Top > architecture > 東京駅丸の内駅舎保存復原、2012年10月完成

東京駅丸の内駅舎保存復原、2012年10月完成

  • Posted by: k_style
  • September 28, 2012 00:30
  • Categories:architecture
東京駅丸の内駅舎 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:東京駅丸の内駅舎]

東日本旅客鉄道が2007年4月から進めてきたJR東京駅『丸の内駅舎保存・復元工事』が2012年10月に完成するのでメモしておきます。

1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎は、建築家 辰野金吾氏により設計され、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されてきました。しかし、1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失、戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎に復興し、現在の姿になりました。

本「保存・復原工事」では、外観を創建時の姿に忠実に再現するのはもちろんのこと、さらに、未来へ継承するため、鉄骨煉瓦造の下に地下躯体を新設し、機能拡大の工事を行うとともに、巨大地震にも耐えうる建築とするため、「免震工法」で施工しました。

同駅に併設する新生・東京ステーションホテルは、全150の客室で、東京駅丸の内駅舎の2階から4階(一部)に位置し、標準的な客室タイプが約40m²となっています。歴史的建築物の修復・改修で高い評価を得ている英国のRichmond international Ltd.が、「ヨーロピアン・クラシックスタイルと現代デザインの調和」というデザインコンセプトのもと、客室を含む施設全体のデザインを監修しました。ヨーロピアンテイストにモダンなエッセンスを添えた上質で洗練された内装と、約3.7m(3階は約3.0mと約4.0m)の天井高や縦長窓による開放的な空間を特徴としています。

客室タイプは6種類とし、このほか、丸の内駅舎の中央最上部には、宿泊者のみが利用可能なラ
ウンジ「アトリウム」を用意し、最大天井高が約9mで、ライブラリースペースやミーティングルームを備えます。開業は、2012年10月3日(水)となっています。

また、東京ステーションギャラリーでは、復原工事完成記念展「始発電車を待ちながら」を2012年10月1日(月)から開催し、場所にこだわりを持って制作活動を行っている作家が東京駅をテーマとして新たに制作した作品や、鉄道を制作の重要な発想源としている作家の作品を展示します。

東京駅丸の内駅舎 photo(C)K STYLE WEBSITE


東京駅丸の内駅舎保存・復原 工事概要
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 (Map)
設計者:東日本旅客鉄道東京工事事務所・東京電気システム開発工事事務所、東京駅丸の内駅舎保存・復原設計共同企業体
敷地面積:約117,000m²/建築面積:約9,800m²/延床面積:約43,000m²
規模:地上3階(一部4階)・地下2階/構造:鉄骨煉瓦造、RC造(一部S造・SRC造)
工期:2007年4月~2012年10月

[ 関連するサイト ]
» 東京駅丸の内駅舎保存復原 (JR東日本)
» 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事 (鹿島)

[ プレスリリース]
» 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事及び八重洲口開発第2期工事について (JR東日本)

[ 関連するエントリー ]
» 東京駅開発エリア名称、「東京ステーションシティ」に (2006.03.18)

有名建築その後有名建築その後
日経アーキテクチュア (編集)

» Amazonで詳しく見る
VA 建築画報 329 JR東日本 駅の魅力-変革と挑戦VA 建築画報 329 JR東日本 駅の魅力-変革と挑戦

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3751
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2012/09/201210.php

Top > architecture > 東京駅丸の内駅舎保存復原、2012年10月完成

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top