Top > architecture > アラヴェナ展、TOTOギャラリー・間で開催

アラヴェナ展、TOTOギャラリー・間で開催

  • Posted by: k_style
  • August 2, 2011 00:30
  • Categories:architecture
TOTOギャラリー・間 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:TOTOギャラリー・間]

建築・デザイン専門の「TOTOギャラリー・間」では、現代チリ建築界を牽引する建築家 アレハンドロ・アラヴェナ (Alejandro Aravena)氏の展覧会『アラヴェナ展 Alejandro Aravena The Forces in Architecture』を2011年7月27日(水)から10月1日(土)まで開催しているのでメモしておきます。(プレスリリース)

本展は、アラヴェナ氏の日本/アジアで初の個展で、頑丈な梱包や高額な輸送費を不要とする簡易な展覧会パッケージから構成されますが、展示空間のつくり方も、「そのプロジェクトで何が一番問われているか」をつきとめようとする氏のデザイン・アプローチを表しています。中庭の仮設天井を埋め尽くすバルーンによって展示を床から浮かせることで、重力とそれに拮抗する力を演出、また、「座る」という行為を最もシンプルにデザインしたプロダクト「Chairless (チェアレス)」(ヴィトラ社)も体験できます。

アラヴェナ氏は、1967年生まれ、チリ・サンティアゴを拠点に活躍し、チリ・カトリック大学のコンピューター管理棟「シャム・タワー」(2005年)と各学科棟などの教育施設、ヴィトラ・チルドレンズ・ワークショップ(計画案)などの美術館、個人住宅や集合住宅など、多岐にわたる設計を手掛けています。

また、チリ・カトリック大学とチリの石油会社COPECとの共同により「ELEMENTAL (エレメンタル)」を設立し、代表も務め、政策から金融、環境、気候問題に至るまで諸々の条件を取り込みながら、建築家としての提案と実践による社会活動を行っています。チリにおけるソーシャル・ハウジング政策では、住民が入居後に自らの住居に手を加えることで、さらに資産価値を向上させることができるような仕組みを公共住宅設計に組み込み、デザインが社会に対して大きな価値と影響力をもちうることを示しています。

アラヴェナ展 Alejandro Aravena The Forces in Architecture
会期:2011年7月27日(水)~10月1日(土)
会場:TOTOギャラリー・間 (Map)
時間:11:00~18:00 (金曜日は19:00まで)
休館日:日曜、月曜、祝日、8/12(金)~8/16(火) ※9/25(日)、9/26(月)は開館
問い合わせ:Tel.03-3402-1010

[ 関連するサイト ]
» TOTOギャラリー・間
» Alejandro Aravena

アレハンドロ・アラヴェナフォース・イン・アーキテクチャーアレハンドロ・アラヴェナフォース・イン・アーキテクチャー
アレハンドロ・アラヴェナ (著)

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3508
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2011/08/toto_1.php

Top > architecture > アラヴェナ展、TOTOギャラリー・間で開催

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top