Top > architecture > 日本建築学会、2011年各賞受賞者発表

日本建築学会、2011年各賞受賞者発表

  • Posted by: k_style
  • April 18, 2011 23:30
  • Categories:architecture
犬島アートプロジェクト「精錬所」 (C)Naoshima Fukutake Art Museum Foundation


日本建築学会(AIJ)は、2011年日本建築学会賞の各部門賞(大賞、論文、作品、技術、業績、教育業績、教育貢献、奨励賞、作品選奨、文化賞)を発表したのでメモしておきます。(image©Naoshima Fukutake Art Museum Foundation)

作品部門(技術・芸術の進歩に寄与する優れた作品)は、「東京大学数物連携宇宙研究機構棟」(大野秀敏)、「犬島アートプロジェクト 精錬所」(三分一博志)、「IRONHOUSE」(椎名英三・梅沢良三)が選ばれました。

「東京大学数物連携宇宙研究機構棟」は、研究施設としてのフォーム力、デザイン力、そして家具を含む細部の力をあわせもち、また、建築家がこの「設計」(projections)に込めた「空間力」という建築作品における「第一のもの(初源力)」が、さまざまな制約条件のなかで現前化されており、その企ては高く評価できるとしています。

「犬島アートプロジェクト 精錬所」は、居住者にプロジェクトへの参加を促し活力を与え、訪問者にアートの楽しさと建築的科学的刺激を与え、設計者の一連の環境建築が結実した本作品は、今後の発展も大いに期待され、21世紀の建築の一つの方向性を示唆するものであるとしています。

「IRONHOUSE」は、今日的な持続可能性の問題にも真摯に応え、高性能部品のアッセンブルという工業化手法はプレファブ化住宅と同じなのに、結果はまったく異なる次元にあり、その凄みは実物から直に伝わるもので、建築家と構造家との真剣勝負によって生まれた精華が、この住宅にはあるとしています。

[ 関連するサイト ]
» 2011年各賞受賞者 (日本建築学会)

[雑誌] 新建築 2010年 05月号[雑誌] 新建築 2010年 05月号

» Amazonで詳しく見る
Yanagi Yukinori Inujima Note / 柳 幸典 犬島ノートYanagi Yukinori Inujima Note / 柳 幸典 犬島ノート
柳 幸典 (著), 富井 玲子 (著, 翻訳), 出原 均 (著), 福武 總一郎 (著), MIYAKE FINE ART / ミヤケファインアート (編集), スタンリー N アンダソン (翻訳)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
[雑誌] ja (ジェイエー) 2009年 01月号[雑誌] ja (ジェイエー) 2009年 01月号

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3441
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2011/04/2011_1.php

Top > architecture > 日本建築学会、2011年各賞受賞者発表

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top