Top > architecture > 安藤忠雄氏設計「CLAVE GALERIE 光の美術館」竣工

安藤忠雄氏設計「CLAVE GALERIE 光の美術館」竣工

  • Posted by: k_style
  • December 10, 2010 00:30
  • Categories:architecture
CLAVE GALERIE 光の美術館 photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:CLAVE GALERIE 光の美術館 (建設中)]

山梨県北杜市の清春芸術村では、建築家 安藤忠雄氏による設計の『CLAVE GALERIE 光の美術館』が2010年10月に竣工したのでメモしておきます。

同美術館は、芸術村敷地内中央西側の広場に新設し、敷地面積約130m²、鉄筋コンクリート造の2階建て、内部は吹き抜けの構造で、天井など一部が採光用のガラスで覆われ、自然光を館内に取り入れて作品をみせる設計となっています。時間の経過とともに日光の差し込み方が変化するため、作品の視覚的な色合いも微妙に変わるのが特徴です。

スペイン現代美術を代表する作家 アントニ・クラーベ氏(1913~2005)の作品を中心に展示する計画です。クラーベ氏は、絵画、彫刻、舞台芸術、版画など多彩な分野で活躍し、都内で個展を開催したほか、芸術村にも訪れたことがあり、芸術村では人物画スケッチや布や紙などを用いたコラージュ作品などを所蔵しています。

なお、オープンは今秋を予定していましたが、2011年4月にグランドオープンすることになりました。

CLAVE GALERIE 光の美術館 建築概要
所在地:山梨県北杜市長坂町中丸2072 (Map)
設計者:安藤忠雄建築研究所
敷地面積:約130m²/規模:地上2階/構造:鉄筋コンクリート造
竣工:2010年10月

[ 関連するサイト ]
» 清春芸術村
» 安藤忠雄建築研究所

Antoni Clave: Un mund de arte, Obras 1934-2002 / A World of Art, Works 1934-2002Antoni Clave: Un mund de arte, Obras 1934-2002 / A World of Art, Works 1934-2002
Antoni Clave (アーティスト), Josep Casamartine (著), Pierre Daix (著), Alvaro Martinez-Novillo (著), Jose Francisco Yvars (編集)

» Amazonで詳しく見る
自然光を活かした建築自然光を活かした建築
ヘンリー・プラマー (著), 小竹由加里 (翻訳)

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3385
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2010/12/clave_galerie.php

Top > architecture > 安藤忠雄氏設計「CLAVE GALERIE 光の美術館」竣工

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top