定しています。

ジョバンノーニ氏は建築家としてのみならず工業デザイナー、またインテリアデザイナーとしても活躍し、今までにAlessi、Cedderoth、Deborah、Fiat、Flos、Hannstar、Helit、Henkel、Kokuyo、Inda、Laufen、Lavazza、Magis、Oras、Oregon Scientific、Seiko、Siemens、3Mなど、数多くの企業とのデザインコラボレーションに携わっています。

また、Alessiの“Girotondo”と“Mami”シリーズ、“Il BagnoAlessi”、Magisの“Bombo”シリーズなどは大ヒット商品として成功を収め、過去に重要な賞を数多く受賞しており、作品の一部はポンピドゥーセンター(パリ)とMOMA(ニューヨーク)にも永久保存されています。

[ 関連するサイト ]
» N904i (NEC)
» GIOVANNONI DESIGN

【PR】楽天市場でジョバンノーニ デザインの商品を探してみませんか?
【PR】ドコモポイントがどんどん貯まる!ケータイクレジット“DCMX”

オレゴンサイエンティフィック Weather Boxオレゴンサイエンティフィック Weather Box
OREGON SCIENTIFIC (オレゴン・サイエンティフィック)

おすすめ度:stars-3.0
» Amazonで詳しく見る

M702iS DOLCE&GABBANA、期間限定販売

  • Posted by: k_style
  • April 3, 2007 23:30
  • Categories:design | gadget


M702iS DOLCE&GABBANA (C)NTT DoCoMo, Inc.


NTTドコモは、ドルチェ アンド ガッバーナ、モトローラ、ドコモの3者でコラボレーションした携帯電話『M702iS DOLCE&GABBANA』をドコモオンラインショップにて、2007年4月20日(金) 午前8時30分から2007年5月31日(木) 午後10時30分までの期間限定で発売するのでメモしておきます。(プレスリリース/image:©NTT DoCoMo, Inc.)

これまでDOLCE&GABBANAの旗艦店や一部のショップで販売していた『M702iS DOLCE&GABBANA』は、モトローラの「M702iS」をベースとして、ドルチェ アンド ガッバーナ ゴールドの本体に、DOLCE&GABBANAロゴ入りオリジナル待受画面、スクリーンセーバー、通話中に輝くサブディスプレイのDGロゴ、ドメニコ ドルチェ氏とステファノ ガッバーナ氏のセレクトによるオリジナル着信音(4種のメロディ)を特徴とし、さらにDGチャーム付ストラップ、DGロゴ付イール スキン 携帯ケースが付属し、販売価格は75,000円(税込)となっています。

[ 関連するサイト ]
» ドコモオンラインショップ
» DOLCE&GABBANA

【PR】楽天市場でDOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)の商品を探してみませんか?

20 Years Dolce & Gabbana20 Years Dolce & Gabbana
Sarah Mower (著)

» Amazonで詳しく見る

You Feel MEDIA SKIN、表参道ヒルズで開催

  • Posted by: k_style
  • March 31, 2007 00:30
  • Categories:design | events


表参道ヒルズ photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:表参道ヒルズ]

au design projectの新しいケータイ「MEDIA SKIN」の販売開始に伴い、体験できるスペシャルイベント『You Feel MEDIA SKIN』が表参道ヒルズで2007年4月6日(木)まで開催されているのでメモしておきます。

また期間中、MEDIA SKINスペシャルカラー投票※の候補色をパネルで確認できるほか、「au design project collection」も併催し、過去から未来までのラインアップを公開しています。

※インターネット上で「MEDIA SKIN」の新カラーバリエーションの候補から投票し、もっとも人気のあったカラーを製品化する予定です。(MEDIA SKINスペシャルカラー投票サイト)

You Feel MEDIA SKIN
会期:2007年3月23日(金)~4月5日(木)
場所:表参道ヒルズ 吹抜け大階段 (Map)
時間:11:00~19:00
問い合わせ:auお客様センター Tel.0077-7-111


表参道ヒルズ photo(C)K STYLE WEBSITE

[ 関連するサイト ]
» au design project
» Tokujin Yoshioka Design
» 表参道ヒルズ/OmotesandoHills

[ 関連するエントリー ]
» 表参道ヒルズ、初の春夏ファッションショー開催 (2007.03.12)
» au design project MEDIA SKIN展、2月17日から開催 (2007.02.15)
» MEDIA SKIN:吉岡徳仁×au design project (2007.01.17)

Tokujin Yoshioka DesignTokujin Yoshioka Design

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

東京ミッドタウン、3月30日(金) 11:00 グランドオープン


東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:東京ミッドタウン]

東京・六本木の複合施設『東京ミッドタウン (Tokyo Midtown)』が着工から約3年を経て、2007年3月30日(金) 11時にグランドオープンするのでメモしておきます。

東京ミッドタウンは広大なグリーンと6つの建物からなる複合施設で、【ショップ&レストラン】【サントリー美術館】【21_21 DESIGN SIGHT】【ザ・リッツ・カールトン東京】【東京ミッドタウン・デザインハブ】【東京ミッドタウン メディカルセンター】【富士フイルム スクエア】【東京ミッドタウン ホール&カンファレンス】【アートワーク】【グリーン&パーク】【東京ミッドタウン・レジデンシィズ】【ザ・パーィ・レジデンシィズ・アット・ザ・リッツ・カールトン東京】【オークウッドプレミア東京ミッドタウン】【オフィス】という構成です。

同施設は、防衛庁跡地の再開発事業として全国共済農業協同組合連合会、明治安田生命保険相互会社、積水ハウス株式会社、富国生命保険相互会社、大同生命保険株式会社、三井不動産株式会社からなる6社のコンソーシアムによって「都心の上質な日常」をコンセプトに推進してきました。

プロジェクトを統括したマスターアーキテクトは「SOM」で世界150カ国で1,000以上もの建物をつくりあげた実績を誇ります。コアアーキテクトは、社会環境デザインの専門集団「日建設計」、ランドスケープデザインを担当したのは、自然の風景と都市性の調和をコンセプトとする「EDAW Inc.」、商業棟のデザインは「Communication Arts,Inc.」と「隅研吾建築都市設計事務所」、住居棟のデザインは「坂倉建築研究所」が担当しました。

住宅棟外装デザインは「青木淳建築計画事務所」が監修、そして、デザインの拠点といえる「21_21 DESIGN SIGHT」の設計は、「安藤忠雄建築研究所」と「日建設計」が手掛けています。

東京ミッドタウン
所在地:東京都港区赤坂9丁目7 (Map)
営業時間:ショップ 11:00~21:00
※カフェ・レストラン・サービス等は各店舗によって営業時間が異なります
問い合わせ:東京ミッドタウンコールセンター Tel.03-3475-3100 (10:00~21:00)

[ 関連するサイト ]
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown
» ザ・リッツ・カールトン東京
» 21_21 DESIGN SIGHT
» サントリー美術館
» 富士フイルム スクエア

[ 関連するエントリー ]
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» Billboard Live TOKYO、東京ミッドタウンにオープン (2007.03.24)
» 「東京ミッドタウンツアー」電話予約受付開始 (2007.03.17)
» 東京ミッドタウンフォーラム、3月30日から3日間開催 (2007.03.01)
» FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)、3月30日オープン (2007.02.26)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
»