Top > lecture Archive

lecture Archive

驚くべき学びの世界展、ワタリウム美術館で開催

  • Posted by: k_style
  • May 24, 2011 00:30
  • Categories:lecture
ワタリウム美術館 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ワタリウム美術館]

東京・渋谷のワタリウム美術館では、『驚くべき学びの世界 展』が2011年4月23日(土)から7月31日(日)まで開催しているのでメモしておきます。

近年、世界最高水準の教育実践として注目を集めている「レッジョ・アプローチ」の起源は、第二次世界大戦直後の北イタリア、レッジョ・エミリアで、村の人々が戦車や軍用トラックを売り払い、手づくりで始めた「自分たちの学校」でした。 そこに、ローリス・マラグッツイ氏 (1920-1994)という素晴らしい教育者が加わり、独自の方向性とインスピレーションを与え開花していきました。

本展では、レッジョ・アプローチが2000年以降取組んでいる最新の試み、現在進行形のプロジェクトを中心に紹介します。「場所との対話」「モノ (素材)との対話」「書くことの魅力」「光線」など、レッジョらしい自由さ、社会性、柔軟性に富んだものを取り上げます。

会期中、レッジョ・アプローチの最新プロジェクトの紹介をはじめ、障害児のためのアート教育や子どもと言葉についてなど、さまざまなテーマをとりあげ、専門家による講演や対談を実施するほか、子どもたちに芸術体験を指導する専門家の本格的なアトリエリスタを養成するためのワークショップを開催します。

驚くべき学びの世界 展
北イタリアの小さな町、レッジョ・エミリアで生まれた、世界最高水準の教育実践。

会期:2011年4月23日(土)~7月31日(日)
会場:ワタリウム美術館 (東京都渋谷区神宮前3-7-6・Map)
開館時間:11:00~19:00 ※水曜日は21:00まで
休館日:月曜日 ※7/18(月・祝)は開館
入場料:一般1,000円
問い合わせ:Tel.03-3402-3001

[ 関連するサイト ]
» ワタリウム美術館

驚くべき学びの世界~レッジョ・エミリアの幼児教育~驚くべき学びの世界~レッジョ・エミリアの幼児教育~
佐藤 学 (監修), ワタリウム美術館 (編集)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

安藤忠雄建築展、2009年2月11日から大阪で開催

住吉の長屋 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:住吉の長屋]

現在、東京・乃木坂のギャラリー・間で開催中の『安藤忠雄建築展 [挑戦ー原点からー]』がTOTOテクニカルセンター大阪で2009年2月11日(水)から3月7日(土)まで開催するのでメモしておきます。

本展では、「住吉の長屋」と「光の教会」が縮尺1/10サイズのコンクリート模型で再現されるほか、「六甲の集合住宅」、「東急東横線渋谷駅」「東京大学情報学環・福武ホール」などの国内作品、現在進行中の「プンタ・デラ・ドガーナ再生計画」「モンテレイ大学RGSセンター」などの海外の最新作を紹介します。(「住吉の長屋」原寸大模型は東京展のみの展示となります。)

安藤忠雄建築展 [挑戦ー原点からー] (大阪)
会期:2009年2月11日(水)~3月7日(土)
会場:TOTOテクニカルセンター大阪 (大阪府大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル2F・Map)
開館時間:10:00~18:00 ※金曜日のみ19:00まで/最終日は16:00まで
問い合わせ:Tel.06-6253-5675

また、本展の開催を記念して、2009年2月18日(水)に御堂会館で安藤忠雄氏による講演会『新しい道を切り開く』が開催されます。

安藤忠雄氏講演会「新しい道を切り拓く」
日時:2009年2月18日(水) 18:30~20:30予定
会場:御堂会館 大ホール (Map)
定員:900名/参加費:無料
※要事前申し込み(申込期間:2008年12月15日~2009年2月4日)
問い合わせ:Tel.03-3402-1010

[ 関連するサイト ]
» ギャラリー・間

[ 関連するエントリー ]
» 安藤忠雄建築展の会期中、ギャラリー・トーク開催 (2008.10.06)
» 安藤忠雄建築展「挑戦-原点から-」、2008年10月3日から開催 (2008.09.26)
» 安藤忠雄講演会「建築をぬける風」、2008年10月3日開催 (2008.07.25)

安藤忠雄の建築 1安藤忠雄の建築 1
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る
安藤忠雄の建築 2安藤忠雄の建築 2
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る
安藤忠雄の建築 3安藤忠雄の建築 3
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る

安藤忠雄建築展の会期中、ギャラリー・トーク開催

ギャラリー・間 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ギャラリー・間]

東京・南青山のギャラリー・間で開催中の『安藤忠雄建築展「挑戦ー原点からー」』では、会期中、建築家 安藤忠雄氏によるギャラリー・トークが開催されているのでメモしておきます。

ギャラリー・トークは各回30分程度で開催され、作品集「安藤忠雄の建築」各巻の購入者を対象にサイン会が行われる予定です。参加は先着順ですが、会場が満員になり次第、入場できません。また、予告なく開催が中止になる場合もありますので、最新の情報は会場にてご確認下さい。

安藤忠雄建築展「挑戦ー原点からー」
会期:2008年10月3日(金)~12月20日(土)
会場:ギャラリー・間 (東京都港区南青山1-24-3・Map)
開館時間:11:00~18:00 (金曜日~19:00)/休館日:日曜日、月曜日、祝日
※10/26(日)、10/27(月)、11/2(日)、11/3(月・祝)は開館
問い合わせ:Tel.03-3402-1010

[ ギャラリー・トーク日程 ]
» 10月3日(金) 11:00~/14:00~/15:30~
» 10月4日(土) 11:00~/13:00~
» 10月11日(土) 15:00~/16:00~
» 10月16日(木) 13:00~/15:00~

» 11月4日(火) 11:00~/12:00~
» 11月5日(水) 11:00~
» 11月8日(土) 13:00~/14:00~
» 11月13日(木) 11:00~
» 11月21日(金) 14:00~/15:00~
» 11月29日(土) 11:00~/12:00~

» 12月12日(金) 11:00~/12:00~
» 12月13日(土) 11:00~
» 12月18日(木) 11:00~
» 12月19日(金) 11:00~
※上記日程以降の開催予定は決まり次第、会場に掲出されます。

[ 関連するサイト ]
» ギャラリー・間

[ 関連するエントリー ]
» 安藤忠雄建築展「挑戦-原点から-」、2008年10月3日から開催 (2008.09.26)
» 安藤忠雄講演会「建築をぬける風」、2008年10月3日開催 (2008.07.25)

安藤忠雄の建築 1安藤忠雄の建築 1
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る
安藤忠雄の建築 2安藤忠雄の建築 2
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る
安藤忠雄の建築 3安藤忠雄の建築 3
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る

安藤忠雄講演会「建築をぬける風」、2008年10月3日開催

住吉の長屋 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:住吉の長屋]

2008年10月、建築家 安藤忠雄氏の展覧会『安藤忠雄建築展「挑戦 -原点から-」』(ギャラリー・間)の開催を記念して、2008年10月3日(金)、よみうりホールにて『安藤忠雄講演会「建築をぬける風」』が開催されるのでメモしておきます。

安藤忠雄講演会「建築をぬける風」
日時:2008年10月3日(金) 17:30開場/18:30開演
会場:よみうりホール (読売会館 7F・Map)
定員:1,100名/参加費:無料
※要事前申し込み (ウェブサイトにて7/25~9/19まで受付)

ギャラリー・間の展覧会では、安藤忠雄氏の30数年に及ぶ建築活動を、それぞれがつくられた"場"に注目して振り返り総括しようとするもので、安藤建築の"原点"に当る「住吉の長屋」を原寸大模型で再現するとともに、それぞれの"場所"に息づく安藤建築をスケッチ、模型、ドローイング、映像などでさまざまな角度から紹介します。

安藤忠雄建築展「挑戦 -原点から-」
会期:2008年10月3日(金)~12月20日(土)
会場:ギャラリー・間 (東京都港区南青山1-24-3・Map)
時間:11:00~18:00 (金曜日は19:00まで)/休館日:日曜・月曜・祝日 (11/2、11/3は開館)
問い合わせ:Tel.03-3402-1010

[ 関連するサイト ]
» 安藤忠雄建築展「挑戦 -原点から-」 (ギャラリー・間)

安藤忠雄の建築 1安藤忠雄の建築 1
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る
安藤忠雄の建築 2安藤忠雄の建築 2
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る

アカデミーヒルズスペシャル・プログラム in 直島、3月1日開催

ベネッセハウス「PARK」 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ベネッセハウス「PARK」]

森ビルが運営するビジネススクール「Roppongi BIZ」において2008年3月1日(土)から2日(日)までの1泊2日で『アカデミーヒルズスペシャル・プログラム in 直島』が開催されるのでメモしておきます。(開催概要)

本プログラムでは、自然・アート・建築の共生をテーマに、年々進化を続ける「ベネッセアートサイト直島」を訪問し、21世紀型といえる共存共栄のビジネスとまちづくりについて、さらには個として、今後の日本をどう生きていくべきかを考えます。

建築家 安藤忠雄氏、ベネッセアートサイト直島代表の福武總一郎氏による解説と講演を中心に、一橋大学イノベーション研究センター教授/アーク都市塾塾長の米倉誠一郎氏をコーディネーターとして、安藤氏が手がけた「ベネッセハウス」や「地中美術館」をはじめ、「家プロジェクト」等の作品を巡ります。また、2006年5月にオープンした、安藤氏の設計としては数少ない木造2階建て施設「PARK」に宿泊する1泊2日のプログラムです。

アカデミーヒルズスペシャル・プログラム in 直島
会期:2008年3月1日(土)~3月2日(日)
場所:ベネッセアートサイト直島 (Map)
コース1:65,000円 高松築港集合(「高松築港」集合解散旅行代金)
コース2:104,000円 羽田空港集合(羽田空港より往復航空機運賃含む旅行代金)
宿泊施設:ベネッセハウス「PARK」/定員:80名限定(最少催行人員35名)
申込締切:2008年2月1日(金)
問い合わせ:JTB法人東京 法人営業日本橋支店 Tel.03-3273-8245

[ 関連するサイト ]
» Roppongi BIZ|アカデミーヒルズ
» ベネッセアートサイト直島

[ 関連するエントリー ]
» ベネッセアートサイト直島、「家プロジェクト」7軒公開開始 (2007.12.04)
» NAOSHIMA STANDARD 2、2007年2月24日から開催 (2007.02.06)
» ベネッセハウス「パーク」「ビーチ」、5月20日オープン (2006.04.08)
» 直島に安藤忠雄設計のホテル、2006年4月オープン (2005.04.15)

直島 瀬戸内アートの楽園直島 瀬戸内アートの楽園
秋元 雄史 (著), 安藤忠雄 ほか (著)

» Amazonで詳しく見る
Tadao Ando at NaoshimaTadao Ando at Naoshima
Tadao Ando (はしがき), Philip Jodidio (著)

» Amazonで詳しく見る
The Chichu Art Museum: Tadao Ando Builds For Walter De Maria, James Turrell, and Claude MonetThe Chichu Art Museum: Tadao Ando Builds For Walter De Maria, James Turrell, and Claude Monet
Tadao Ando (著), Walter De Maria (著), James Turrell (著), Claude Monet (著)

» Amazonで詳しく見る
TADAO ANDO DETAILS 4TADAO ANDO DETAILS 4
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る

東急本店開店40周年記念「安藤忠雄氏 新渋谷駅を語る」


地下鉄副都心線 渋谷駅模型 photo(C)K STYLE WEBSITE

[photo:地下鉄副都心線 渋谷駅模型]

東急百貨店渋谷・本店が開店40周年を記念し、建築家 安藤忠雄氏が設計を手掛ける「地下鉄副都心線 渋谷駅」の模型展示とトークショーを開催するのでメモしておきます。(開催概要)

渋谷・本店1階の特設スペースでは、2007年10月25日(木)から11月7日(水)まで「地下鉄副都心線 渋谷駅」の模型展示が行われ、11月2日(金)にはBunkamuraで安藤氏によるトークショー「新渋谷駅を語る」が開催されます。

トークショー 建築家 安藤忠雄氏「新渋谷駅を語る」
日時:2007年11月2日(金) 13:00~14:00
場所:Bunkamura 1階 ロビーラウンジ (東京都渋谷区道玄坂2-24-1・Map)
※参加整理券を当日10:30から東急本店1階正面口にて配布(先着150名)
問い合わせ:Tel.03-3477-3520

「地下鉄副都心線 渋谷駅」は、東急東横線渋谷駅の地下駅化計画で、渋谷-代官山区間を地下化し、2014年度に現在工事が進められている13号線(池袋-渋谷)と相互乗り入れする予定です。安藤氏が設計するのは、地下30m、長さ120mの代官山寄りの東急工区で明治通りの下を走る鉄道の土木躯体に“宇宙船”と名付けている長さ約80m、幅24mの長楕円形を駅空間として挿入する計画です。“宇宙船”は中央に設けた巨大な吹き抜けでホームにあたる最下層とダイナミックに交差することで自然換気が可能で、環境負荷が大幅に減るメリットがあるそうです。

地下鉄副都心線 渋谷駅 (13号線東横線渋谷駅)
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目 (Map)
設計・監理:安藤忠雄建築研究所・日建設計+東京急行電鉄
敷地面積:28,904.57m²/延床面積:27,007.82m²
規模:地下5階、地上1階/構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
竣工:2008年6月予定

[ 参考資料 ]
» 新建築2007年6月号

[ 関連するサイト ]
» 東急百貨店
» 東急電鉄
» 東京メトロ|副都心線の情報

[ 関連するエントリー ]
» 安藤忠雄氏設計「渋谷駅」、SHIBUYA INFOBOXで展覧会 (2007.10.11)

[雑誌] 新建築 2007年 06月号[雑誌] 新建築 2007年 06月号

» Amazonで詳しく見る
GA JAPAN 86GA JAPAN 86

» Amazonで詳しく見る

佐藤可士和・佐藤悦子トークショー&サイン会

  • Posted by: k_style
  • October 15, 2007 00:30
  • Categories:books | lecture


佐藤可士和の超整理術 (C)Nikkei Publishing Inc.,


青山ブックセンターは、六本木ヒルズ森タワーのアカデミーヒルズにて『佐藤可士和の超整理術』(日本経済新聞出版社)、『SAMURAI 佐藤可士和のつくり方』(誠文堂新光社)の刊行を記念して著者である佐藤可士和氏、佐藤悦子氏夫妻のトークショー&サイン会を2007年11月1日(木)に開催するのでメモしておきます。(開催概要/image:©Nikkei Publishing Inc.,)

本イベントでは、初の著書『佐藤可士和の超整理術』を執筆した佐藤可士和氏が、同書を執筆するきっかけや、「整理術」が生まれた背景を振り返りながら、問題解決のための“整理”を解説します。また、『SAMURAI 佐藤可士和のつくり方』を執筆した佐藤悦子氏は、可士和氏の凄さを、身近な存在からどう捉えているか、そしてクリエイターをさらに上のステージへステップアップさせるマネージメントおよびブランディングの方法を語ります。

佐藤可士和・佐藤悦子トークショー&サイン会
日時:2007年11月1日(木) 19:00~21:30
場所:六本木ヒルズ森タワー40階 アカデミーヒルズ40 キャラントB (Map)
定員:150名/入場料:1,500円
販売方法:六本木店店頭、六本木ヒルズ店店頭、ABCwebサイト ※一人2枚まで
販売開始日:10月15日(月)六本木店・ABCwebサイト10:00~、六本木ヒルズ店11:00~
問い合わせ:青山ブックセンター六本木店 Tel.03-3479-0479

[ 関連するサイト ]
» KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和
» 青山ブックセンター

佐藤可士和の超整理術佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和 (著)

おすすめ度:stars-3.5
» Amazonで詳しく見る
SAMURAI佐藤可士和のつくり方SAMURAI佐藤可士和のつくり方
佐藤 悦子 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

[ 佐藤可士和氏に関連するエントリー ]
» 2007年度グッドデザイン賞受賞結果発表 (2007.10.02)
» UT GRAND PRIX 08:安藤忠雄氏などが審査員に決定 (2007.08.23)
» 佐藤可士和ディレクション「今治タオル」、伊勢丹で販売 (2007.07.29)
» 佐藤可士和プロデュース『クリエイティブキッズ』開催 (2007.07.08)
» TOKYO BY KENZO、佐藤可士和氏がパッケージデザイン (2007.06.09)
» ユニクロ×佐藤可士和:UT STORE HARAJUKU. (2007.04.15)
» 「教えて!可士和さん!」、国立新美術館で開催 (2007.02.23)
» ELLE LOVES ART:六本木ヒルズ&表参道ヒルズ (2006.08.30)
» グッドデザイン・プレゼンテーション2006 (2006.08.03)
» 国立新美術館シンボルマーク・ロゴ、佐藤可士和氏がデザイン (2006.07.05)
» ユニクロ ソーホー ニューヨーク店、2006年秋オープン (2006.05.27)
» 佐藤可士和×Xbox 360×BEAMS T:限定コラボTシャツ (2006.03.25)
» 佐藤可士和×NEC×NTTドコモ:N702iD (2006.01.17)
» 佐藤可士和×ISSEY MIYAKE BY NAOKI TAKIZAWA (2005.12.26)
» 佐藤可士和×マイクロソフト:「Xbox 360 LOUNGE」オープン (2005.11.03)
» ロフト×佐藤可士和:THE HALLOWEEN ATTACKS TOKYO (2005.09.17)
» 楽天グループ、ロゴデザイン一新 (2005.06.08)
» MacPower Presents GINZA NOW! 2005 - 佐藤可士和 (2005.05.10)
» 佐藤可士和×明治学院大学 (2005.05.10)
» キリン<新!極生>:佐藤可士和×前田知巳×佐野研二郎 (2005.03.25)
» 特集 佐藤可士和 - 広告批評 (2004.10.29)
» オリンパス、HDDミュージックプレイヤー発表 (2004.10.13)
» KW乳酸菌の効用 (2004.03.02)

三宅一生のデザインレクチャー:21_21 DESIGN SIGHT

  • Posted by: k_style
  • July 10, 2007 00:30
  • Categories:design | lecture


21_21 DESIGN SIGHT photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:21_21 DESIGN SIGHT]

東京・六本木の東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」では、同施設のディレクターである三宅一生氏のデザインレクチャー『プロダクトとしての衣服』が2007年7月12日(木)に開催されるのでメモしておきます。

PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE (プリーツ プリーズ イッセイミヤケ)のクリーション(創造)とテクノロジー(技術)を通して、三宅一生氏自身が、プロダクトとしての衣服について語ります。

三宅一生のデザインレクチャー『プロダクトとしての衣服』
日時:2007年7月12日(木) 18:30~19:30
会場:21_21 DESIGN SIGHT 地下1階ロビー (Map)
料金:無料 ※当日の入場チケットが必要
問い合わせ:Tel.03-3475-2121
※当日17:30より1Fロビーにて着座できる70名分の整理券を配布

[ 関連するサイト ]
» 21_21 DESIGN SIGHT

[ 関連するエントリー ]
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT - 建築メモ (2007.05.28)
» 第1回企画展「チョコレート」:21_21 DESIGN SIGHT (2007.04.26)
» [PHOTO] 21_21 DESIGN SIGHT|モノづくりの情熱に触れる (2007.04.04)
» 日産オリジナルモデル、21_21 DESIGN SIGHTに展示 (2007.03.27)
» 21_21 DESIGN SIGHT、初年度プログラムを発表 (2007.02.25)
» 安藤忠雄/2006年の現場 悪戦苦闘:21_21 DESIGN SIGHT (2007.01.26)
» 東京ミッドタウンに「21/21 DESIGN SIGHT」創設 (2005.07.15)

【PR】楽天市場でPLEATS PLEASE ISSEY MIYAKEの商品を探してみませんか?

アーヴィング・ペン 三宅一生の仕事への視点アーヴィング・ペン 三宅一生の仕事への視点
Irving Penn (原著), アーヴィング ペン (著)

» Amazonで詳しく見る

安藤忠雄特別講演会、追加募集:青山ブックセンター主催


4m×4mの家 photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:4m×4mの家]

建築家 安藤忠雄氏の近著『安藤忠雄の建築 1』(TOTO出版)の刊行を記念して2007年7月11日(水)に開催される『安藤忠雄特別講演会』の追加募集が7月4日(水) 10時から受付開始になるのでメモしておきます。

また、安藤氏のサイン会は講演後、青山ブックセンター本店で行われる予定で、講演会参加者のみとし、対象書籍は『安藤忠雄の建築1』『ル・コルビュジエ全住宅』『住宅の射程』『建築を語る』『連戦連敗』となっています。

『安藤忠雄の建築 1』刊行記念 安藤忠雄特別講演会
日時:2007年7月11日(水) 19:00~20:30 (18:00開場)
会場:東京ウィメンズプラザホール (東京都渋谷区神宮前5-53-67・Map)
追加定員:若干数 ※2階席または立ち見となります
入場料:500円 (電話予約の上、当日精算)
追加受付開始:2007年7月4日(水) 10:00~
問い合わせ:青山ブックセンター本店 Tel.03-5485-5511 (10:00~22:00)
※当日受付にて『安藤忠雄の建築1』購入者は入場料無料

[ 関連するサイト ]
» 青山ブックセンター
» TOTO出版

[ 関連するエントリー ]
» 安藤忠雄特別講演会:青山ブックセンター主催 (2007.06.13)

安藤忠雄の建築 1安藤忠雄の建築 1
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る
ル・コルビュジエの全住宅ル・コルビュジエの全住宅
東京大学工学部建築学科安藤忠雄研究室 (編集)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
住宅の射程住宅の射程
磯崎 新 (著), 藤森 照信 (著), 安藤 忠雄 (著), 伊東 豊雄 (著), ギャラリー間 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
建築を語る建築を語る
安藤 忠雄 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
連戦連敗連戦連敗
安藤 忠雄 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

安藤忠雄特別講演会:青山ブックセンター主催


住吉の長屋 photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:住吉の長屋]

建築家 安藤忠雄氏の近著『安藤忠雄の建築 1』(TOTO出版)の刊行を記念して『安藤忠雄特別講演会』が青山ブックセンター主催で2007年7月11日(水)に開催されるのでメモしておきます。(開催概要)

安藤氏自らが、本作品集でも紹介している住宅への取り組みを契機にした建築の可能性、建築家の可能性について語ります。建築を専門としない方にもおすすめとのことです。また、講演会前後にあわせて、講演前は会場にて、講演後は青山ブックセンター本店にて安藤氏によるサイン会が行われる予定です。

『安藤忠雄の建築 1』は、建築家 安藤忠雄氏の作品集(全3巻)の1巻目。住宅作品のみを集めた第1巻では、安藤氏の名を一躍世間に知らしめ、自ら<私の原点>と呼ぶ「住吉の長屋」や、安藤氏に転機をもたらした「小篠邸」、60度の急斜面という過酷な敷地に建設した「六甲の集合住宅」、狭小敷地で無限の空間を生み出した「4×4の住宅」、そのほか海外の邸宅などを収録。処女作から最新作まで、住宅設計における安藤氏のあくなき挑戦の数々を丁寧に追っています。

『安藤忠雄の建築 1』刊行記念 安藤忠雄特別講演会
日時:2007年7月11日(水) 19:00~20:30 (18:00開場)
会場:東京ウィメンズプラザホール (東京都渋谷区神宮前5-53-67・Map)
定員:250名/入場料:500円 (電話予約の上、当日精算)
予約受付開始:2007年6月13日(水) 10:00~
予約・問い合わせ:青山ブックセンター本店 Tel.03-5485-5511
※当日受付にて『安藤忠雄の建築1』購入者は入場料無料

[ 関連するサイト ]
» 青山ブックセンター
» TOTO出版

安藤忠雄の建築 1安藤忠雄の建築 1
安藤 忠雄 (著)

» Amazonで詳しく見る

東京ミッドタウンフォーラム、3月30日から3日間開催

  • Posted by: k_style
  • March 1, 2007 03:00
  • Categories:lecture


東京ミッドタウン photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:東京ミッドタウン]

東京・六本木の防衛庁跡地複合再開発「東京ミッドタウン (Tokyo Midtown)」は、2007年3月30日(金)のグランドオープン記念として『東京ミッドタウンフォーラム』を開催するのでメモしておきます。(開催概要)

当フォーラムは、3月30日(金)から4月1日(日)の3日間にわたり、5コマの講演会を開催する予定で、【アート】【ユビキタス】【未来社会】【建築と都市】【デザイン】というテーマで各界の第一人者が独自の視点から語ります。各講演会は東京ミッドタウン・ホール ホールAで行われ、それぞれ先着500名でウェブサイトもしくは官製ハガキにて応募しています。

① アートシンポジウム
日時:2007年3月30日(金) 開場18:00、開演18:30~20:00
「東京ミッドタウンアートワークのすべて」:清水敏男×ジャン=ユベール・マルタン
「スペシャル・アーティストトーク~人と彫刻」:安田 侃
② ユビキタスがもたらす未来社会
日時:2007年3月31日(土) 開場12:30、開演13:00~14:00
基調講演:坂村健
③ 基調講演 安藤忠雄
日時:2007年3月31日(土) 開場15:00、開演15:30~16:30
テーマ:「建築による都市の活性化」
④ 東京ミッドタウン・建築家の証言
日時:2007年3月31日(土) 開場18:00、開演18:30~20:00
隈 研吾×デビッド・チャイルズ×坂倉竹之助×中村光男
⑤ 21_21 DESIGN SIGHT トークセッション
日時:2007年4月1日(日) 開場14:30、開演15:00~
第一部:安藤忠雄×三宅一生
第二部:佐藤 卓×深澤直人×川上典李子

[ 関連するサイト ]
» 東京ミッドタウン/Tokyo Midtown
» 21_21 DESIGN SIGHT

安田侃、魂の彫刻家安田侃、魂の彫刻家
彩草 じん子 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
Tadao AndoTadao Ando
Philip Jodidio (著)

» Amazonで詳しく見る
GAアーキテクト―隈研吾GAアーキテクト―隈研吾
二川 幸夫 (編集), 隈 研吾

» Amazonで詳しく見る

Continue reading

「教えて!可士和さん!」、国立新美術館で開催

  • Posted by: k_style
  • February 23, 2007 00:30
  • Categories:events | lecture


国立新美術館 photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:国立新美術館]

東京・六本木の国立新美術館では教育普及室プログラムの一環として、同美術館のシンボルマークやロゴをデザインしたアートディレクター/クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏を講師に迎え、『教えて!可士和さん!』を開催するのでメモしておきます。(開催概要)

同プログラムは2007年3月24日(土)に開催され、小学校高学年を対象とした[プログラム1] ワークショップ『自分のシンボルマークをつくろう!』と一般を対象とした[プログラム2] 講演会『The Power Of Art Direction.』となっています。

[プログラム1] ワークショップ『自分のシンボルマークをつくろう!』
日時:2007年3月24日(土) 10:00~13:00
会場:国立新美術館 (Map)
講師:佐藤可士和氏 (アートディレクター/クリエイティブディレクター)
対象:小学校高学年
参加費:無料/定員:20名 ※要事前申し込み (応募多数の場合は抽選)
申し込み方法:往復はがき (2007年3月12日必着)
問い合わせ:Tel.03-5777-8000
[プログラム2] 講演会『The Power Of Art Direction.』
日時:2007年3月24日(土) 16:00~18:00
会場:国立新美術館 講堂 (Map)
講師:佐藤可士和氏 (アートディレクター/クリエイティブディレクター)
参加費:無料/定員:280名 ※要事前申し込み (申し込み先着順)
申し込み方法:往復はがき (2007年3月19日必着)
問い合わせ:Tel.03-5777-8000

[ 関連するサイト ]
» 国立新美術館(THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO)

[ 佐藤可士和氏に関連するエントリー ]
» ELLE LOVES ART:六本木ヒルズ&表参道ヒルズ (2006.08.30)
» グッドデザイン・プレゼンテーション2006 (2006.08.03)
» 国立新美術館シンボルマーク・ロゴ、佐藤可士和氏がデザイン (2006.07.05)
» ユニクロ ソーホー ニューヨーク店、2006年秋オープン (2006.05.27)
» 佐藤可士和×Xbox 360×BEAMS T:限定コラボTシャツ (2006.03.25)
» 佐藤可士和×NEC×NTTドコモ:N702iD (2006.01.17)
» 佐藤可士和×ISSEY MIYAKE BY NAOKI TAKIZAWA (2005.12.26)
» 佐藤可士和×マイクロソフト:「Xbox 360 LOUNGE」オープン (2005.11.03)
» ロフト×佐藤可士和:THE HALLOWEEN ATTACKS TOKYO (2005.09.17)
» 楽天グループ、ロゴデザイン一新 (2005.06.08)
» MacPower Presents GINZA NOW! 2005 - 佐藤可士和 (2005.05.10)
» 佐藤可士和×明治学院大学 (2005.05.10)
» キリン<新!極生>:佐藤可士和×前田知巳×佐野研二郎 (2005.03.25)
» 特集 佐藤可士和 - 広告批評 (2004.10.29)
» オリンパス、HDDミュージックプレイヤー発表 (2004.10.13)
» KW乳酸菌の効用 (2004.03.02)

1冊まるごと佐藤可士和。1冊まるごと佐藤可士和。
ペン編集部 (編さん)

» Amazonで詳しく見る
[DVD] プロフェッショナル 仕事の流儀 アートディレクター 佐藤可士和の仕事 ヒットデザインはこうして生まれる[DVD] プロフェッショナル 仕事の流儀 アートディレクター 佐藤可士和の仕事 ヒットデザインはこうして生まれる
出演: 佐藤可士和

» Amazonで詳しく見る

Tシャツとコーヒーで語るグローバリゼーションの真実

  • Posted by: k_style
  • January 22, 2007 00:30
  • Categories:lecture


T-shirts photo(C)K STYLE WEBSITE


東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターでは、2007年1月31日(水)に「あなたのTシャツはどこから来たのか?」の著者 ピエトラ・リボリ(Pietra Rivoli)氏とタリーズコーヒージャパン代表取締役社長 松田公太氏によるトークセッション『Tシャツとコーヒーで語るグローバリゼーションの真実』が開催されるのでメモしておきます。(※写真はイメージです)

本書はTシャツの原料である綿の生産現場、繊維工場、小売店、そして古着の回収と流通まで、Tシャツの一生をたどりながら独特のアプローチでグローバル化に迫る経済ドキュメンタリーで、2005年全米出版社協会最優秀学術書に選定されています。

Tシャツとコーヒーで語るグローバリゼーションの真実
日時:2007年1月31日(水) 19:00開演(18:30開場)
会場:新宿・紀伊國屋サザンシアター (紀伊國屋書店新宿南店7階・Map)
料金:1,000円 (全席自由・税込)
前売り:キノチケットカウンター (紀伊國屋書店新宿本店5F 店頭販売のみ10:00~18:30)
問い合わせ・予約:Tel.03-5361-3321 (受付時間 10:00~18:30)

[ 関連するサイト ]
» Pietra Rivoli (Georgetown University)
» タリーズコーヒー

あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実
ピエトラ リボリ (著), 雨宮 寛 (翻訳), 今井 章子 (翻訳)

» Amazonで詳しく見る
すべては一杯のコーヒーからすべては一杯のコーヒーから
松田 公太 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

ドミニク・ペロー氏講演会+大地の芸術祭開幕直前交流会

  • Posted by: k_style
  • July 16, 2006 23:50
  • Categories:lecture


能舞台-十日町 (C)DOMINIQUE PERRAULT ARCHITECTURE


2006年7月23日(日)より、新潟県・越後妻有2市町で「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006」が開催されます。開幕を直前に控え、参加作家でありフランスを代表する建築家 ドミニク・ペロー氏を招き、神奈川・横浜にある「BankART1929」で講演会と交流会が開催されるのでメモしておきます。(image:能舞台(十日町)©DOMINIQUE PERRAULT ARCHITECTURE)

ペロー氏が今回手がける能舞台についてや、同氏がテーマとする建築と自然の関係について講演するほか、空き家プロジェクトに参加するみかんぐみをゲストに迎え、ペロー氏との対談が行われます。

ペロー氏は1953年フランス、クレルモン=フェラン生まれ。78年第6建築大学卒業。79年エコール・デ・ポンゼショセ卒業。80年高等社会科学大学大学院終了。81年パリにドミニク・ペロー建築事務所設立。主な受賞にPANコンペ優秀賞、AMO賞最優秀賞、フランス建築グランプリ、ミース・ファン・デル・ローエ賞など。主な著書に『Bibliotheque Nationale De France 1989-1995』、『Dominique Perrault Architect』、『Dominique Perrault: Projects and Architecture』など。大地の芸術祭2006では、十日町に能舞台を設計。

ドミニク・ペロー氏講演会+大地の芸術祭開幕直前交流会
日時:2006年7月20日(木) 18:30~
会場:BankART 1929 Yokohama 1929ホール (Map)
入場料:大地の芸術祭 パスポートが入場券となります(要予約)
前売価格:大人3,000円 学生2,000円 子供500円
※交流会参加費は別途1,000円
問い合わせ:Tel.045-663-2812

[ 関連するサイト ]
» 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006
» DOMINIQUE PERRAULT ARCHITECTURE
» BankART 1929

Dominique Perrault: Projects and ArchitectureDominique Perrault: Projects and Architecture
Dominique Perrault

» Amazonで詳しく見る
Dominique Perrault Architecture: Recent WorksDominique Perrault Architecture: Recent Works
Maria Vittoria Capitanucci

» Amazonで詳しく見る

建築家 隈研吾氏トークショー:「素材の実験」刊行記念


エスコルテ青山 photo(C)K STYLE WEBSITE

[location:エスコルテ青山]

青山ブックセンターでは、建築家 隈研吾氏の初の絵本「素材の実験」(インデックス・コミュニケーションズ)が昨年11月に刊行されたのを記念してトークショーが開催されるのでメモしておきます。

世界中で活躍する建築家・隈研吾氏初の絵本刊行を記念し、奇想天外、様々なマテリアルの建築を生み出した秘話を公開。
和紙、石、竹、土、プラスチック、水、金属、ガラス、木……様々な素材を使って、建築を作ってきた記録を通し、素材と建築との関係とは一体何なのかを明らかにする。

『素材の実験』刊行記念 隈研吾トークショー
~未知の素材、未知の哲学への挑戦~

日時:2006年6月11日(日) 15:00~16:30 (開場14:30~)
会場:青山ブックセンター本店カルチャーサロン (Map)
定員:100名/入場料:500円(税込) 電話予約の上、当日精算
電話予約&問い合わせ:Tel.03-5485-5511(10:00~22:00)
※受付開始日:2006年5月17日(水) 10:00~

[ 関連するサイト ]
» Kengo Kuma and Associates|隈研吾建築都市設計事務所
» 青山ブックセンター

[ 隈研吾氏に関連する主なエントリー ]
» ARCHITEXTURE展:hhstyle.com (2006.2.27)
» エスコルテ青山 - 新しい風景の創造 (2005.11.26)
» フェンディ表参道店、リニューアルオープン (2005.09.13)
» 新「萬來舎」 - 慶應義塾大学三田キャンパス (2005.08.19)
» 新サントリー美術館 (2005.02.04)

素材の実験 くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本素材の実験 くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本
隈 研吾 (著)

» Amazonで詳しく見る
GAアーキテクト―隈研吾GAアーキテクト―隈研吾
二川 幸夫 (編集), 隈 研吾

» Amazonで詳しく見る

ヴィム・ヴェンダース作品上映会・公開講演会

  • Posted by: k_style
  • April 30, 2006 23:30
  • Categories:lecture | movie


ヴィム・ヴェンダース作品上映会・公開講演会 (C)Rikkyo University.


映画監督であるヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)氏が表参道ヒルズで開催される写真展「ヴィム&ドナータ ヴェンダース写真展-Journey to Onomichi 尾道への旅」に合わせて来日し、立教大学の立教映画人特別上映会特別企画としてヴェンダース氏の作品上映会及び講演会が開催されるのでメモしておきます。(image:©Rikkyo University.)

ヴェンダース氏はかねてより映像文化の未来をになう日本の若者との対話を強く希望しており、今般、立教大学文学部100周年記念行事として実現できたものです。上映作品は、「10ミニッツ・オールダー」(2002年)よりヴェンダース篇「トローナからの12マイル」、講演は「センス・オブ・プレイス(Sense of Place)」というテーマで行われます。

ヴィム・ヴェンダース作品上映会・公開講演会
日時:2006年5月1日(月) 18:00~20:00(17:30開場)
会場:立教大学池袋キャンパス・タッカーホール (Map)
入場料:無料/定員:先着1,000名
問い合わせ:立教大学広報課 Tel.03-3985-2202
※事前申込みは不要

[ 関連するサイト ]
» ヴィム・ヴェンダース作品上映会・公開講演会 (立教大学)
» ヴィム&ドナータ ヴェンダース写真展

[ 関連するエントリー ]
» ヴィム&ドナータ ヴェンダース写真展:表参道ヒルズ (2006.03.13)

[DVD] 10ミニッツ・オールダー コレクターズ・スペシャル[DVD] 10ミニッツ・オールダー コレクターズ・スペシャル

» Amazonで詳しく見る
アメリカ,家族のいる風景―オフィシャル・フォトブックアメリカ,家族のいる風景―オフィシャル・フォトブック
サム・シェパード (著), ヴィム・ヴェンダース (著), 稲吉 明子, 田中 尚美, 八木 正三

» Amazonで詳しく見る

ジャン・ヌーヴェル:第55回アイカ現代建築セミナー


電通本社ビル photo(C)K STYLE WEBSITE

[電通本社ビル/2002年竣工]

建材等を製造販売するアイカ工業は、フランス人の建築家 ジャン・ヌーヴェル(Jean Nouvel)氏を講師に迎え、「第55回アイカ現代建築セミナー」を開催するのでメモしておきます。

同セミナーは、1983年から始まり国内外の著名な建築家を講師に迎え、住宅・環境・都市空間など幅広い分野にわたってレクチャーするもので、今回は東京(6月28日)と大阪(6月30日)で開催されます。

ジャン・ヌーヴェル氏は、1945年、南フランスのフュメルに生まれ、エコール・デ・ボザール卒業後、クロード・バレンの建築事務所を経て、フランソワ・セニュール氏と共に事務所を設立。アガ・カーン賞をはじめ、RIBAゴールド・メダル賞、高松宮殿下記念第13回世界文化賞建築部門、ウルフ財団賞芸術賞(建築)を受賞。主な作品として、アラブ世界研究所、リヨン・オペラ座、カルティエ現代美術財団、ソフィア王妃芸術センター新館、ギャラリー・ラファイエット、アグバー・タワーなどで、日本国内では電通本社ビルを手掛けています。

第55回アイカ現代建築セミナー (東京会場)
講師:ジャン・ヌーヴェル (Jean Nouvel)
テーマ:「近作を語る」
日時:2006年6月28日(水) 18:30~20:30
会場:日本青年館大ホール (東京都新宿区霞ヶ丘町7-1・Map)
定員:1,360名/入場無料/要事前申込み(2006年6月7日18:00締切)
問い合わせ:アイカ現代建築セミナー実行委員会事務局 Tel.03-3818-1961
※セミナーの詳細及び申込みはこちら

[ 関連するサイト ]
» Ateliers Jean Nouvel
» アイカ工業株式会社

[ 関連するエントリー ]
» [PHOTO] 汐留 - 銀座ビル探訪 (2005.08.31)

les objets singuliers―建築と哲学les objets singuliers―建築と哲学
ジャン ボードリヤール (著), ジャン ヌーヴェル (著), 塚原 史 (翻訳)

» Amazonで詳しく見る

GA DOCUMENT〈88〉GA DOCUMENT〈88〉
エーディーエー・エディタ・トーキョー (編さん)

» Amazonで詳しく見る

[PHOTO] 表参道ヒルズ:新・表参道フォーラム


表参道ヒルズ photo(C)K STYLE WEBSITE


表参道ヒルズが2月11日(祝・土)にグランドオープンを迎え、翌日12日(日)に朝日新聞社主催の「新・表参道フォーラム -同潤会青山アパート跡の表参道ヒルズ完成を迎えて-」がラフォーレミュージアム原宿で開催され、拝聴してきましたのでメモしておきます。

フォーラムは2部構成で、第1部は、表参道ヒルズの設計者である建築家 安藤忠雄氏が「表参道ヒルズ完成を迎えて」というテーマで基調講演、第2部は「表参道の魅力とこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われました。パネリストは、安藤氏のほか、白石真澄氏(東洋大学経済学部助教授)、秦郷次郎氏(LVJグループ代表取締役社長)、森稔氏(森ビル代表取締役社長)、そしてコーディネーターが松葉一清氏(朝日新聞編集委員)です。

詳しい内容は、後日同社夕刊に掲載される予定なので、安藤氏の基調講演からトピックを少しご紹介しますと、表参道ヒルズの特徴であるスパイラルスロープと疎水のアイデアは森氏からだったことです。

特にスパイラルスロープの設計は難易度が高く、グッケンハイム美術館(設計:フランク・ロイド・ライト)など、他のスロープを有する建築を研究し、現在のカタチとなったそうです。森氏いわく、美術館のように作品を観る感覚でショップを巡ることができるというのは、なるほどと思いました。

そのほか、屋上緑化のアイデア(大阪駅前プロジェクトⅠ)やリノベーションの事例(国際子ども図書館)、水を引き込むという事例(TIME'S)など、表参道ヒルズのアイデアの源泉をスライドでお話しくださいました。

ちなみに、再生建築である「同潤館」の壁の色が旧同潤会青山アパートよりも白いということをよく聞きますが、オリジナルはあの白さなのだそうです。また、ツタを植えていますので、いずれ青山アパートのような姿になるようです。

以下、オープン後2日目の表参道ヒルズの写真が続きます。

Continue reading

[講座] 建築と構造のディスクール - 佐々木睦朗

  • Posted by: k_style
  • May 30, 2005 23:59
  • Categories:lecture

建築と構造のディスクール構造家として梅田スカイビル、せんだいメディアテークなどを手掛けた佐々木睦朗氏の展覧会<佐々木睦朗展 FLUX STRUCTURE>がギャラリー・間で開催されます。

また、合わせて<空間術講座19「建築と構造のディスクール」>も行われるのでメモしておきます。

展覧会では、「せんだいメディアテーク」以降の磯崎新氏、伊東豊雄氏、妹島和世氏、西沢立衛氏との6つの建築と海外コンペ案に焦点を絞って、佐々木氏が創造する「FLUX STRUCTURE」を紹介するそうです。

佐々木睦朗展 FLUX STRUCTURE
会期:2005年6月1日(水)~7月30日(土) 11:00-18:00 (金曜日は19:00まで)
休館日:日曜・月曜・祝日/入場料:無料
会場:ギャラリー・間
空間術講座19「建築と構造のディスクール」
会場:津田ホール(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24)
講師:佐々木睦朗
プログラム:
第1回 6月8日(水) ゲスト講師:伊東豊雄
第2回 6月22日(水) ゲスト講師:SANAA / 妹島和世+西沢立衛
第3回 7月2日(土) ゲスト講師:磯崎 新
時間:各回18:00開場/18:30開演

[ 関連するサイト ]
» ギャラリー・間

フラックス・ストラクチャーフラックス・ストラクチャー
佐々木 睦朗 (著)

» Amazonで詳しく見る
GAアーキテクト - 世界の建築家(15) 磯崎新 1991-2000GAアーキテクト - 世界の建築家(15) 磯崎新 1991-2000
二川 幸夫 (編)

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
UNDER CONSTRUCTION - 「せんだいメディアテーク」写真集UNDER CONSTRUCTION - 「せんだいメディアテーク」写真集
伊東 豊雄 (著), 畠山 直哉

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る
妹島和世+西沢立衛読本-2005妹島和世+西沢立衛読本-2005
妹島 和世, 西沢 立衛, 二川 幸夫

おすすめ度:stars-4.0
» Amazonで詳しく見る

[特別講演会] アンドレア・ブランジ+内田繁

  • Posted by: k_style
  • April 24, 2005 23:59
  • Categories:lecture

「小さきもの、弱々しいもののなかに発見される感性とは何か。」をテーマに、建築家・デザイナー アンドレア・ブランジ氏とインテリアデザイナー 内田繁氏による講演が六本木アカデミーヒルズで行われるのでメモしておきます。

ウイークとは、弱さに秘められた美学のことであり、力と速度の20世紀が無視してきた微細性・瞬間性・変化・不定形・流動性など、数値化の難しい人間的感覚を取り戻そうとする意図が込められています。一方、そうした視点は、うつろい、はかなさ、わび、無常といった自然観をともなう日本文化のなかに見いだされる美学とも通底しています。小さきもの、弱々しいもののなかに発見される感性とは何か。そうしたことをテーマに東西ふたりのデザイナーによる未来への希望を込めた提案が行われます。
アンドレア・ブランジ+内田繁スペシャルセミナー
テーマ:ウィークモダニティ ~ウィークなるものの未来~
会場:六本木アカデミーヒルズ49 (六本木ヒルズ森タワー49階)
日時:2005年5月9日(月) 19:00~21:00
受講料:3,000円 (税込)
※要事前申込み

また、ギャラリー ル・ベインでは「アンドレア・ブランジ×内田繁 MODERNITA DEBOLE 弱さのデザインを求めて」展が開催されます。

アンドレア・ブランジ×内田繁 MODERNITA DEBOLE
会場:ギャラリー ル・ベイン (港区西麻布3-16-28)
会期:2005年5月10日(火)~ 5月27日(金)
時間:11:00~19:00/定休日:月曜/入場料:無料
内田繁with三橋いく代 - インテリア・家具・建築内田繁with三橋いく代 - インテリア・家具・建築
内田 繁 (著), 三橋 いく代 (著)

» Amazonで詳しく見る

au design project は何をデザインしたのか?

  • Posted by: k_style
  • March 3, 2005 19:50
  • Categories:lecture

「au design project は何をデザインしたのか?」というテーマで<Design&Business Forum 2005 Conference>が開催されるのでメモしておきます。

au design project」の4年間の活動実績をはじめとするauにおけるデザイン活用の実践と、それによって変革した状況に関し、多角的なスタディを行うことで、このプロジェクトの持つ本質的な意味を検証し、デザインとビジネスの新しい関係性を紐解き、社会的価値としてのデザインの力をプレゼンテーションするそうです。

プログラムは5つのトラックで構成され、「INFOBAR」をデザインした深澤直人氏も講演する予定です。

日時:2005年3月30日(水) 13:30~17:30(受付開始・開場13:00)
会場:アカデミーヒルズ49 タワーホール (六本木ヒルズ)
参加料:無料(定員:500名)
※要事前申込み(先着順)

[ 関連するエントリー ]
» KDDI DESIGNING STUDIO、3月4日オープン (2005.02.21)
» Marc Newsonデザイン携帯電話「talby」発表 (2004.10.14)
» INFOBAR [ANNIN] (2004.04.14)

ケータイ雑学読本 - 携帯電話から見えてくるビジネスと社会ケータイ雑学読本 - 携帯電話から見えてくるビジネスと社会
酒井 昌也 (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

妹島和世+西沢立衛 講演会

  • Posted by: k_style
  • September 18, 2004 13:07
  • Categories:lecture

先日、ベネチアビエンナーレ第9回国際建築展の展示部門最優秀の金獅子賞を受賞した建築家 妹島和世さんと西沢立衛さん(建築事務所:SANAA)の講演があるのでメモしておきます。

東西アス協組建築講演会
テーマ:「近作について」

講師:妹島和世+西沢立衛
日時:2004年11月5日(金) 18:30 - 20:30
会場:有楽町朝日ホール
入場料:無料
申込み・問い合わせ:田島ルーフィング(株)東京営業所 Tel.03-5821-7712
※詳しくはこちら

[ 受賞作品 ]
» 金沢21世紀美術館
» バレンシア現代美術館

妹島和世+西沢立衛/SANAA―WORKS1995‐2003妹島和世+西沢立衛/SANAA―WORKS1995‐2003
妹島 和世 (著), 西沢 立衛 (著)

おすすめ度:stars-4
» Amazonで詳しく見る

"ノリ"のいいビジネスパーソンになろう

  • Posted by: k_style
  • September 12, 2004 23:03
  • Categories:lecture

先日、六本木ヒルズで日経ビジネスクリエーション塾のオープニングプログラムを聴講してみたので、印象に残ったことをメモしておきます。

"プロフェッショナル・アマチュア"が求められている
コア・コンピテンシーを活かしたビジネス、例えば、法人レベルではコンピュータ会社のデルは、独自のSCMを活かし、家電である液晶テレビを安価に直販している。個人レベルでは、元アップルの社長 原田永幸氏が外資系企業で培ってきたマーケティングスキルや交渉力を買われ日本マクドナルドの社長に移籍した。両者とも畑違いではあるが、特定分野におけるコアの能力を持っている=プロフェッショナルであるからこそ、異なる業界であってもその能力を活かし、かつ業界(社内)の不文律に囚われない新しい戦略や戦術を打つことができるのである。つまり、その業界ではアマチュアであってもプロフェッショナルな能力があることが不確実なビジネス環境に適合できる。

富士ゼロックスの社内事例
富士ゼロックスでは"バーチャル・ハリウッド・プラットフォーム"という社内ベンチャー制度があり、関連会社はもとより取引先など他の法人でも参加できる。のべ2,000人が参加し、条件は"すべては顧客のために"ということ。但し、資金的援助はない。成功事例としては、環境経営やISO14001を取得しているノウハウを活かし、中小企業へのエコステージで、資金的負担を軽減しグリーン調達の機会を増やしている。
また、"ダブルジョブ・プログラム"で現職を離れることなく、専門分野を活かした仕事にチャレンジできる。(兼務の業務量は30%以内)

[ 参考 ] New Work支援プログラムを導入 (2003.9 プレスリリース)

ベンチャー企業について
ベンチャー企業とは、その規模ではなく新しいマーケットを創出できるビジネス環境である。シリコンバレーのビジネスモデルは、"Low Entry Risk & High Return"であり、数を打って成功を探り当てること。つまり、確率論のモデルである。
日本企業の社内ベンチャー制度は、特に資金的リスクを負うことがなく成功することは極めて希である。

[ 関連するニュース ]
経済産業省は日本版LLP(Limitesd Liability Partnership:有限責任事業組合)を早ければ来年度中に導入と発表。(朝日新聞 2004.09.12朝刊)

産学連携について
日本の大学はもっと企業への交流(アプローチ)を増やすべきであり、また、各部や学科もその時代の環境に合わせたものに変わっていかなければならない。米国ではCRM学部などがあるくらい企業のニーズに合わせたプログラムを提供している。

[ 講師・パネリスト ]
・米倉 誠一郎 氏 (一橋大学イノベーション研究センター 教授)
・瀬戸 篤 氏 (小樽商科大学ビジネススクール 助教授)
・高橋 秀明 氏 (富士ゼロックス株式会社 代表取締役 副社長執行役員)
・小笹 芳央 氏 (株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役社長)

Continue reading

星野道夫さん

  • Posted by: k_style
  • April 20, 2004 00:32
  • Categories:lecture

アラスカの自然、動物を愛した故星野道夫さん。5月20日に直子夫人のスライド&トークショーが開催されるのでメモしておきます。

オフィスTEN
「夫・星野道夫と見たアラスカ」
場所:江東区亀戸文化センターカメリアホール(カメリアプラザ3階)
日時:5月20日(木) 昼の部(開演13:00)/夜の部(開演18:00)
申込み:オフィスTEN

マーク・アンドリーセン

  • Posted by: k_style
  • March 30, 2004 00:11
  • Categories:lecture

インターネットブラウザ「NCSA Mosaic™」を開発したマーク・アンドリーセン氏の講演があるのでメモしておきます。

現在、彼はデータセンターのオペレーション自動化ソフトウェアなどを開発しているOpswareの会長を務めている。今回はNECとNTTコミュニケーションズがそれぞれ主催で講演がある。直接話が聞ける機会なので楽しみである。いよいよ日本でOpsware®が本格展開するのかな。

## Mosaicベータ版でアクセスしていた頃の感動をちょっと思い出してみた。

»BIS-VISION 2004 [NTTコミュニケーションズ]
»先進のデータセンターソリューション [NEC]

Index of all entries

Top > lecture Archive

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top