Top > architecture > 2005年プリツカー建築賞、トム・メイン氏受賞

2005年プリツカー建築賞、トム・メイン氏受賞

  • Posted by: k_style
  • March 22, 2005 22:30
  • Categories:architecture

Olympic Village:(C)NYC2012,Inc.ハイアット財団は、"建築界のノーベル賞"と言われる2005年のプリツカー建築賞に、米建築家 トム・メイン氏(Thom Mayne:建築事務所morphosis主宰)が受賞したことを発表しました。(プレスリリース・PDF)

メイン氏(61歳)は、1943年米国コネチカット州生まれでハーバード大学大学院修了、在学時にマイケル・ロトンディ氏(現RoTo Architects主宰)と共に建築事務所 morphosisを創設しました。また、教育にも力を入れ、南カリフォルニア建築大学の創設、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の教授を務めています。

最近の代表作に、Caltrans District 7 Headquarters、Science Center School、Diamond Ranch High Schoolなどがあり、また、2012年オリンピック開催候補地であるニューヨークのオリンピック選手村(右上写真:©NYC2012,Inc.)のコンペで勝利しています。

なお、プリツカー建築賞の受賞式典は、5月31日にシカゴ・ミレニアム・パーク内のジェイ・プリツカー・パビリオン(設計:フランク・O・ゲーリー)で行われます。

[ 参考 ]
» Olympic Village Design Winner Announced (NYC2012:プレスリリース)

[ 関連するサイト ]
» morphosis
» The Pritzker Architecture Prize

MorphosisMorphosis
Thom Mayne (著), VAL K. WARKE (著)

» Amazonで詳しく見る

[ 追記 ]
3月22日、建築界の巨匠 丹下健三氏(91歳)がお亡くなりになりました。丹下氏は、奇しくも、その前日に発表されたプリツカー建築賞の受賞者(1987年)でもありました。

小さい頃から慣れ親しんできた国立代々木競技場は、私にとって心に残る風景のひとつです。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

» 丹下健三・都市・建築設計研究所

ニッセン

ベルメゾンネット

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/x/cgi-bin/mt-tb.cgi/1778
PermaLink URL for this entry
http://kstyle.s57.xrea.com/2005/03/2005.php
“パリの新しい顔”は高さ300メートルの超高層ビル 2012年に誕生 from i☆Letter個別 2006-11-29 (水) 22:17
エッフェル塔と並ぶ“パリの顔”を目指した超高層ビルが、2012年にお目見えするこ

Top > architecture > 2005年プリツカー建築賞、トム・メイン氏受賞

Amazon

MY DEAR BOMBTOM FORD
tadao andoRalph Lauren
Ando: Complete Works 1975-2011August Sander: Citizens of the Twentieth Century Portrait Photographs, 1832-1952

powered by amazon.co.jp

iTunes
PR

アメリカン・エキスプレス



Search
Feeds
Links
Powered by

携帯電話・モバイル端末でご覧になる場合は、こちらのURLを

powered by XREA

Return to page top