Top > architecture > 三菱地所、「(仮称) 大手町1-1計画」着手

三菱地所、「(仮称) 大手町1-1計画」着手

  • Posted by: k_style
  • July 5, 2012 23:30
  • Categories:architecture
(仮称) 大手町1-1計画 (C)MITSUBISHI ESTATE CO., LTD.


三菱地所は、千代田区大手町一丁目の「りそな・マルハビル」と「三菱東京UFJ銀行大手町ビル」を建て替える『(仮称) 大手町1-1計画』に着手したのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©MITSUBISHI ESTATE CO., LTD.)

本計画では、地下鉄の大手町駅と「三菱東京UFJ銀行大手町ビル」(B棟)をバリアフリー導線で直結し、「りそな・マルハビル」(A棟)と「三菱東京UFJ銀行大手町ビル」(B棟)を地下1階の貫通通路で接続します。

B棟の高層階にはサービス・アパートメント約120室を整備し、東京に中長期滞在するビジネスマンを主なターゲットとし、グローバル企業のアジア拠点誘致など、東京の国際競争力強化に寄与するとしています。

A棟の1階には、環境ビジネスのマッチングを促進する「ビジネス・エコシティ・センター」を設け、次世代の環境技術に関する「ラボラトリー機能」や環境に関する先進的な取り組みを可視化・情報発信する「ショーケース機能」などを提供する予定です。また、地下1階には就業者の健康維持・管理や相互交流のサポートを目的とした施設を整備し、皇居周辺のランナー向けにシャワールームやロッカールームなど、さまざまなサービスを提供する「ランニングステーション機能」も予定しています。

さらに、皇居および外苑濠に隣接するという立地特性を生かし、皇居外苑濠の水質改善に向けた官民連携の取り組みとして、本計画地内に濠水の浄水施設および大型貯留槽を整備します。

本計画のうち、「りそな・マルハビル」(A棟)建て替えについては、三菱地所とJXホールディングスとの共同事業として、「三菱東京UFJ銀行大手町ビル」(B棟)建て替えについては、三菱地所の単独事業として推進する予定です。同社は丸の内再構築「第2ステージ」第4弾プロジェクトである本計画を通じ、丸の内再構築のさらなる「拡がり」と「深まり」を目指すとしています。

丸の内再構築「第2ステージ」は、2009年4月竣工の「丸の内パークビル・三菱一号館」、2012年1月竣工の「丸の内永楽ビル」、2012年9月竣工予定の「大手町フィナンシャルシティ」を表しています。

りそな・マルハビル建て替え(A棟) 計画概要
所在地:東京都千代田区大手町一丁目1番2号 (Map)
設計監理:三菱地所設計
敷地面積:約6,900m²/延床面積:約108,000m²
規模:地上22階・地下5階
竣工:2015年度予定
三菱東京UFJ銀行大手町ビル建て替え(B棟) 計画概要
所在地:東京都千代田区大手町一丁目1番1号 (Map)
設計監理:三菱地所設計
敷地面積:約9,300m²/延床面積:約147,000m²
規模:地上29階・地下5階・塔屋2階
竣工:2016年度予定

[ 関連するサイト ]
» 三菱地所
» Marunouchi.com

【PR】建築総合情報誌 日経アーキテクチュア

[雑誌] 新建築 2012年 07月号[雑誌] 新建築 2012年 07月号

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3717
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2012/07/_1-1.php

Top > architecture > 三菱地所、「(仮称) 大手町1-1計画」着手

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top