Top > architecture > 槇文彦氏、2011年度AIAゴールドメダル受賞

槇文彦氏、2011年度AIAゴールドメダル受賞

  • Posted by: k_style
  • December 21, 2010 23:30
  • Categories:architecture
ヒルサイドテラス photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:ヒルサイドテラス]

アメリカ建築家協会(AIA)は、20011年度ゴールドメダル受賞者に建築家 槇文彦氏を選出したのでメモしておきます。(プレスリリース)

槇氏は、1928年東京都生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。クランブルック・アカデミー・オブ・アーツおよびハーヴァード大学大学院修士課程修了。その後、ワシントン大学、ハーバード大学、東京大学で教鞭をとり、1965年には槇総合計画事務所を設立、現在に至ります。計画着手から完成まで25年間におよんだ代官山集合住居計画(ヒルサイドテラス)は、類まれなるまちづくりとして高く評価されています。

1962年に名古屋大学豊田講堂で日本建築学会賞作品賞を受賞して以来、プリツカー賞、UIAゴールドメダル、村野藤吾賞、高松宮殿下記念世界文化賞、日本建築学会賞大賞など受賞しています。

主な作品は、名古屋大学豊田講堂(1960)、藤沢市秋葉台文化体育館(1984)、代官山ヒルサイドテラス(1969~92)、スパイラル(1985)、京都国立近代美術館(1986)、幕張メッセ(1989)、東京体育館(1990)、慶応義塾湘南藤沢キャンパス(1990~94)、霧島国際音楽ホール(1994)、イエルバ・ブエナ・ガーデンズ芸術センター(サンフランシスコ/アメリカ 1993)、イザール・ピューロ・パーク(ミュンヘン/ドイツ 1993)、名取市文化会館(1997)、富士国際会議場(1999)、テレビ朝日(2003)、国立国語研究所(2005)など。現在、台北駅地区再開発、ワールドトレードセンター タワー4 - 150 グリニッチストリートを手がけています。

なお、授賞式は2011年5月にニューオリンズで開催するAIA全国大会で行われる予定です。

[ 関連するサイト ]
» The American Institute of Architects
» 槇総合計画事務所

[ 関連するエントリー ]
» レンゾ・ピアノ氏、2008年度AIAゴールドメダル受賞 (2007.12.20)
» エドワード・L・バーンズ氏、2007年度AIAゴールドメダル受賞 (2006.12.14)
» アントワン・プレドック氏、2006年度AIAゴールドメダル受賞 (2005.12.13)
» サンティアゴ・カラトラバ氏、AIAゴールドメダル受賞 (2004.12.07)

都市のあこがれ―東京大学槇文彦研究室のその後とこれから都市のあこがれ―東京大学槇文彦研究室のその後とこれから
「槇研の本」編集委員会 (編集)

おすすめ度:stars-5.0
» Amazonで詳しく見る
Fumihiko MakiFumihiko Maki
Maki Fumihiko (著), David Stewart (著), Mark Mulligan (著), Kenneth Frampton (著)

» Amazonで詳しく見る
槇文彦のディテール―空間の表徴‐階段槇文彦のディテール―空間の表徴‐階段
槇総合計画事務所 (著)

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3392
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2010/12/2011aia.php

Top > architecture > 槇文彦氏、2011年度AIAゴールドメダル受賞

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top