エルメス、観客参加型展覧会「彼女と。」を国立新美術館で開催

六本木の国立新美術館では、エルメスと国立新美術館の共催で、2018年7月11日(水)から7月30日(月)まで、エルメスが提案する現代的女性像の考察をテーマとしたシネマ(映画)的設定の観客参加型の展覧会『彼女と。』を開催しているのでメモしておきます。(photo:国立新美術館)

本展覧会は、エルメスのレディス部門アーティスティック・ディレクターであるバリ・バレ氏とレディスプレタポルテのアーティスティック・ディレクター ナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキー氏による監修のもと製作。

会場に一歩足を踏み入れると、広大な映画スタジオが現れ、そこでは一人の女性の姿を追って映画撮影が行われています。物語は、ひとりの「作家」がある女性「彼女」の存在を追いかけることからスタートします。映画スタジオのような会場で、来場者は主人公の「作家」役とともに「彼女」の像を追うストーリーを体感していきます。

また、スタジオではエルメスのオブジェ(コレクション)が映画の小道具や衣装のように展示されているので、ストーリーとともに同ブランドの最新コレクションに楽しむことができます。なお、一定の時間軸によってストーリーが展開していくため、鑑賞はすべて予約制で、参加方法はアクター(出演者)とエキストラ(観客)の2つから選択して観賞することになります。

「彼女と。」
会期:2018年7月11日(水)~7月30日(月)
開館時間:10:00~18:00
会場:国立新美術館 企画展示室2E (map)
観覧料:無料 (予約制)
問い合わせ:エルメスジャポン Tel.0120-202-830

[ 関連するサイト ]
エルメスが贈るシネマ体験「彼女と。」
楽天で『HERMES (エルメス)』の商品を探してみませんか?