Top > architecture > 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業、2015年9月竣工予定

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業、2015年9月竣工予定

  • Posted by: k_style
  • May 28, 2012 23:30
  • Categories:architecture
六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 (C)Sumitomo Realty & Development Co., Ltd.


住友不動産は、東京・六本木で都市計画を推進している『六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業』における組合設立が認可され、2015年9月竣工を予定しているのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image©Sumitomo Realty & Development Co., Ltd.)

本事業は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅に隣接し、六本木通りと放射1号線に面した約2.7haの広大な区域を、高低差のある地形的な特性を活かして南北の街区に分け、地上40階建ての業務棟(オフィス)、住宅棟、商業棟の3つの異なる施設で構成される延床面積約20万m²の大規模プロジェクトです。着工は、2012年9月、竣工は2015年9月を予定しています。

本事業の目的は、「駅前拠点の整備」「歩行者の利便性向上」「地域の防災機能向上」として、駅前拠点に相応しい業務、商業、交流、居住など多様な機能を配置するとともに、敷地の外周部分に歩道状空地(幅員4m)や2つの広場(1,400m²、1,000m²)など緑豊かなオープンスペースを確保、六本木通りと「六本木一丁目」駅をつなぐ地下連絡通路の整備により、駅西側市街地から駅までの歩行者の利便性を高めるとともにバリアフリー化、地下に駅前広場(750 m²)を駅前滞留空間として整備し、広場周辺には賑わいを創出する店舗を配置と同時に災害時には広場を一時避難スペースとして活用するとしています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 概要
所在地:東京都港区六本木三丁目地内 (Map)
地区面積:約2.7ha
敷地面積:約19,200m²/延床面積:約197,970m²(南街区)、約1,800m²
規模:地上40階・地下5階(業務棟)、地上27階・地下2階(住宅棟)、地上2階・地下2階(商業棟)
竣工:2015年9月予定

[ 関連するサイト ]
» 住友不動産

都市・建築・不動産企画開発マニュアル2011-12 (エクスナレッジムック)都市・建築・不動産企画開発マニュアル2011-12 (エクスナレッジムック)
エクスナレッジ (編集)

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3689
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2012/05/20159.php

Top > architecture > 六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業、2015年9月竣工予定

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top