Top > architecture | art > フォスティノ氏による「Agnosian Fields」展、メゾンエルメスで開催

フォスティノ氏による「Agnosian Fields」展、メゾンエルメスで開催

メゾンエルメス photo(C)K STYLE WEBSITE
[location:メゾンエルメス]

東京・銀座のメゾンエルメス8階フォーラムでは、建築家 ディディエ・フィウザ・フォスティノ氏による『Agnosian Fields』展が2010年8月26日(木)から11月23日(火・祝)まで開催されているのでメモしておきます。

ディディエ・フィウザ・フォスティノ(Didier Fiuza Faustino)氏は、パリとリスボンを拠点に、建築事務所 Bureau des Mesarchitecturesを率いて、建築からアートにまたがる幅広い領域で制作活動を行っています。2000年のヴェネツィア建築ビエンナーレの出展作品「輸送中の身体」で、現代建築の意義と価値に対する痛烈な批判として国際舞台への衝撃的なデビューしました。日本では2008年の横浜トリエンナーレにノミネートされ、同時開催のH BOXの設計者として広く紹介されました。今年にはフランスでその年に最も活躍した建築家に与えられるドゥジャン(Prix Dejean)賞を受賞し、国内外で注目が高まっています。

本展では、壁面のガラスブロックによって内外の風景は不可視な場所へと変容してしまうフォーラムの空間、ここでフォスティノ氏は、音楽やドローイングといった別の表現をもそれぞれのfield(場)として媒介させながら、我々の認識のなかにある建築を消去することを試みています。フォスティノ氏自身による装置やインスタレーションを中心に、ラッセル・ハズウェルによる音楽、漫画家・奥浩哉氏のドローイングが加わっています。

本展のタイトル「Agnosian Fields」とは「認識不可能な場」。Agnosianの語源である心理学用語(または医学用語) agnosiaは失認・認知不能を意味し、ひとつ以上の感覚で対象を認知できないことを意味します。

ディディエ・フィウザ・フォスティノ「Agnosian Fields」展
期間:2010年8月26日(木)~11月23日(火・祝)
会場:メゾンエルメス8Fフォーラム (Map)
営業時間:11:00~20:00 ※日曜日は19:00まで
問い合わせ:Tel.03-3569-3300

[ 関連するサイト ]
» Hermes
» Bureau des Mesarchitectures

【PR】楽天市場でHERMES(エルメス)の商品を探してみませんか?

Didier Fiuza Faustino: Bureau Des Mesarchitectures, DD 21Didier Fiuza Faustino: Bureau Des Mesarchitectures, DD 21

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/3344
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2010/10/agnosian_fields.php

Top > architecture | art > フォスティノ氏による「Agnosian Fields」展、メゾンエルメスで開催

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top