Top > architecture > 平成22年度日本芸術院賞(建築)、古谷誠章氏が受賞

平成22年度日本芸術院賞(建築)、古谷誠章氏が受賞

  • Posted by: k_style
  • May 19, 2011 00:30
  • Categories:architecture
茅野市民館 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:茅野市民館]

日本芸術院は、平成22年度日本芸術院賞の受賞者9名を決定し、建築分野では建築家 古谷誠章氏(NASCA代表取締役)を選定したのでメモしておきます。(プレスリリース)

授賞対象は、長野県茅野市の複合文化施設「茅野市民館」で、建築に求められる芸術性と有用性を兼ね備えた建築物と評価されました。2011年6月13日に東京・上野の日本芸術院会館で授与式が挙行されます。

「茅野市民館」(2005年竣工・2006年改修)は、図書館、多目的ホール、美術館、コンサートホールなどさまざまな機能の施設を巧みに融合させ、中庭を中心に配置しています。また、JR中央本線茅野駅に隣接し、駅から直接アプローチできるデザインを特徴としています。2007年には日本建築学会賞(作品)、日本建築学会作品選奨、日本建築家協会賞、BCS賞を受賞しています。

古谷誠章氏は、1955年に生まれ、早稲田大学を経て1994年に建築家 八木佐千子氏と共同で建築事務所 NASCAを設立。主な作品は、「詩とメルヘン絵本館」(1998)、「香北町立やなせたかし記念館」(1998)、「早稲田大学會津八一記念博物館」(1998)、「ZIG HOUSE/ZAG HOUSE」(2000)、「近藤内科病院」(2002)、「茅野市民館」(2005)、「谷間の日時計の家」(2007)など。

日本芸術院では、会員以外の者で、卓越した芸術作品と認められるものを制作した者及び芸術の進歩に貢献する顕著な業績があると認められる者に対して毎年、恩賜賞と日本芸術院賞を授与しています。

[ 関連するサイト ]
» 日本芸術院
» NASCA

がらんどうがらんどう
古谷 誠章(著)

» Amazonで詳しく見る
Shuffled―古谷誠章の建築ノートShuffled―古谷誠章の建築ノート
古谷 誠章(著)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3454
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2011/05/22_2.php

Top > architecture > 平成22年度日本芸術院賞(建築)、古谷誠章氏が受賞

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top