Top > architecture > 東急電鉄、東急文化会館跡地周辺地区開発事業を発表

東急電鉄、東急文化会館跡地周辺地区開発事業を発表

  • Posted by: k_style
  • October 10, 2007 23:30
  • Categories:architecture


東急文化会館跡地周辺地区開発事業 (C)TOKYU CORPORATION


東京急行電鉄および「東急文化会館跡地」隣接街区の権利者で組織する「渋谷新文化街区プロジェクト推進協議会」では、東急文化会館跡地周辺地区の共同開発事業を東京都に提案したことを発表したのでメモしておきます。(プレスリリース[PDF]/image:©TOKYU CORPORATION)

計画建物は、地上33階、地下4階の高層複合施設とし、地下3階から地上7階には商業施設、高層部には事務所、中層部には、日本最大規模のミュージカル劇場やエキシビションホールなど情報発信性の高い文化施設を配置する予定です。

また、地下3階で2008年6月(予定)に開業する東京メトロ副都心線(2012年度に東急東横線との相互直通運転を開始予定) 渋谷駅と接続するほか、1階から4階までの各層で周辺道路等と接道するなど、街との連続性をもたせた歩行者ネットワークを形成します。

東急文化会館跡地周辺地区開発事業 建築概要
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目21番他 (Map)
敷地面積:約9,640m²/延床面積:約143,000m²
規模:地下4階、地上33階
竣工:2012年春予定

[ 関連するサイト ]
» 東急電鉄

記憶のなかの街 渋谷記憶のなかの街 渋谷
中林 啓治 (著)

» Amazonで詳しく見る

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/2645
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2007/10/post_462.php

Top > architecture > 東急電鉄、東急文化会館跡地周辺地区開発事業を発表

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top