Top > architecture > 建築家 安藤忠雄氏、上方落語協会会館を設計

建築家 安藤忠雄氏、上方落語協会会館を設計

  • Posted by: k_style
  • July 4, 2011 00:30
  • Categories:architecture
上方落語協会会館 (C)Tadao Ando Architect & Associates


上方落語協会は、大阪市北区に建設する『上方落語協会会館』の設計を建築家 安藤忠雄氏が手がけることを発表したのでメモしておきます。(image©Tadao Ando Architect & Associates)

同会館は、RC造の地上3階建て、延べ床面積は約250m²で、同協会の事務所、会議室、落語家の稽古場や車庫などが計画されています。テーマは「喜怒哀楽」として、外壁はコンクリート打ち放しで、前面道路側の壁には上方落語の「上」の字を表現したスリットを設けています。

計画では、今秋に着工し、2012年3月に竣工する予定ですが、計画地の埋蔵文化財の調査結果によってはスケジュールが変更されます。

上方落語協会会館 建築概要
所在地:大阪府大阪市北区天満4-12-7 (Map)
設計者:安藤忠雄建築研究所
敷地面積:約129m²/延床面積:約250m²
規模:地上3階/構造:RC造
竣工:2012年3月予定

[ 関連するサイト ]
» 上方落語協会
» 安藤忠雄建築研究所

[ 参考資料 ]
» 日経アーキテクチュア 2011年6月25日号

【PR】建築総合情報誌 日経アーキテクチュア

安藤忠雄 住宅安藤忠雄 住宅
安藤 忠雄 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
建築家 安藤忠雄建築家 安藤忠雄
安藤 忠雄 (著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3487
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2011/07/post_635.php

Top > architecture > 建築家 安藤忠雄氏、上方落語協会会館を設計

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top