Top > business Archive

business Archive

イノベーションは必要なのか

  • Posted by: k_style
  • June 7, 2005 23:59
  • Categories:business

江戸ほうき (C)白木屋中村伝兵衛商店昨今、「イノベーション」という言葉をよく耳にします。一橋大学イノベーション研究センターのように専門の研究機関もあるくらいです。

IBMではダーウィンの進化論にある一節[*]とされる、「この世に生き残る生物は、最も強いものではなく、最も知性の高いものでもなく、最も変化に対応できるものである」という引用を常套句としてプレゼンテーションの中で使い、変化=イノベーションを推進しています。

イノベーションが企業の成長になくてはならないということなのでしょうか。

昔からほとんど変わることなく、商品を作り続け、生き続けている企業があります。そのひとつが、"江戸ほうき"を作っている白木屋中村伝兵衛商店という老舗(創業1830年)の"ほうき"屋さんです。掃除機が100%普及している現在でも支持され、生産が追いつかないほどだといいます。

実際、私も"ほうき"を愛用し、特にフローリングの床や階段などでは、掃除機よりも使い勝手が良く、さらに電気代もかからず、いつまでも大きな音を立てることもないというメリットもあり重宝しています。

もちろん、"ほうき"づくりの職人さん達は技術をコツコツと積み重ね、時代に応じて"じゅうたん用"などのアイテムを作っていますが、おそらくイノベーションと言われるようなことはなかったのではないかと思います。それは、必要がなかったからです。

それでは、今後も"ほうき"屋さんはイノベーションが必要ないかというと、それは必要な時がやってくるかもしれませんし、このまま必要ないかもしれません。

つまり、イノベーションが企業が成長する唯一の手段ではないということだと思いますし、逆に変化しない企業を研究することで新しいヒントがあるかもしれません。

[*] ダーウィンの「進化論」にはこの一節はないようです。

[ 参考記事 ]
» 日経デザイン 2005年6月号:特集 売れるエコプロダクツ

[ 関連するサイト ]
» 白木屋中村伝兵衛商店

イノベーションの本質イノベーションの本質
野中 郁次郎 (著), 勝見 明 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

amadana新製品ラインナップ発表

  • Posted by: k_style
  • June 3, 2005 23:30
  • Categories:business

amadana オーブントースター (C)REALFLEETリアル・フリートは、オリジナル家電ブランド<amadana>にキッチン系とウェラブル系の製品を追加しました。(プレスリリース・PDF)

キッチン系として、オーブントースター、ミル&ミキサー、IH調理器、コーヒーメーカー、オーブンレンジの5製品。ウェラブル系として、イヤホン、ワールドクロックの2製品で6月から順次発売予定となります。また、amadanaの誕生秘話などを掲載している<ブランドブック>(限定500冊)も発売されます。

同社は東芝からスピンアウトしたメンバーによって設立され、主力ブランドの<amadana>は"美しいカデン"をコンセプトに、デザインを含め販売やアフターサービスなど従来の家電のあり方を見直し、新しい家電のあり方を模索しているようです。

従来のバリューチェーンを見直し、家電の世界にイノベーションを起こそうということで注目しているのですが、まだ製品のデザインだけが先行しているように感じます。特に価格設定を含め、マーケティングにも新しい手法を期待したいです。

[ 関連するサイト ]
» リアル・フリート

バリュー・プロフィット・チェーン - 顧客・従業員満足を「利益」と連鎖させるバリュー・プロフィット・チェーン - 顧客・従業員満足を「利益」と連鎖させる
ジェームス・L.ヘスケット (著), W.アール・サッサー (著), レオナード・A.シュレシンジャー (著), 山本 昭二 (訳), 小野 譲司 (訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

「じゃんけん」に戦略あり?

  • Posted by: k_style
  • June 2, 2005 23:59
  • Categories:business

日経ビジネス2005年5月30日号の「世界鳥瞰」に興味深い記事がありました。テレビ部品メーカーのマスプロ電工が所有する印象派絵画のオークション案件を巡って、英クリスティーズと米サザビーズが競った話しです。

落札価格は最大1,600万ドル(後日1,180万ドルで落札)に達すると予想され、両競売会社はマスプロ電工のある本社との間を幾度も行ったり来たりしながら提案をしていましたが、結局、両社とも似通った条件で、決めかねる状況だったそうです。

そこで、マスプロ電工社長 端山氏は選択する手法として「じゃんけん」を両社に提示し、結果的にクリスティーズが勝利したのです。

» なぜ、「じゃんけん」だったのか?

端山氏の説明によると、じゃんけんで決めれば、不幸にも負けた側の担当者は経営者との関係がまずくなることはないだろうし、従って、彼に恨みを抱く敗者が生まれない。

» なぜ、クリスティーズが勝利したのか?

これに関しては、同社はノーコメントなので、定かではありませんが、決定戦が行われる前に、じゃんけんに関する情報をかき集めたそうです。

カナダ トロントに本部がある<世界じゃんけん協会 (World RPS Society)>から「じゃんけん公式戦略ガイド(The Official Rock Paper Scissors Strategy Guide)」という本も発行され、同協会主催の世界大会もあるそうです。以下、ニューヨークの予選での優勝者と準優勝者のコメント。

優勝者:「ストレッチや筋肉トレーニング、相手の試合のビデオを見て研究して、戦略本を読むことだね。精神力、体力、直感のすべてがあわさらないとだめなんだ。」
準優勝者:「じゃんけんに勝つ新しいセオリーを見つけたわ。物理の理論に基づいているの。」

どうやら、「じゃんけん」には運だけではなく、戦略があるようです。

[ 参考資料 ]
» じゃんけん世界大会、NY予選では (TBS)

[ 関連するサイト ]
» 世界じゃんけん協会 (World RPS Society)

The Official Rock Paper Scissors Strategy GuideThe Official Rock Paper Scissors Strategy Guide
Graham Walker (著), Douglas Walker (著), Megan Bannon (イラスト)

» Amazonで詳しく見る

<空想生活こども>プロジェクト

  • Posted by: k_style
  • March 29, 2005 23:30
  • Categories:business

消費者参加型のモノづくりサイト空想生活を展開するエレファントデザインと東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの子会社OLC・ライツ・エンタテインメントは共同で、<空想生活こども>プロジェクトをスタートさせました。

こどもを想う親と一緒に、これまでとは違った視点のモノづくりのスキームということで、第一回目は「食」に関するテーマで開発が進められるそうです。

こどもの「空想力」には驚かされるものがあります。押し入れが秘密基地で、白い壁がらくがき帳。こんなことはこどもにとって、常識中の常識。普段の生活空間そのものが、こどもにとっては探求心を満たしてくれるスペースなのです。「こどものイマジネーションを育む」生活用品や空間をこどもに提供したい。空想生活こどもプロジェクトは、そんな想いからスタートしました。(中略)おもちゃに留まらず、家具、家電、住宅設備に至るまでプロジェクトの考え方に共鳴していただけるメーカーの方とモノづくりを進めてまいりたいと思います。

このプロジェクトの肝は、"デザイン"をライセンスとしてメーカーに提供するというところですが、メーカーがコアコンピタンスとなる"デザイン"をアウトソーシングするビジネスモデルがどのように発展するのか、興味のあるところです。

[ 参考資料 ]
» 空想生活こども リーフレット (PDF)

クリエイティブディレクター

  • Posted by: k_style
  • May 31, 2004 01:46
  • Categories:business

トム・フォード氏をはじめとしたクリエイティブディレクターの仕事を取り上げていたので、次号が出る寸前の6月1日号BRUTUSを買ってみた。特にGUCCI好きというわけでなく、トム・フォード氏自身に興味があったからだ。

総じて、クリエイティブディレクターといわれる人間は、完璧主義者であり、彼らを支えるパートナーの存在があることがよく分かった。次シーズン('04-'05秋冬)の広告ビジュアルがフォード氏によるGUCCIの最後の仕事になるそうであるので、注目してみたいと思う。

BRUTUS

©MAGAZINEHOUSE, Ltd.

プロフェッショナルマネジャー

  • Posted by: k_style
  • May 23, 2004 01:10
  • Categories:business
ハロルド・シドニー・ジェニーン
ビジネスの世界はすべて2種類のコインで支払われる。
すなわち、現金と経験だ。
まず経験を取ること。現金は後でついてくる。
ITTグループ(現在は解体)の元CEOジェニーン氏は、ビジネスパーソンに多くの名言を残している。その集大成といえる回顧録が、今月復刊した「プロフェッショナルマネジャー」だ。ユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井氏が、バイブルと言わしめた名著である。5月15日号のプレジデントで特集が組まれているので、合わせて読んでみるとおもしろいと思う。


プロフェッショナルマネジャープロフェッショナルマネジャー
ハロルド・ジェニーン(著)

おすすめ度:stars-4
» Amazonで詳しく見る

自然保護活動参加型ビジネスモデル

  • Posted by: k_style
  • May 12, 2004 00:38
  • Categories:business

サッポロ飲料から自然保護活動参加型ビジネスモデルによる新しい飲料水「木陰栽培コーヒー<無糖>」と「有機栽培ジュース<りんご100%>」が発売される。簡単に言うと、売上金の一部が提携先である世界自然保護基金(WWF)に寄付されるというものだ。一つ残念なのが、寄付額の比率が公表されていない。

日本でこうしたビジネスモデルを展開しているのが、patagonia(パタゴニア)という米国のアウトドアアパレルメーカーだ。patagoniaは、1% for the planet™に参画し、また独自の環境助成プログラムによって保護団体をサポートしている。消費者に対しては、売上げの1%を自然保護活動に活かすと共に、マイバック運動(基本的に包装はしない)を促進し、社内ではマイカップから環境に配慮したファクトリーや製品づくりなど徹底した活動を行っている。

こうした活動が消費者から支持されているのは、その寄付金の使われ方や企業の取組に透明性があることだと思う。サッポロ飲料の一歩進んだビジネスモデルのチャレンジは評価できるが、寄付金比率の公表やどのように利用されていくのかを消費者にPRすれば、より売上げの向上が期待できるのではと感じる。

〈パタゴニア〉が教えてくれること。〈パタゴニア〉が教えてくれること。
『ターザン』が作った〈パタゴニア〉の本
マガジンハウス (編)

個人的

おすすめ度:stars-5
» Amazonで詳しく見る

リスクの共有化

  • Posted by: k_style
  • May 3, 2004 22:16
  • Categories:business

日本経済新聞本紙朝刊に建築のメンテナンスについてレポートが掲載されていた。事例として、東京国際フォーラムや都庁など、ガラスパネルや複雑な構造を持った建築のメンテナンスコストが、年間数億から十数億かかるという。ほこりが付きにくいタイルなどの建材が開発されてはいるが、建築家や施主側の意向による外観を重視した意匠から、結果として膨大なメンテナンスコストを負担している建築物が多いのが実態である。

特に大型の建築は、施主、建設会社、管理会社、顧客といった縦割り構造となるために、メンテナンスのプライオリティは下がり、最終的に顧客が十分理解していないまま負担することになってしまう。

六本木ヒルズの回転扉の事故も、この縦割りによってリスクが共有化されずに、何度も同じ過ちを繰り返していたことになる。三菱自動車のリコール隠しも同じように共有化を拒絶した結果、取り返しのつかない事故を引き起こてしまった。

これまでの教訓を私たちが活かすためにも、事故を起こしてしまった企業だけではなく、多かれ少なかれどの組織にも当てはまる重大な問題という意識を持ち、大きなフレームワークから構造改革、改善を早く実行しなければならないと痛切に思うのである。

プロジェクト・リスクマネジメントプロジェクト・リスクマネジメント
リスクを未然に防ぐプロアクティブ・アプローチ
ポール・S. ロイヤー (著)

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
収益を作る戦略的リスクマネジメント収益を作る戦略的リスクマネジメント
米国優良企業の成功事例
トーマス・L・バートン 他 (著)

おすすめ度:stars-4
» Amazonで詳しく見る

ビジネスは格闘なのだ

  • Posted by: k_style
  • April 11, 2004 01:37
  • Categories:business
経営者の眼 [日経ビジネス(4.12号)]
経済界は論理と競争の世界。勝つか負けるか。ナンバーワンを目指さなければ意味がない。1番でなくていいとか、個性だけを際だたせるべきとの考えは、詩歌・文芸での話だ。その世界観をビジネスの世界に持ち込んで欲しくない。

丹羽(伊藤忠商事社長)さんのコラムに、「世界で一つだけの花」に対するビジネスパーソンの風潮に警告を発していた。自分なりの解釈を付け加えると、ナンバーワンを獲得するプロセスでオンリーワン(個性)が芽生えてくるわけで、そのモチベーションとしてナンバーワンを志向するということがビジネスを成功させる最も大切な姿勢であると思う。

一勝九敗一勝九敗
柳井 正 (著),

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る
連戦連敗連戦連敗
安藤 忠雄 (著),

おすすめ度:stars-4.5
» Amazonで詳しく見る

Index of all entries

Top > business Archive

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top