Top > architecture > 渋谷ヒカリエ、2012年春オープン

渋谷ヒカリエ、2012年春オープン

  • Posted by: k_style
  • August 5, 2011 00:30
  • Categories:architecture
渋谷ヒカリエ photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:渋谷ヒカリエ]

東京急行電鉄は、渋谷駅前で現在推進している高層複合タワー『渋谷ヒカリエ』の概要を発表したのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF])

同タワーの中核施設となる新劇場「東急シアターオーブ」は東急文化村が運営し、オープニング作品には、「グレード感のある作品を上演していきたい」との思いを込めて、オープニング作品は、48年ぶりにブロードウェイから招聘する「ウエスト・サイド・ストーリー」が選ばれました。

今後の渋谷開発の展望は、「日本一訪れたい街」「エンタテイメントシティしぶや」を目指して渋谷を世界中の人の憧れる街、「日本一訪れたい街」にしたいと考えています。そして、その「エンタテイメントシティしぶや」の象徴が、2012年春に開業する同タワーという位置づけとなります。

同タワーは、「生活文化と娯楽の殿堂」というコンセプトの旧東急文化会館のDNAを引き継ぎ、オフィスや劇場、エキシビションホールをはじめとする文化施設、新しいスタイルの商業施設などからなる、これまでにない複合ビルとなります。

本開発計画は、地上34階、地下4階の高層複合施設で、鉄道8路線が乗り入れる日本有数のター
ミナルである渋谷駅東口に位置します。渋谷地下駅に直結する地下3階から地上7階までが、エンタテイメント性のある商業施設、8階は日々コンテンツが入れ替わるギャラリーなどのあるフロア、9階はファッションショーや新商品発表会ができる大型イベントホール。そして、17階から34階のオフィスフロアについては、これからの成長産業であるIT・コンテンツ系企業が中心で全テナントが決まっています。

そして、地上11階から16階までが、ミュージカルを中心とした総客席数1,972席規模の大劇場「東急シアターオーブ」です。この「東急シアターオーブ」は、渋谷ヒカリエの中核施設であり、地上70メートルに位置し、まさに宙空に浮かぶ「Orb」すなわち球体を意味しています。劇場では、本場のブロードウェイミュージカルなど、欧米を中心とした本物のライブエンタテイメントを提供するとしています。

渋谷ヒカリエ 建築概要
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目21番地ほか (Map)
設計者:日建設計・東急設計コンサルタント共同企業体
敷地面積:9,640.18m²/建築面積:7,846.25m²/延床面積:143,952.73m²
規模:地上34階・地下4階/構造:S造・SRC造
竣工:2012年春予定

[ 関連するサイト ]
» Shibuya Hikarie

[ 関連するエントリー ]
» 渋谷新文化街区プロジェクトの施設名称、「渋谷ヒカリエ」に決定 (2010.04.14)
» 渋谷新文化街区プロジェクト、2009年7月8日着工 (2009.07.07)
» 東急電鉄、東急文化会館跡地周辺地区開発事業を発表 (2007.10.10)

TRAVEL・STYLE東京 2012TRAVEL・STYLE東京 2012
成美堂出版編集部 (編集)

» Amazonで詳しく見る
シブヤ遺産シブヤ遺産
村松 伸 (著), 東京大学生産技術研究所村松研究室 (著)

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3511
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2011/08/2012_2.php

Top > architecture > 渋谷ヒカリエ、2012年春オープン

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top